操作・テクニック

【スマブラSP】ハイリスクハイリターンな大技の当て方・狙い所徹底解説!

みなさんこんにちは、キシルです。

今回はハイリターンだけどリスクも高い技(クッパに代表される各種スマッシュ攻撃や、クラウドの画竜点睛などの一部の必殺技)をどこで狙っていくべきか、という趣旨の記事になります。

ハイリターンな技を当てられたときの気持ち良さはそれはもう凄いです。

この記事の内容を理解すれば、スマブラをより楽しめること間違いなし!?

ということで、早速いきましょう。

基本は位置関係的に有利な状況で狙う

ハイリスクハイリターンな技を当てるためにはある程度相手の行動を読む必要があります。

しかし、五分な状況で相手の選択肢を読むのは基本的には難しいです。

なので、着地狩りや復帰阻止、崖攻めなど、位置関係的に有利な状況で狙うのが良いでしょう。

より有利な状況を作る

ジャンプのない相手が暴れ着地してくるのに対する画竜点睛あたりは動画で見たこともあるかもしれません。

着地狩りや復帰阻止ならジャンプを使わせた後、崖攻めなら崖無敵の切れる時など、より有利な状況まで追い詰められていると理想的ですね。

リスクも考えて読み合いをしよう

有利状況での一点読みはローリスクであることが多いですが、一部噛み合うと痛手を負うような状況もあります。

相手が復帰阻止の強力なファイターなのに復帰阻止に行って位置関係が入れ替わる、崖攻めでジャンプ上がり一点読みに対して回避上がりから確定のスマッシュを食らってしまう…

一度はやってしまったことがある人、多いんじゃないでしょうか。

そこらへんのリスク関係は把握した上で読み合いを行うようにしましょう。

ダメージ的に不利な状況は警戒されやすい

自分がダメージ的に不利な状況だと、逆転技を狙いたい状況であることも相手からすればわかりやすいです。

それでも勝ち筋である以上狙うこと自体は間違いではないですが、読まれやすいということを把握して読み合いをしましょう。

圧を活かして他の択を通す

具体的には、「圧を活かして他の択を通す判断」が重要です。

例えば、復帰阻止でメテオを匂わせて相手に上から復帰をさせて投げでターン継続したり、着地狩りで回避読みのスマッシュをチラつかせて空上で直接殴りに行ったり…

相手が理論的にプレイする方ならば、「これは食らっても撃墜されはしない」という択を捨てて読み合いをしてきます。

そこをしっかり突いて差を縮めていきましょう。

流れを取りきったときは狙い目

何度かターン継続に成功したときは一番の狙い目です。

相手としては不利状況を抜け出したい。ローリスクに済ませようとしていたけどどこかで無理をしないといけないかも…そう感じ始める頃。

もしくは焦って的確な判断ができなくなった頃。そういうときこそ「最大」に対する意識が薄れます。

大きな一発を狙うのはそういう位置関係的にも精神的にも追い詰めた状況が理想。

みなさんも一気に流れを取られてつい回避をしてしまい、読まれて大きな一撃を貰ってしまった…そんな経験があることでしょう。

僕も何度もあります。回避した時だけスマッシュ構えてる人間、世の中多すぎです。。。

あえて相手の行動を許すテクニック

一撃を当てるために最も有効なのは、この「相手の行動を許す」というテクニックです。

例えば、崖で回避上がりは咎めずに許しておいて、一番大事なところで回避上がり一点読みのスマッシュを放つ。

回避上がりが通っていた印象から、相手がつい回避上がりをしてしまうところを狙うわけですね。

それ以外にも、例えば下強→空前みたいな流れがあったとして、下強を当てた次の空前は最速回避で避けられるという展開だったとします。

何度か下強を当てて、全て回避されたとしても空前を繰り返し、「下強を食らったら回避で安定なんだ」と思わせる。

これがまさに「相手の行動を許している状態」です。一番大事なところで下強から回避読みしてやりましょう。

ちなみに「あえて許してやるテクニック」として紹介していますが、別に許したくて許していたわけでなくても、結果的に何度か同じ拒否択を通してしまっていた状態なら同じです。

例えば、崖で何度かその場上がりを掴もうとしたけど失敗してしまった場合。

もちろんその場上がりを見て掴もうとしていたのなら掴めるべきですが、そもそもその場上がりが読めているなら最大をぶつけてやればいい話。

何度か通してしまったからこそ、またその場上がりをしてくる。「難しい見てから対応」から「一点読み最大」に切り替えるのも時には有効です。

最後に

最初に言った通り、大振りな技を当てたときは気持ちいいです。

しかし、「たまたま当てた」だけではまだ足りません。

有利状況の継続、一点読み…様々な材料を絡めて通した「大振りな技」はさらに格別に気持ちいいもの。

ぜひみなさんも体験してみてください。

最後まで見てくださった皆様ありがとうございました!

Kishiru

Kishiru

キシル。「ウメブラ」や「闘龍門 極」などの国内大会をはじめ、海外大会の日本語実況など多くの大型大会でマイクを任されているスマブラ専門の実況解説者。プレイヤーとしてもピカチュウ全一の実力を持つ現役トッププレイヤーの一人。

RELATED関連記事

トップに戻る