TECHNIQUE

【スマブラSP】ジャンプで攻め込む際に気をつけるべき事

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

みなさんこんにちは、キシルです。

突然ですが、スマブラというゲームは空中技が非常に強いです。

そもそも間合い管理や技を出すタイミングなどの点から自由度が高く、加えて今作は着地隙も少なめになっているので、攻めにジャンプを使うシーンも増えているのではないかなと思います。

もちろん、ジャンプからの攻めには弱い部分もあります。なので今回はジャンプを使って攻める際に気をつけた方がよいことをまとめたいと思います。

気をつけるべきこと➀ タイミング

まず一番に気をつけるべきことが「タイミング」です。タイミングを読まれてしまえば、ガードするにせよ対空するにせよ非常に捌かれやすくなってしまいます。

場合によっては一点読みで上スマッシュや空中後ろ攻撃で対空され撃墜されてしまうこともあります。相手がジャンプを警戒していないか、意識してジャンプを使うようにしましょう。

気付くと同じタイミングでジャンプを繰り返してしまっていた…あるあるです。

また、相手にジャンプを誘発されてジャンプをしてしまった場合は致命的ですね。

代表例はむらびとの埴輪ロケットですが、相手の飛び道具などによりジャンプを誘発されるシーンでは、特に読まれやすいので十分気を付けましょう。

気をつけるべきこと➁ ライン関係

ジャンプで攻めて反撃を受けてしまう原因の中で多いのは、相手が十分に引けるライン関係のときに飛び込んでしまった場合です。

ステップが優秀だったり、ダッシュ攻撃の強力なファイターには差し返されやすいので特に気を付けましょう。

ステップや置き技で相手を崖端に追い詰めてからジャンプで攻めるなどの工夫が必要ですね。

「飛び込むときの間合い」、つまり空中技を先端で押し付けられるか、めくりを狙えるか、などの考えは十分意識できている人が多いと思います。

しかし、相手の後ろにどれだけラインが残っているかについては意識できていない人もまた多いのではないでしょうか。

なんかダッシュ攻撃で差し返されちゃうなぁ…という方は特に意識して欲しい内容となっております。

気をつけるべきこと➂ ジャンプの慣性

空中から差し込む際に、前方向へのジャンプだけになっていないでしょうか?

特にリーチの長いファイターであるゼロサム、ルキナ等で重要な技術になりますが、前慣性のジャンプだけでなく、垂直ジャンプ、引きジャンプを織り交ぜることが非常に重要です。

相手目線だと前ジャンプに対しては対空できる場合であっても、垂直ジャンプには対処が難しいということはよくあります。

また、垂直ジャンプを置くことで相手のダッシュ掴みなどに反撃ができ、単純に垂直ジャンプが強力なシーンもあります。

大事なことはパターンを増やして読まれづらくすることにあります。いろんなジャンプを試してみましょう。

気を付けるべきこと➃ 急降下のタイミング

毎回同じタイミングで急降下を入力していませんか?急降下のタイミングを把握されているといないとでは、ジャストシールドを狙われる可能性が大きく変わります。

あえて急降下を遅らせる選択肢も混ぜることで、ジャストシールドを狙う相手に対処できるようにしておきましょう。

リンクのような、急降下の有無で落下速度が大きく変わるファイターでは特に有用なテクニックですね。

気をつけるべきこと➄ ガードへの回答の準備

空中攻撃は「とりあえずガード」で済んでしまう部分もあります。

(上位の対戦になると、ガードすると不利になっていくところがありますが、シールドキャンセルが強い、固めた後の有利を活かしきれないなどの材料が増えてくると上記の理屈が生まれます)

せっかくの有利フレームを毎回ジャンプに使ってしまいガードで凌がれ、ジリ貧になっていくという展開はよくあることだと思います。

相手は「飛んできたらガードで凌げる」という意識がついているということなので、ジャンプを繰り返しても技が当たらなくて当たり前とも言える状況なんですね。

こういった状況にならないために、「ガードをどう崩すか」の回答は用意しておきたいところです。

シールドを削るのか、透かし掴みを狙うのか、選択肢はいくつか考えられますが、相手が固くなってきたときにそういった選択肢に移行できるようにはしておきましょう。

気を付けるべきこと➅ 着地後の読み合いの意識

➄と重なる部分もありますが、今作は空中技をガードされた際には読み合いが発生することが多いです。

次はガードされたらこれをしよう!というような択の準備はしておきたいところです(間合いなど状況ごとに変えるべき部分もありますが)。

準備をしないまま飛び込んでいくと、その場回避などの手癖が出やすくなってしまいます。

さっきは弱攻撃を入れ込んでガードされてしまったから、次は掴みにしてみよう、というような択の変更を意識してみると、飛び込む攻めがより強力になります。

ぜひ意識してみてください。

最後に

意外と意識できていなかったことが、もしかしたらあるかもしれません。

単調にならないよう、攻めの幅が広げられると勝率は一気に上がります。今回の記事を参考にもう一度自分の攻め方を見直してみてはいかがでしょうか。

最後まで見てくださった皆様ありがとうございました!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人