MEASURES

【スマブラSP】密着キャラの濃厚接触を完全に拒否する方法を伝授します

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

どーも!Raitoです。

最近オンラインでブイブイ言わせてますね。近距離でガンガン技を振ってくる奴らです。

基本的に技を振るのが強いこのゲームですが、これらのキャラにガードされてしまうと密着状況を簡単に作られてしまう。しかし技を振らないと崖端まで追い詰められてしまうので最悪です。

特に終点や戦場しか選択権のないVIPマッチだと、これらのキャラにラインを詰められたらかなり致命的です。

終点だと台の上に逃げる選択肢もないため余計に苦しく感じるでしょう。

そこで今回は、密着状況を作ってくるファイター達共通の対策をまとめてみました!

あくまで対策の一部にしかなりませんが、これらの動きを意識するだけでもかなり戦いやすくなるハズです。

早速見ていきましょう。

まずは地上を制圧する

密着キャラは地上が強いのに地上を制圧する?

早速わけわからん状態だとは思いますが、要は密着を作られる前にリーチの長い技を置いて密着を拒否することが大事になってきます。

リーチ差で制圧する

具体例をあげましょう。自分がウルフを使っている時に、横強攻撃を先端で押し付けます。

この時相手はダッシュガードを貼ってきていますが、ガード解除→ダッシュ→下弱を入力してもウルフ側が先に動けるので密着展開を作られることはありません。

このように、リーチの長い攻撃を相手のダッシュに置いておくことで、ダッシュから密着を作られ即攻撃に移られることは無くなるのです。

飛び道具で制圧する

同じ理論で、横方向に進行する飛び道具を当てるのも良いです。

弾があると相手はガードせざるを得ないので弾キャラはかなり楽に対処ができるでしょう。

近距離ファイターに対して密着で技を振りあってもまず勝てないので、まずはリーチの長い技や飛び道具を置いてけん制するところから始めてみましょう。

飛び込みを狩れ!

さて、置き行動や弾を増やすと、当然相手はジャンプから攻撃を通してくるようになります。

リュウケンやテリーといった密着最強キャラは飛び込みの空Nの持続がかなり長く設定されていて、飛び込みからしっかりリターンが取れるようになっています。良く出来ていますよね本当…!

しかし相手が飛び込む状況を作ってしまえば、そこに対空技を置くだけで相手の飛び込みを狩ることができます。

ウルフの場合は上スマッシュ、横強上シフト、上強等が挙げられるでしょう。

ただしどの技もタイミングが異なるため、使いどころはしっかりと分けられるようにしましょう。

特に上スマッシュは後隙がそこそこ長いタイプが多いため、飛び込みだけ狙うと相手の二段ジャンプでかわされてしまいます。

上スマッシュなどで撃墜を狙いに行く際は後隙を晒さないで済むように、相手の二段ジャンプが消えたタイミングで使用するのがオススメです。

飛び込みを空中攻撃で狩ろうとするな

上の例では地上で空中攻撃を狩る方法について紹介しましたが、空対空(相手の空中攻撃を空中攻撃で対処すること)するのは基本的にはオススメできません

リュウケン等の持続の長い攻撃は飛び込みを抑制する効果があるので、技を出す前に判定が負けてしまいます。

空中で狩ろうとすると相手の持続に当たってしまうため不利展開に持ち込まれやすいです。

そうならないためにも、相手が飛び込んだらしっかりと地対空をすること

空対空をする場合は相手の飛びのタイミングを予測して、昇りのタイミングに技を置くようにすれば安心です。

いずれにせよ大事なのは相手の起点となる技だけは喰らわないように意識すること。この意識はしっかりと付けていきましょう。

横回避を絶対に通すな

地上は技を置かれ、空中は対空される。このような状況になったら奴らは横回避を駆使して裏側から攻めてくるようになります

こうなったら一大事です。技を置いてしまったら後隙に技を置かれることもあり、仮にガードが間に合っても自分は背面を向いているためかなり危険な状況です。

この状況を避けるため、相手がある程度まで近づいてきたら一旦引きジャンプや引きステップを駆使して相手の回避にリスクを付けられるようにしましょう

この時に回避に攻撃を合わせられなかったとしても、飛んでいたりステップで距離を確保できていれば最悪の状況は免れます。

また仮に相手が回避をしなくても状況はそこまで悪くはなりません。

横回避をしっかりと狩れれば相手も迂闊に回避行動を使えなくなるので、リターンが低いのだとしても横回避を通さないことが重要です。

対戦する際は常に警戒レベルを上げておきましょう。

やばいと思ったら即ガードを貼る

どれだけ密着を拒否する技を置いても、相手は空中と地上から攻めてくるためどこかで対処をミスして密着を許してしまう時がくるでしょう。

そうなったら迷わずにガードを貼るのが良いです。ガードさえ貼っておけば密着から大ダメージを稼がれるようなことは無くなるので、最悪の展開は免れることができます。

一応掴みは通ってしまいますが、密着キャラはその特性上投げからのリターンが少なめに設定されているので、掴まれたとしても反撃は安めで済みます。

ガードを貼った後は、相手が攻撃をやめるタイミングでシールドキャンセルジャンプや横回避を駆使してその場から逃げましょう

反撃を取ろうとすると相手の押し付けに巻き込まれて最悪の展開になるため、反撃を取ろうとしてはいけません。

またガード→即回避というような動きをすると相手も狩りやすくなってしまうので、暫くガードを貼って様子見をするのもアリでしょう。

シールドブレイクさえ起きない状況ならガードを貼り続けるのはド安定です。

おわりに

奴らの密着状況の強さは尋常ではありません。密着状況で戦おうとせず、自身が有利な状況で戦う意思が重要となってきます。

好き勝手させないためにも、取るべき行動はしっかりと抑えておきましょう。

それでは!また次回の記事でお会いしましょうー!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人