FIGHTER

【スマブラSP】配信目前!DLC「ミェンミェン」の仕様おさらいと考察

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

こんにちは、Tsuです!

ついにミェンミェン配信が目前に迫りましたね!

「ミェンミェンのつかいかた」の紹介映像をご覧になった方は分かりますが、このファイターあまりにも癖が強いですよね。

説明を聞いても頭がこんがらがってきちんと理解できていない方もいるでしょう。

今回はミェンミェンの仕様のおさらいと立ち回り考察をしていきたいと思います。

よろしくお願いします!

特殊すぎる仕様


通常のファイターはAボタンは強攻撃、Bボタンは必殺技という概念がありますが、ミェンミェンの場合はAボタンで左ウデ、Bボタンで右ウデを使って攻撃します。

この時点で他のファイターとかなり仕様が異なることが分かります。

ミェンミェンを使う人はもちろん、ミェンミェンを相手にする人もその仕様を理解していないと一方的に分からん殺しをされてしまいます。

今一度おさらいしてしっかりと理解していきましょう。

3種類のアーム


ミェンミェンの左ウデはドラゴンで固定ですが、右ウデは下必殺技を使うことでアームチェンジすることができます。

アームは全部で3種類存在します。それぞれ特性が異なるので注意しましょう。

ホットリング

リング状のアームで、切り離して広範囲に攻撃することができます。

  1. 素早く機敏に動く
  2. 空中に範囲が広い
  3. 撃墜力は低い

威力は低いですが発生と攻撃範囲が優秀なので、右ウデは基本的にホットリング装備が安定すると予想されます。

復帰阻止や対空技として大いに活躍しそうですね。

メガボルト

鉄球状のアームで、範囲は狭いですが威力が大きいのが特徴です。

  1. 威力や撃墜力が高い
  2. 動きが遅い
  3. 方向シフトが効きづらい

一点読みを通せば早期撃墜が狙えそうですね。

崖際に追い詰めた時など、相手の択を制限した時に使えるかもしれません。

ドラゴン

ホットリングとメガボルトの中間にあたります。スタンダードな性能と紹介されていましたね。

ドラゴンは左ウデに固定で装備されているものと同じです。スマッシュ攻撃時にボタン押し続けるとレーザーを出すことができます。

相手が高%の時は両ウデをドラゴンにして手数と撃墜力で押したほうがいいかもしれませんね。

接近戦が苦手…らしい?


紹介映像では、ミェンミェンは接近戦は苦手という解説がありました。

しかし近距離技を見る限りでは優秀な技が揃っているように見えます。

近距離は意外と戦える?

ミェンミェンの近距離技は、ぱっと見た感じでは発生が優秀なものが揃っているように思えます。

弱攻撃は百裂攻撃と三段攻撃の両方を持っています(Aボタン短押し)。

上スマッシュは見た感じだと発生が早そうなので、範囲次第ではガーキャン技として優秀です。ついでに反射性能も兼ね備えています。

下強攻撃はクラウドのようなスライディング攻撃です。このタイプの下強は非常に優秀で、近距離からの脱出や差し込み差し返しなどで機能します。

ダッシュ攻撃も全体Fが短く伸びも良さげなので、使い勝手が良さそうです。

ただ近距離技は火力や撃墜力に欠ける印象があるので、主に相手を追い払ったり接近戦から脱出する時に使うものだと思われます。

掴みが特殊!

掴みはワイヤーなので発生が遅く、近距離では使いづらいです。

しかし投げを決めると左ウデが強化されるという特殊な仕様があります。

強化状態になると左ウデで攻撃した際の威力が上がり、レーザー攻撃も強くなります。

どうしたら元に戻るのか不明ですが、映像内では攻撃を当てても戻らなかったのでおそらく時間経過だと思われます。

この仕様を上手く使うことでスムーズに撃墜が狙えそうですね。

防御面が懸念点


ミェンミェンは必殺技ボタンも通常技のような扱いなので、基本的に技が少ないです。

空中に浮かされた時の暴れ技や復帰技が若干不足している印象があります。

着地

ミェンミェンは下方向への技が少なく、空中に浮かされた場合は空Nか空下で急降下するしかなさそうです。

空下は着地隙が長めなので外すと狩られやすいと思われます。

落下速度や空中横移動速度次第ですが、着地狩りが強いファイターには苦戦を強いられそうです。

復帰

ミェンミェンの上必殺技は地上ではアームジャンプですが、空中ではアームフックというワイヤー技になります。

「攻撃にはあまり使えない」という説明があったので、もしかしたら攻撃判定が無いかもしれません。

フシギソウやジョーカーやベレスのように、ワイヤーに攻撃判定があれば復帰阻止に来る相手にプレッシャーを与えることができます。

しかし攻撃判定が無いとしたら、よほどワイヤーが長くない限り簡単に復帰阻止されてしまう可能性が高いです。

この辺は実際に触ってみないと分かりませんが、気になるポイントではあります。

さいごに


配信直前ということで、ミェンミェンの仕様のおさらいやちょっとした考察をしてみました。

独自の仕様が多く操作性が他のファイターとかなり異なるので、使い慣れるまでは時間がかかりそうです。

しかしDLCファイターはどれも作り込みが良いので、ぜひとも使いこなしてみたいものです。

何はともあれ配信が待ち遠しいですね。非常に楽しみです!

ありがとうございました!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人