【スマブラSP】平日大会「闘龍門 極」Season1ランキング発表!

お久しぶりです。takeraです。

大変長らくお待たせしました。「闘龍門 極」シーズン1(第1回〜第10回)集計結果のランキング発表です。

今回もかなりポイント差が拮抗していたので、一度の優勝で全く違った結果になったかもしれません。スマブラSP一番良いスタートダッシュを決めたのはだれだーー!?(ドコドコドコドコ)

10位 SNB|Abadango

シーズン1は苦戦していたようで10位。11以降は好成績で揃えているので次回の集計が楽しみなプレイヤーの1人です。

あばだんごなら絶対あがってきてどうせ1位になるんでしょ?そう思ってます。

Twitter:@Abadango

9位 激|よっシィ

新作になり特に猛威を振るっている新激メンバー。強気なプレイスタイルがあまりにも配信映えするし、めちゃめちゃ試合早いし運営側からすると本当に最高です。

Twitter:@YOC_geki

8位 DNG|にえとの

今回は闘龍門第10回までの集計だったのでこの位置に収まっていますが、先日のウメブラSP3で圧倒的な強さを発揮し優勝した姿を見ていると出れば優勝しそうそんな雰囲気あります。

このゲームの理解が進んだにえとのを誰が止めるか。そんな展開を期待してます。

Twitter:@Ueji1123

7位 kept

強化された飛び道具としずえという新しいキャラクターをいち早く形にし、早い段階から上位を獲得。配信者としての人気も確立してきたので配信台はとりあえずkept出しときゃ盛り上がるだろという安定感が存在します。

直近のアプデによる飛び道具の弱体化。皆が今作の飛び道具耐性があがってきたときにどうなるか。見所だと思います。

Twitter:@FaintKept

6位 Tsu

優勝こそ今期はありませんでしたが、安定して上位を獲得し6位。ルカリオだけでなく、ケンやつーちゃんといったあまり見ないキャラを出しつつしっかり勝ってきました。

大会後の担々麺がより美味しくなるために来期も頑張ってください。

Twitter:@tkmtbs

5位 ちょこ

出場回数 3回、優勝回数は最多の2回。出ればほぼ優勝する。長いこと最上位として君臨し続けただけはあります強すぎる。

開始時間の関係であまりり参加できないのが残念ですが、また都合がついたら参加よろしくお願いしますm(_ _)m

Twitter:@chococo6842

4位 SST|Shuton

関東に来たときタイミングが良かったら参加。強者をなぎ倒して帰っていく。先日PrimeSagaでも見事優勝を飾ったShutonは当然のように強すぎました。

また関東に来た時は是非参加してください待ってます。だれがShutonを止めるのか。

Twitter:@syu_tolimar

3位 激|T

センスと努力の融合体。あまりにも正確な技の当て感と反確に対しての意識半分、判断力の高さあたりが他と比べても抜けてるように私は感じます。

大会に出れば上位には安定している抜群の安定感は流石なものがあります。

Twitter:@T_geki

2位 ぱせりまん

元々攻めに回った時の展開作りのうまさ。強気な択の通しどころが冴えていたプレイヤーだったので、今作のフォックスとの相性が相当いいように見えます。

あと一度優勝できていれば一位だったというほどの僅差だったので次回は是非頑張ってほしいです。

Twiiter:@Paseriman98

1位 KEN

スマブラforWiiUで長いこと王者として君臨し続けた男は新作でも強かった。ソニックの弱くなった部分。強くなった部分にしっかり素早く対応し、形にしてきたのは流石と言えます。

やはりKENは常に追われる立場であるのがよく似合う。

Twitter:@KENisbg

最後に

いかがでしたでしょうか、近頃ではある程度強いプレイヤーが明確になり、追う者追われる者、共にアツい展開になってきました。

発売直後のバブルは少しだけ落ち着きつつあるとは思いますが、これからはプレイヤー同士への対策、キャラの対策、攻守における深みがより色濃くなってくると思います。

そんな激アツなシーンをもっともーーーーっと盛り上げられるように闘龍門含め諸々頑張っていくので期待しとってください。今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m

写真提供:https://darimoko.smugmug.com/@darimoko

takera

takera

関東で最強レベルを誇る平日オフ対戦会「闘龍門 極」の主催者であり、プレイヤーとしてはスマブラforWiiU世界最強のリュウ使いとして知られるトッププレイヤー。スマブラSPではケンをメインキャラに据える。

RELATED関連記事

トップに戻る