マイナーキャラが大会上位入賞するために必要なこと

どーも!Raitoです。

スマブラのトーナメントシーンにおける参戦キャラクターは底が知れませんが、その中でも使用率の低いマイナーキャラと呼ばれるキャラクター達が存在します。

強キャラを初め、メジャー級キャラクターが台頭するトーナメントシーンにおいても尚、マイナーキャラ使いのプレイヤーたちは数々の実績を残してきました。

スマブラforWiiUも終盤に差し掛かっている最中ざき選手が世界ランク1位のMKLeoを下す大事件を起こすなど、マイナーキャラの躍進は留まることを知りません。

明らかな相性差がある中、マイナーキャラはどのようにして勝利してきたのか。負けたら終了の完全実力主義トーナメントで、マイナーキャラ達が活躍するためにはどうすれば良いのか。

今回の記事では、マイナーキャラ使いの端くれとして(一応)活躍してきた僕が、トーナメントで勝利するためのコツを徹底解説します!

相手が知らない要素でアドバンテージを得る

キャラクター固有の動きを見せる

メジャーキャラとマイナーキャラを隔てる要素とはなにか。それはプレイヤー人口の多さに尽きるでしょう。

マイナーキャラはトーナメントシーンで見かける回数がそもそも少なく、メジャーキャラや強キャラを使用しているプレイヤーからすると対策が取りづらいことこの上ない存在です。

この、トーナメントというルールの中で必然的に生まれる対策量の差というアドバンテージを活かさない手はありません。

そのキャラにしかない固有の動き、セットアップ等はキャラクター対策が追いついていないプレイヤーに対しては非常に効果的です

こちらの対処が分からない状態では相手の立ち回りも固定化しやすいので、そこを突けばダメージを重ねられるチャンスになります。

相手にとって予想外の動きを見せることで試合中に相手を委縮させることができ、その後の試合展開をより有利に進められるのです。

知られていないというメリットをしっかりと活かせるかどうか、マイナーキャラを使って勝ち進んでいく上では最も重要な部分と言えるでしょう。

相手の対策量を確認する

上記の動き、所謂ネタ殺しもしくは初見殺しと言われる要素は対処法を知らない人には割と有効ですがしっかりと把握し対処してくる人にとってはあまり効果が無く、アドバンテージを取りづらいかもしれません。

特に相手の情報が少ない状態ではこちらのネタが刺さるかどうかの判断も難しい上、最初から対処されてしまうと手痛い反撃を貰ってしまうかもしれない。一方的にリスクばかり高いように見えるので試すこと自体ためらってしまいかねませんよね。

そんな時は比較的リスクの少ないセットアップを見せて、それに対する相手の対処を伺います

僕が使用しているキャラクター、ダックハントの場合は缶とガンマンといった飛び道具で固めた際に相手がどのように動いてくるのか。たまに見せるダッシュ掴みにはどのように避けてくるのか。

自分の動きをある程度セットアップとして用意しておき、それに対する相手の行動に注目しながら相手の対策度を伺っていきます。

ひとつ注意点ですが、「この行動なら通るだろうか」とリスクケアも無しに色々試してしまうことは避けるようにしましょう。

試しているうちに相手に差し返しを貰ってしまうと気が付いたらストックをひとつ減らされていた…。なんてことになりかねません。

自分が用意してきたセットアップが使えなさそうなら試すのをやめ、即座に相手の対策に有効な手を実戦する

こればかりは経験がないと即座に対応できない部分も多いので、苦手意識があるキャラクターや対戦相手には積極的に対戦をしてある程度事前の決めごとをして本番に臨んでいきましょう。

キャラクターの弱点を逆に利用する

スマブラというゲーム性上、キャラクターの弱い部分というのは少なからず存在します。

分かりやすいところで言うリトルマックは空中(浮かされた後)が弱い、ダックハントは復帰が弱い等。対策する側は当然その弱い部分を突いてくるので、この弱い部分に対する対策は必須級となってきます。

特にマイナーキャラ相手の場合、キャラクターの立ち回りは知らないけど弱みは知ってるからそこを上手く突こうと考えているプレイヤーは非常に多いです。

相手はこちらの弱い部分をひたすらに突いてくるので、逆にその展開になる前の行動をこちらの攻めの起点に利用できると試合展開を非常に有利に進めることができます

マイナーキャラ使い代表(?)Shuton選手の対戦動画です。

ピクミン&オリマーは地上の立ち回りは全キャラクター中かなりの強さを誇りますが、反面対空や空中に浮かされた後が弱点ということでも有名です。

しかし彼は相手が地上戦を拒否したがるタイミングで空上、空前で的確にダメージを取る力。そして一度浮かされても空Nや下Bを駆使して相手の着地狩りを逆に利用するセットアップを巧みに使いこなし、弱点をものともしない立ち回りを幾度となく見せつけてきました。

使い手同士でコミュニケーションを取る

マイナーキャラはプレイヤー人口が少ないというのは前項でも話をした通り。大会では有利に傾きやすい要素ではありますが、基本的にプレイヤー人口が少ないというのはデメリットの方が目立ちやすいです。

配信が充実し対戦動画が頻繁にみられるようになった現在でさえマイナーキャラの対戦動画というのは比較的レアもの。大会で勝ち進みづらいキャラともなると、対戦動画化されることは非常に稀です。

動画という参考資料が少ないので、対策や戦術を組むこと自体困難になってくる。メジャーキャラ達に比べてマイナーキャラはそれだけで不利状況を背負わされています。

情報不足にならないために、SNSを用いて同じキャラクターの使い手と情報を共有をしてみましょう!幸いスマブラプレイヤーの多くはTwitterを利用していることが多いので、他の使い手の意見や対戦動画の抜粋を逐一チェックすることができます。

またDiscordというチャットツールでは、同じキャラクター使い同士で意見交換する場も作られているので対策やセットアップ等を使い手同士で共有することも。

他のメジャーキャラにも引けを取らないよう、しっかりと情報収集をした上でトーナメントに挑めるようにしておきましょう!

おわりに

以上、マイナーキャラがトーナメント上位を獲得するために必要なこと紹介でした!

相手が知らない要素でアドバンテージを取るというのは一見ネガティブな要素にも見えますが、相手がどの程度自分を理解しているのかを知った上で戦術に組み込むのは試合展開を有利に進める上で非常に重要な要素です。

自分のキャラクターの特性や強み、そして弱点まですべて把握した上で戦術に組み込んで、気持ちよく相手に勝利していきましょう!

トップに戻る