【脱初心者】これで復帰がうまくなる!復帰のじゃんけんをしよう【後編】

復帰のじゃんけんを整理しよう

こんにちは、あばだんごです。先日、【脱初心者】復帰の基礎!復帰のじゃんけんをしよう【前編】という投稿をしました。そのときの簡単なおさらいですが、復帰は早出しか遅出しかのじゃんけん、と言いました。

今日は具体的にそのじゃんけん択を紹介し、どの行動に勝ててどの行動に負けるなど教えていこうと思います。復帰の択を増やして、復帰が少しでもうまくなってもらえたら嬉しいです。

そもそもじゃんけんをしないという択

復帰はじゃんけんって言ってたのに

いや意外と真面目なことで、じゃんけんをしないで済むならじゃんけんをしないで済ませたほうがいいんですよ。対戦ゲームはじゃんけん要素があって不安定だ、とよく言われます。

しかし上級者は不必要なじゃんけんをしないことで、実力が下の相手への勝率を安定させています。言ってしまえば上級者のほうがじゃんけんの択が多くて、格下とのじゃんけんでぼったくっているとも言えるでしょう。相手がグーとパーしか択を持っていないのであれば、こちらはパーを出し続けるだけで負けることはないんです。

復帰も同じでじゃんけんをしなくて済む場面はじゃんけんをしなくていいんです。最速で復帰したら相手が復帰阻止できないようであれば、じゃんけんをしない = 最速で復帰すればいいんです。なおそのときに崖に掴まらずにそのままステージ上に復帰できるならそれがベターです。余計な崖上がりの読み合いがなくなります。


ロゼッタの下スマをくらった後。2枚目の画像のように無理に下に行く必要はなく、1枚目の画像の位置の時点で復帰してしまおう。

まずはジャンプを使わない復帰に慣れよう

それでは実際に復帰の択の紹介をしていきます。まずはジャンプを使わない (または使えない) 復帰についてです。後述するジャンプを使う復帰の択を活かすためにも、まずはジャンプを使わない復帰のじゃんけんを知っておくといいでしょう。

横から早出しで復帰

イメージとしては、シークの下Bやリトル・マックの横B、ロゼッタの上B斜め復帰などです。相手が遅めの復帰を想定し、崖上で待機しているときに特に有効です。ジャンプも温存しやすいのもメリットです。

また相手視点で言うと、この復帰を潰すには割と早めに復帰阻止に行かなければなりません。ミスをしたら逆に自分が崖を背負うことにもなりえます。よっぽど復帰が弱い相手や、逆転したいときぐらいにしか強気にいけないでしょう。

下から遅めに復帰

たいていのキャラがこの復帰にあたります。相手の早出しの復帰阻止に対してタイミングをずらして復帰できます。このとき早出しの復帰阻止に対して空中攻撃で暴れたり、空中回避で避けてから復帰するとより効果的です。

横方向からの早出し復帰と違い、ちょっとでも復帰阻止をされたらジャンプを使わないと帰れない距離になりがちです。ジャンプを潰されているときはリスキーな選択肢であるともいえます。

崖の上の敵に当たるように攻撃しながら復帰

マックの横Bやシークの下Bのように、崖上から復帰阻止しようとしてくる相手に向かって攻撃をしながら復帰をします。横から早出しの復帰よりもタイミングが早い択と言えるでしょう。相手が外に出ようとしていたり、崖掴まりを叩こうとしていたときに有効です。ただもちろん冷静にガードや回避をされたらまた復帰阻止の展開になってしまいます。

そのまま掴まる

あえての何もしないで崖に掴まるという択です。上述の攻撃しながら復帰という意識付けが相手に出来ていればこれも有効な選択肢です。逆に攻撃しながら復帰する、という択を取っていないうちはこの選択肢は無いと等しいです。

ジャンプを使う復帰も混ぜてみよう

ジャンプを使わない復帰だけでも上述の4つのタイミングをずらす方法がありました。ジャンプを使えると更にタイミングをずらすことができ、有利なじゃんけんの復帰をすることができます。

ただジャンプを消費するということはそれだけ復帰阻止されたときのリスクが高くなるということでもあります。まずはジャンプを使わない復帰を使い、相手がそれを阻止してくるようであればジャンプを使った復帰を織り交ぜましょう。

ジャンプで相手の復帰阻止のタイミングをずらす

ジャンプを使うことで滞空時間が増え、高度も稼げます。ジャンプを使って相手の復帰阻止のタイミングをずらしましょう。

ジャンプを使うとこの位置からでも届きます。

また相手がジャンプを使った復帰を読み、それに対して復帰阻止してくる場合もあります。そのときはジャンプ回避で避けたり、ジャンプ空中回避で暴れたり、バリエーションを増やしましょう。

シュルクやクラウドなどは復帰技の上B出始めに崖掴まり判定があったりします。それで相手の想定よりも早めに崖を掴むことができます。

上Bを使えばこの位置からでも掴めます。

崖に向かってジャンプしてそのまま掴まる

これも上述のそのまま掴まるの派生です。ジャンプを使っている分リスキーですが、相手に暴れを意識させられていれば通る択です。

高めからジャンプをしてステージ上に復帰する

早めに場外に飛び出してきた復帰阻止に対して通ると有効です。回避や暴れでステージ上に着地さえしてしまえばジャンプが復活するのが大きなメリットです。ただ他の復帰よりも着地狩りされやすく、再度場外に出されてターン継続されやすい選択肢でもあります。

特に崖を掴んでる状態が弱いキャラ、下方向への暴れが強いキャラは、場外に高めに飛ばされたときにこの選択肢も良い択になるでしょう。

%が低いうちは着地しちゃえばOK!みたいなときに。

まとめ

初心者向けに書いていたはずなのにちょっと難解な話になってしまいました…/(^o^)\

大事なことは、じゃんけんせずに済むならしない択を増やして有利なじゃんけんをするということです。復帰にいろいろな択があることを知って復帰をうまくなりましょう!

トップに戻る