上達方法

【スマブラSP】上り空中攻撃、下り空中攻撃とは何か、どのように使い分けるか

普段スマブラの話をする上で、空中攻撃の上りと下りという表現を頻繁に用います。

字面で何となく想像できる人もいるかと思いますが、あまりこの上り空中攻撃と下り空中攻撃とは何を指しているか、それぞれどういった強み弱みを持つかを説明したことはありませんでした。

今回の記事では、これらについて解説していこうと思います。よろしくお願いします。

上り/下り空中攻撃とは

上の振り方が上り空中攻撃です。小ジャンプまたは大ジャンプをしつつ、上昇しながら空中攻撃を出しています。

上の振り方が下り空中攻撃です。ジャンプの後、下降しながら空中攻撃を出しています。

前者を上り空中攻撃、後者を下り空中攻撃と言います。一口に空中攻撃を振ると言ってもこれら2つのどちらを指すかによって話が変わってくることも多いです。

まずは上りとは、下りとはというのを理解してもらえればと思います。

上り空中攻撃の強み・弱み

上り空中攻撃の強み

強みや役割は以下の3点が主になると思います。

  1. すぐに出せる
  2. 相手のジャンプを潰せる
  3. 着地隙を出さずに素早く動かすことができる

①のすぐに出せるというのは、文字通りになります。上り空中攻撃はジャンプしながらすぐに出すので、技をすぐに出したいと思った時は自然とこの打ち方になると思います。

②について、相手が立ち回りでジャンプを使うことが多いキャラの場合は上り空中攻撃が刺さりやすいです

これは強みというより、上り空中攻撃の有効な使い方に近いかもしれません。

③について、スネークの空下とかが分かりやすいんですが、普通に着地すると空中攻撃の着地隙が出てしまう技でも上りで(技によっては最速で)空中攻撃を出すと着地隙が出ないような振り方ができます。

とはいえ今作の空中攻撃は普通に着地しても着地隙自体が少ないので、あまりこの恩恵はゲーム性として大きくないかなと思います。

上り空中攻撃の弱み

反対に、上り空中攻撃の弱みとして挙げられるのが「ガードされたり避けられたりすると不利になりやすい」というものです。

これはなぜそうなるかと言うと、上りで空中攻撃を振ってガードされたりヒットしなかった場合、攻撃判定が終わって着地するまでは無防備になってしまうからです。

ガードされたり避けられたりというのができるのは地上の相手です。よって地上べったりの相手に上り空中攻撃を振るとリスクが付く場合が増えます。

総括すると、上り空中攻撃は主に空中にいる相手やジャンプしそうな相手に振るという役割で使われることが多いです。

下り空中攻撃の強み・弱み

下り空中攻撃の強み

下り空中攻撃の強みは主に以下の点になるかと思います。

  1. ガードさせて実質的に有利な展開を作れる
  2. 空中攻撃を振る振らないで読み合いに持ち込める
  3. 相手の動きを見てからリスクなく振れる

①について、以前攻撃をガードした際のガードした側につく有利フレームについて解説しましたが、今作は空中攻撃の着地隙が非常に少なく、技をガードさせた側が実質的に有利になる場合が多いです。

②について、フォックスとかでよく見ると思いますがジャンプして下降しながら空Nや空下を振ると見せかけて何もせず着地し、ガードで固まってる相手を掴むという展開も作れます。

③について、②と被るところが多いですが、上り空中攻撃が上昇しつつすぐに出せるという利点があったのに対し、その裏返しとも言えますが下り空中攻撃は下降しつつ相手の動きを見ることができます

そして、あまり空中攻撃が当たらなさそうな間合いだなと思ったら振るのをやめても良いですし、相手の動きを見て適切な行動を取ることができます。

下り空中攻撃の弱み

反対に、弱みとしては「単調に技を振るとジャスガで対処が簡単にできる」ということがあると思います。

下りということは着地間際に空中攻撃を振ることになりますが、大体タイミングは限定されます。

そのため、ここで振ってきそうだというタイミングでガードを離すことでジャスガになり、ジャスガから反撃を取ることができます。

振る側としては、下り空中攻撃を振ると見せかけて何もせず着地して地上技で暴れる、掴む等の工夫が必要です。

総括すると、当たり前の話にはなりますが下り空中攻撃は地上の相手に振るものです。また、地上にいる相手の動きや対処を見てこちらもどういう振り方をするのか、振らないのかを決めなければいけません

まとめ

まとめると、地上の相手には下り空中攻撃が強く、空中の相手/ジャンプしそうな相手には上り空中攻撃の方が強い傾向にあります。

月並みにはなりますが、勿論これら2つの空中攻撃の振り方はどちらか一方のみで良いということはなく、自キャラの技性能や相手キャラの動き方によって使い分ける必要があります。

攻撃判定の持続が長い技は外したとしてもカバーが利きやすいので上りで振りやすいとか、着地隙が少ない技は下りで振りやすいとか…。

相手キャラは空中へのけん制技が少なく、かつ地上にいることが多いのでその場合は下り空中攻撃多めとか、飛びながら動くことが多いから上り空中攻撃を増やそうとか…。

色々空中攻撃1つとっても戦略が考えられると思います。その点も楽しめるようになると良いと思います!

Shogun

Shogun

しょーぐん。GameWith所属プロプレイヤー。スマブラXよりシリーズを跨いで常に上位プレイヤーとして活躍し、EVO2019では17位の成績を収める。JPR日本ランク24位。

RELATED関連記事

トップに戻る