【スマブラSP】復帰阻止の成功率を高めるための基礎知識

皆さんこんにちは、ウメブラスタッフのエルです。

今回はスマブラ特有のやりとりと言っても過言ではない、復帰阻止・崖外への追撃について解説したいと思います。

スマブラというゲームは体力制ではなく、対戦相手をいかに場外に出して撃墜するかというゲーム性となっています。

そのため、相手の復帰を咎めたり、崖外での駆け引きを理解しているかどうかは勝率に大きく影響します。

初心者帯から抜け出す条件の1つでもあると思うので、この機会に理解を深めていきましょう!

まずは使用キャラの復帰阻止性能を把握しよう

復帰阻止のやり方を考える前に、まずは自分の使ってるファイターがどれくらい復帰阻止に適正があるかを考えてみましょう。

当然、復帰阻止に向いているキャラとそうでないキャラは存在します。

復帰阻止に適正があるかは物凄く簡単に言うと、以下の2つの要素があります。

  1. 復帰阻止にいける距離
  2. 復帰阻止に適した技の有無

復帰阻止にいける距離は、崖から降りて空中で技を振り、その後二段ジャンプと復帰技(上必殺技等)でどれくらいの距離を復帰できるかです。

トレーニングモード等を利用して、どれくらいの距離まで出ていって攻撃を振って、その後ステージに戻ってこれるのかを試し、イメージを掴んでおくのが良いでしょう。

次に復帰阻止に適した技を持っているかどうかは、

  • 持続の長さ
  • 発生の速さ
  • ふっ飛ばしの強さ
  • 攻撃範囲の広さ

などの総合値で決まります。

どの性能が優れているかによって復帰阻止の方法が変わってきますので、上に書いたような要素が強い技は実践で試してみましょう。

復帰阻止の駆け引きを理解しよう

復帰阻止と言ってもファイターの組み合わせによってかなりの駆け引きが存在します。

そのため今回は、崖際での復帰阻止崖外(場外)での復帰阻止に分けて、それぞれ代表的な例を紹介していきます。

どちらの場合も基本的に相手は崖を掴みにきている、または崖と近い高さから横に復帰してきている状況を想定しています。

崖際での復帰阻止

崖の上で待って相手の復帰を阻止するパターン。

基本的には持続の長い技や、判定が横や下に長い技を崖に置いておき、崖に向かってくる相手に当てるという方法です。

上の画像はゼロスーツサムスの下スマッシュという持続が5F(F=フレーム)ある攻撃を崖に向かってくる相手に対して狙っているシーンになります。

崖際での復帰阻止の長所としては、自分は場外に行かないため低リスクで復帰阻止が狙えることです。

低リスクだから効果が低いというわけではなく、しっかりとした技選択を行えば相手を撃墜まで持っていくことも十分可能です。

短所としては場外に比べて一度のやり取りで相手を撃墜出来なかったり、相手の復帰技によっては機能しないことがあることです。

崖際の復帰阻止の代表的な例としては以下のようなものがあるので、ここで合わせて紹介しておきます。

  • 崖の真上からメテオスマッシュを叩きつける(ファルコンの空中下攻撃等)
  • 攻撃判定のある復帰技に対してカウンター(ピーチの必殺技等)
  • 崖に飛び道具の判定を重ねる(クラウドのリミット必殺技等)

場外での復帰阻止

次に、場外まで積極的に出ていって復帰阻止をするパターンです。

崖際での復帰阻止に比べると少々やりとりが複雑になりますが、まず基本としては以下の3パターンを覚えておきましょう。

  1. 相手の復帰ルートに持続の長い技を置く(メタナイトの空中ニュートラル攻撃等)
  2. 相手のジャンプ等で来る場所に技を先置き(ロックマンの空中後ろ攻撃等)
  3. 相手に直接攻撃を当てに行く(インクリングの空中後ろ攻撃等)

上の画像はピットの持続の長い空中攻撃を復帰ルートに置いておくことで、相手の復帰ルートを阻害して復帰阻止をしているシーンです。

次になぜやりとりが複雑になると書いたのかを具体的に解説していきます。

大きな理由としては、地上で待っているときと違い、自分のファイターも場外という空中であるため居られる時間に限りがあるためです。

そのため相手の以下のような点に注目して復帰阻止に行きましょう。

  • 二段ジャンプの有無(ジャンプで復帰タイミングを変えられる)
  • 相手の復帰ルートの選択肢(真下や斜めやその他諸々)

相手に二段ジャンプがなく、復帰ルートも最大距離を狙う必要がある場合は、ルートが制限されているため決まった位置にまっすぐ向かえばいいので単純です。

しかしジャンプが残っていたり、復帰技でタイミングをずらせる場合は、復帰ルートを読んで攻撃に行くか、もしくは崖の近いところに技を置く必要があります。

復帰阻止の駆け引きがわかってない人は、全部の選択肢を狩れると勘違いして何も出来ないことが多々ありますが、状況によっては割り切りの一点読みも必要です。

慣れてきて、相手ファイターの特性がわかってくれば復帰阻止の勝利条件もわかってくるでしょう。

具体的には相打ちしたり、空中回避・攻撃暴れ等の行動を相手にさせればもう届かないという場面がファイターによっては出てきます。

そういう相手に対しては、無理に攻撃を出して当てるだけではなく、相手に密着して粘着するという選択肢も有効です。

場外での復帰阻止の長所は、撃墜ラインに近いため決まった場合のリターンが高いことです。

逆に短所としては、無理をしすぎて逆に撃墜されてしまったり、大きく読み負けて復帰された場合に自分が崖を背負う展開になってしまうということでしょうか。

復帰阻止はスマブラ上達の重要テクニック

復帰阻止が理解できてくると、スマブラプレイヤーとしてのレベルが1ランクも2ランクも上昇すると言っても過言ではありません。

まずは最初に書いたように、自分の使ってるキャラクターの復帰阻止の適正から調べてみてはいかがでしょうか。

また復帰阻止は最適解がある場合もありますが、悪くない選択肢の中から1つを選んで押し付ける場面が多々あるため他のプレイヤーの動きも参考にして盗んでいきましょう。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

エル

書いた人:エル

エル。前々作にあたる「スマブラX」全盛期より長きに渡ってコミュニティを牽引する古参プレイヤーの一人。現在は国内最大規模を誇るスマブラコミュニティ大会「ウメブラ」のメインスタッフを務める。使用キャラはクラウド。

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る