スマブラの勝率を効率良く上げる方法「対策ノート」の取り方を紹介!【後編】

どーもRaitoです!

前回の記事では『対策ノートのメリット+キャラ対策のまとめ方』を紹介しました。

正直キャラクターの対策だけ出来れば十分!って人もいるとは思うのですが、それだけでは常勝できないのが勝負の世界。

ある程度上位のプレイヤー相手だとキャラクターの弱点を把握した上で、キャラクターの弱点を見せない立ち回りを取ってくるのでキャラ対策だけでは勝ち切ることは難しいといったことも出てくるでしょう。

そんな時に必要になってくるのがプレイヤー対策です!

今回の記事では、既存の動画から相手プレイヤーのクセを分析して、戦術に組み込んでいく方法を紹介します。

相手の対応力に負けない情報量で完全勝利をもぎ取っていきましょう!

どうやってプレイヤー対策をすればいいの?

その答えはズバリ、対戦相手の動画を見る!です。

皆さんが普段見ている他プレイヤーの対戦動画、その中にはプレイヤーの特徴を色濃く残した情報がたんまりと詰まってます。

Aさんは上スマッシュを当てるのがうまい、Nさんはどんな状況でも撃墜を狙ってくる・・・など、ただぼんやり動画を見ていてもプレイヤー自身を特徴付ける立ち回りが多く見れるでしょう。

この対戦動画、通常の場合だと動画を見ることでそのプレイヤーをマネして自分の立ち回りに取り入れる…といった相手プレイヤーの撃墜方法やコンボを参考にする使い方が多いとは思いますが、今回実践するのはその派生形。

相手の得意または苦手とする立ち回りを見つけ、その行動に対する回答を模索するといった方法になります!

数が多すぎてどの動画を見ればいいか分からない

幸いなことに(?)ここ数年で対戦動画の数は動画配信サイト等で多く見られるようになりました。

特にスマブラは国内外共に対戦動画の数が充実しているので、逆に見たい動画が多すぎてどの動画を見たらいいのか分からない!といった状況も出てくる程です。

そんな膨大な動画の中から、個人的にオススメしたい動画の選び方を紹介します!
※今回は簡潔に説明するために、自分が研究したい相手をAさんと仮定して、Aさん対策のために動画を探していく設定で話を進めます。

実力が近い人同士の対戦を見る

例えば Aさんが国内トーナメントのベスト8を頻繁に取るような人だったら、その周辺の順位を取れる人との対戦を見るのがいいです。

実力が近い人同士の対戦では、そのプレイヤーの得意とする立ち回りは勿論のこと、苦手な状況をどう覆しているのか…という情報をガッツリ入手できます。

逆に実力が離れすぎていると本来のプレイヤーの実力をしっかりと判断できない場合もあるので、なるべく実力が近い人同士の対戦を参考にしたいところです。

自キャラと対戦している動画を見る

順位以外で特に見ておきたいのが、自分が使っているキャラクターとの対戦動画です。

Aさんが自キャラと対戦するときどんな対策を施しているのか、または自分の得意とする立ち回りのみで勝利しているのか…といった Aさんのキャラに対する理解度を知るために、自キャラとの対戦は絶対に見ておきましょう。

この試合に関しては実力が離れていようがそうでなかろうが関係ありません。

キャラに対する回答を用意しているプレイヤーであればある程度決まった動き方をするもの

試合結果がどんなものであろうと、相手の対策に対する回答を作っておくことが大事になってきます。

どこを見ればクセ判別できるのか分からない

前の項目では膨大な動画から自分が見たい動画を選ぶポイントを紹介しました。

ただいきなり動画を見ても「相手のクセを見つけ出すなんてちょっと難しい…」と思ってしまうかもしれません。

そんな方のために、対戦動画を見る時に抑えておきたいポイントをいくつか紹介します!

