【スマブラSP】知って得するクラウドのテクニック・豆知識集

こんにちは、まさしです。

今回はクラウドの知ってると得をするテクニック・豆知識を紹介します。

クラウドを使っていたり普段から対戦していないと気付きにくい内容ですので、クラウド使いは実戦に取り入れたり、クラウド使いと対戦する人は知識として覚えておくと役に立つかと思います。

上Bは反転で使用するとリーチが短い

クラウドの上Bは前方へのリーチが長く、発生直後にクラウド自身が前方へ踏み込むモーションをしており、その影響により前方へのリーチが長いです。

しかし反転で上Bを使用した際、最初に向いてる方向へ踏み込んでから反転するので、通常上Bと比べるとリーチが短くなってしまいます。

※上記画像の距離だと通常上Bではルキナに攻撃判定が届きますが、後ろ向いて反転上Bすると届きません。

先端間合いで外側ベクトル変更をされると、まず最終段まで当たりません。

クラウド使いは反転上Bを使用する時は先端間合いでは使用を控えること、なるべく反転せずに上Bを使うことを意識しましょう。

シールド漏れリミット凶斬り


リミット凶斬りは全段シールドガードさせると大きくシールドを削ることができます。シールド削り+多段技という性能を活かして、シールドガードできない打ち方をすることが可能です。

やり方は小ジャンプの高さで凶斬りを打つだけです。

相手キャラクターによって理想の高さは変わってきますが、目安としては凶の字の一番下の判定を相手の頭に合わせるイメージで打ってみましょう。

そうすることによって、凶斬りの前半の攻撃でシールドを削り、シールドから漏れた頭に最終段が当たるようになります。

シールドする側の対策としてはシールドシフトをすることによってシールド漏れが起こらないようにできます。

しかし咄嗟に判断するのは難しく、シールドシフトできたとしても、掴みなどの他の選択肢を意識するのが難しくなるので、クラウド側の選択肢としては強い崩しとなります。

シールドブレイク連携(空前凶斬り)


上記にもあるリミット凶斬りのシールド削りを利用したネタです。

シールドが少し削れた状態から空前→リミット凶斬りをガードさせることで相手のシールドを割ることができます。

ステージ端へ追い込んだ状況で狙うのが特に有効で、後方回避やジャンプで逃げることができないので、シールドが割れるor途中でシールド解除して凶斬りがヒットすることが多いです。

シールドする側の対策としては

  • 空前と凶斬りの間に内側へ横回避を行う
  • 凶斬りの途中でその場回避or横回避を行う

上記2パターンの対処でシールドブレイクから逃れる事ができます。

受け身不能凶斬り崖メテオ


スマブラSPではある一定の吹っ飛び速度を超えるとステージで受け身を取ることができなくなります。

その受け身が取れない仕様を利用して、真下からの復帰軌道上にリミット凶斬りを合わせる復帰阻止が非常に有効です。

リミット凶斬りは判定が大きく、持続も長いので多少復帰タイミングを変えられたとしても避けることが非常に困難です。

相手キャラ、自キャラの%によっても変わってきますが、約120%を越えたあたりから受け身が取れなくなるので、リミットが溜まっている時は積極的に復帰阻止へ行くのも手段の一つですね。

反転空N


クラウドは発生フレームが優秀な技が少ないキャラクターです。

立ち回りで相手を攻撃する際、クラウド側の攻撃を発生前に潰されてしまうことが多々あります。

特にリンクやウルフの空N等、持続の長い技を置かれると思い通りに攻撃を出せないことも度々です。

そこで有効な選択肢が反転空Nです。クラウドの空Nはクラウドの後方から攻撃判定が出て、発生フレーム的は5Fと優秀。

また、発生直後の判定も少し広めなのでダッシュしてからジャンプする際に反転しつつ空Nを出すことで、発生フレームと判定が優秀な部分を相手に押し付けることができます。

判定もそれなりに大きいので、剣キャラ以外の差し込みも潰しやすいです。空前や空後だけでは選択肢に乏しいので、空Nを混ぜることでより差し込みをしやすくなると思います。

崖掴み狩りDA


クラウドのDAは全キャラの崖捕まり状態にヒットします。

崖上がりの選択肢として、あえて崖捕まりの無敵が切れた後も捕まった状態で様子見することもあるので、そういった崖捕まりっぱなしの選択肢を狩るためにDAが機能します。

崖捕まりの無敵が切れた瞬間から読み合いが発生するので、DAを一度見せておけば、DAを警戒して他の崖上がりの選択肢を狩ることも可能です。

撃墜を狙うことも可能なので、崖狩りには必須の選択肢と言えます。

崖狩り空下メテオ


クラウドの空下は下方向に大きな判定を持っています。

空下着地をする際はステージ下まで攻撃判定を出す事ができるので、ステージ上から相手の復帰→崖掴みの瞬間に合わせて空下メテオを当てることが狙いやすいです。

タイミングとしては非常にシビアですが、40〜50%ほどあれば撃墜が可能なので、狙う価値は十分にあると思っています。

特にダメージ状況が不利な時や一発逆転を狙わないと勝てない程リードされている時は狙うことをオススメします。

まとめ

以上がクラウドの知ってて得するテクニック・豆知識集です。

キャラクターの知識はそのキャラクターを使う側も使われる側も知っていると対戦に役立つものがたくさんあります。

また新しい知識やテクニック等あれば紹介したいと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました!

Masashi

Masashi

スマブラDX時代からプレイヤーとして活動し、現在はストリーマーとしても活躍の場を広げる関西スマブラコミュニティを代表する古参プレイヤー。JPR日本ランク27位。現在の主な使用キャラはクラウド・ルキナ。

RELATED関連記事

トップに戻る