【スマブラSP】発売後1週間の大会結果に出た強キャラたちを紹介!

こんにちは、あばだんごです。

スマブラSP発売されて1週間経ちましたね!大会も結構行われました。

今回の記事はこの1週間で行われた大規模大会結果のまとめです!

誰かが出してるキャラランクと照らして見るのも面白いと思います。

国内大会

オンライン大会タミスマ

鮫木さん主催のオンライン大会です。スマブラ4ではWiiUと3DS両方の大会を運営していて、今ではオンライン大会といえばタミスマとなっています。

オンライン大会とはいえ、毎回192人が一瞬で埋まってしまうほどです。人数も多くてレベルも高いので参考になる部分が多いでしょう。

第1回タミスマSP大会

発売直後ということもあり、スマブラ4でそのキャラを使っていた人が中心に勝ち上がりました。

新キャラで勝ち上がったのはProtoBanhamリヒターだけで、復活キャラを含めればそーめんポケトレとあいりすスネークだけでした。

特筆すべきはベスト8のロックマンの多さです。海外では評価がいまいちですが、僕は最上位の1角を狙えると思っています。

第2回タミスマSP大会

発売6日後のタミスマも勝ったのは、そのキャラを使い続けた人たちでした。

しかし新キャラのインクリングはVIP部屋でもわかる通り多く、大会結果に示されるように強いです。

その他にもピチューやウルフの復活キャラ、大幅強化をもらったパルテナなどが勝ち上がってきています。

発売直後よりは新しいキャラで戦っている人たちも使い込んでるプレイヤーと戦えるようになってきた感じです。

第3回タミスマSP大会

発売1週間後の大会です。優勝は盤石のかめめロックマン。あばだんごはというとサブのパルテナを使いつつインクリングで準優勝でした。

キャラはバラけていると思いますが、やはりインクリングは多いです。(ついでに8カラーもあるのに色被りもやばい!)

第2回大会でも風見涼ゲッコウガが勝ち上がっていましたが、今回はれあゲッコウガも勝ち上がりました。ゲッコウガもやはり強いということが改めて認識できます。

タミスマや他のオンライン大会を見ると、既存キャラではロックマン、ネス、ゲッコウガがかなり勝っているように感じます。

新キャラではインクリングが圧倒的に多く、たまにキングクルールやシモンリヒターが現れる感じでしょうか。既存キャラで使い続けている人に勝つにはまだ時間がかかりそうです。

復活キャラで強いのはウルフですね。ピチューもかなり強いと思いますが、軽さ故に安定して勝ち上がるのは難しそうです。スネークは古来からの使い手は多いんですけど勝ち上がれていないです。

個人的にはFE剣士キャラがかなり少ないと感じました。ロイ、クロム、ルキナ、マルスあたりはもっと活躍できると思うんですがどうなんでしょうね。

タミスマの動画はこちらから見れます。

ウメブラSP

700人超の初の大規模大会です。

ネタ殺し大会になると言われいましたが、にえとのさんを除き、見事に前作の使用キャラを使ったプレイヤーがTop8に残りました。まだ新らしいキャラで牙城を崩すのは難しそうですね。

しゅーとんオリマーはキャラのバフを受け、新作に向けて使い方を直した結果優勝です!予選ではリヒターを使用していましたが、真央インクリングに1本取られてからはオリマー固定です。

ちょこゼロサムも相変わらず強いです。ゼロスーツサムスはところどころ弱体化は食らったものの、地上で撃墜できる上スマや横B、すっぽけない上Bなどをもらったので相変わらず強そうです。

他にもクロピット、かめめロックマン、れぽロックマン、うめきデイジー、れあゲッコウガなど、使用キャラがそのまま強い人が勝ち上がりました。

ウメブラSPでもロイ、クロムなどの剣キャラが食い込んでこなかったのは意外でした。ザクレイは一応マルスも使っていたと思います。

配信台の試合はこちらから見れます。

海外大会

Don’t Park on the Grass

Don’t Park on the Grassはワシントンの最初のでかい大会で、578人エントリーです。

こちらも既存キャラを使い続けていたプレイヤーが勝ち上がりました。MVDはX時代スネーク使いでした。

ESAMピカチュウもXからの使い手ですし、Kongaドンキーコングもスマブラ4からずっと活躍していてワシントンのトッププレイヤーです。

スネークは今でもそこまで強くない印象なのですが、やはり相手キャラによっては活躍する場面が増えるのでしょうか。

VGBootCampのFirst Ultimate Major! Don’t Park On The Grass 2018 | Championship Sunday | !bracket !schedule !nosubをwww.twitch.tvから視聴する

#THE Final Smash Tournament

大規模ではないですが、Skyが海外のトッププレイヤーを招待して行ったInvitational大会です。

優勝はドンキーコングとクロムを使ったTweekでした。Tweekはドンキーコングを前作で使っていました。

しかしハイレベルな大会で新キャラで優勝したのはこの大会が初なのではないでしょうか。やっぱクロムの立ち回りは最強!Tweekはクラウドも手持ちに加えられると思うので、今後も活躍が見込めます。

2位はオリマーとパルテナを使ったDabuzでした。オリマーの強化はもちろんですが、パルテナの強化もしっかり見逃していませんでしたね。

Sky_mp3の#THE Final Smash Tournamentをwww.twitch.tvから視聴する

まとめ

1週間という期間では、やはり既存キャラの使い込みがものをいう感じになっています。

この結果を受けてキャラの調整の必要もないと思うので、もう少し新キャラや復活キャラの練度を高めてから活躍する姿を見たいですね。

僕はインクリングを軸にもう1体メイン級のキャラを探していけたらと思います(^o^)

Abadango

書いた人:Abadango

あばだんご。忍ism所属プロスマブラプレイヤー。国内外における数々の大会で活躍し、前作スマブラforWiiU最終日本ランキング1位、世界ランキング15位に輝いたトッププレイヤー。主な使用キャラはインクリング・メタナイト・ワリオなど。

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る