相手のキャラクター理解度を見る

先ほどの項目でも紹介しましたが、対戦相手が自分のキャラクターに対してどの程度の理解度があるかを判別するのは非常に大事です。

対策がほとんど取れていないようであればキャラの強みを活かした立ち回りを、逆に対策をしっかり実践している場合はその対策が通し辛い立ち回りを意識すれば活路が見えてきます。

たとえ話をすると、マリオは下投げ→上強攻撃で一部のキャラクターに大ダメージを与えることができます。

しかし相手側の対策として、掴ませない立ち回りを徹底されていると高ダメージを与える状況が中々作れません。

そういう時は、相手がどのような行動で掴みを拒否しているのかを動画で分析してみます。

ジャンプで拒否しているならそのタイミングで空中技を置いたり

回避で避けているならワンテンポ遅らせて掴みを置いたり…

といった感じで、対策に対して有効な立ち回りを混ぜることで逆に起点を作ることが可能になります。

更にこの立ち回りを相手に見せることで、本来の強い立ち回りを通しやすくする状況を作れる。まさに一度で二度おいしい状況を作ることもできちゃいます。

崖の上がり方を見る

崖の上がり方は、他のプレイヤーとの差が出にくい要素の一つ。

どれだけ強いプレイヤーでも、崖の上がり方にはプレイヤーの特徴が大いに出てしまうところです。

崖を掴んだ後の行動は基本的に

  • その場上がり
  • 攻撃上がり
  • ジャンプ上がり
  • 回避上がり
  • 崖離しジャンプ

の5択しかありません(キャラクターによっては崖離しジャンプ+αが強かったりもしますが)

更にこの5択のうちジャンプ上がり以外の4択は、見てから対処できたりもします。
この崖のターンを継続させないようにジャンプ上がりでとにかく逃げることを優先したり攻撃の起点にするためにその場上がりを混ぜてきたり…など
崖の上がり方はプレイヤーのクセが最も出やすい部分でもあります。

この崖上がりのクセを事前に調べることで、崖のターンを継続できるだけでなく、強い技をヒットさせれば早期撃墜に繋げることも可能になります。
動画内の崖上がりのシーンはできるだけ多く見て、どの行動が軸になっているのかをしっかりと見定めましょう。

回避のタイミングを見る

スマブラforWiiUにおける回避は非常に強い選択肢の一つですが、こちらも崖の上がり方同様にプレイヤーの特徴が強く出てしまう部分です。
何か大きな技を打った後に回避、ダッシュして相手の目の前にきたら回避、崖端でラインが無くなったら回避・・・などなど。

ここぞという場面での回避のタイミングはプレイヤー毎に必ず固定化してきます。

動画内でどのタイミングで回避を使うかを分析し、回避を誘う行動をあえて見せつけることで回避を狩る立ち回りを取り入れることで試合展開を有利に進めることができるでしょう。

さいごに

お疲れ様でした!

今回前後編を通してノートの取り方、及び動画分析方法という内容でコラムを執筆してきましたが、いかがだったでしょうか?

今回紹介した方法はあくまで僕個人のものに過ぎません。対策の取り方に正解は無く、上の方法では物足りないって感じる方もいるかもしれません。

自分にとって使いやすく、覚えやすい書き方で自由に対策を取っていただけたら何よりです。

また全体を通してノートの取り方を中心に紹介しましたが、ノートを取ったからといって即時勝率がアップする…ということはまずあり得ません

ノートの内容は所詮机上の空論でしかなく、その内容を実践で達成できるかは別の話です。内容を達成できる力を身に着けるために、フリー対戦をより多くこなす必要も出てくるでしょう。

ノートを取ることで自分の理論をしっかりと組み上げ、その後実践を積むことで相手に対応する力を付けるという流れを作るのが今回のコラムにおいて最も大事な要素でもあります。

この流れを作ることで相手の行動の一つ一つを理解できるようになり、今までよりも対戦をより面白く感じられるでしょう。

・・・と小難しい話になってきたところで今回は終わります。

スマブラをより面白くし、かつ勝率アップに繋がるテクニック。皆さんも是非トライしてみてください!

トップに戻る