【スマブラSP】ロイとクロムの性能差による立ち回りの違い、状況ごとの長所短所を解説

こんにちは!あとりえです。

今回は、ロイとそのダッシュファイターであるクロムの性能における差異を比較し、どちらが優秀かをポイントごとに見ていこうと思います。

概ね同じようなファイターですが、所々性能に違いがあり、大して変わらないだろうと思って対戦すると痛い目に遭うことがあります。

ロイ使いはクロムも、逆にクロム使いはロイも使える人がほとんどであり、そういった補完的な役割で使い分けるプレイヤーに苦しめられないためにも、性能の違いを理解しておくことは非常に重要だと考えます。

また、これからロイかクロムを使い始めたいという方の参考にもなればと思います。

前提:キャラコンセプトの違い

どちらの方が良い悪いを説明する前に、まずコンセプトの違いを記します。

知っている方も多いと思いますが、ロイは剣の根本部分の威力が高く、剣の先端部分は威力が低いという設定になっています。

対して、クロムは剣のどの部分を当てても威力が一定で、安定してダメージを取れたり撃墜を狙えたりします。

上Bはモーション自体が全く別物で、ロイはブレイザーという斜め上方向に移動できる技、クロムは翔流斬という真上方向に移動できる技です。

その他は、ロイの上スマだけ炎属性が付与されていたり、最後の切りふだが違ったりするくらいで、走行速度・落下速度等の基本性能は全く同じものとなっています。

次項からは、これらの性能の違いから発展して、お互いどういう部分が強い/弱い等の実践的な内容を見ていきます。

上必殺技の違い


個人的に一番大きな違いだと思うのがこの点です。

結論から言うと、復帰で使う上Bはロイの方が強く、地上戦の反撃・コンボで使う上Bはクロムの方が強いことが多いです。

クロムの上Bは上昇部分にアーマー(10-30F)が付いているものの、頂点部分を叩かれると簡単に復帰阻止されてしまいます。

また横方向への移動がほとんどないという点も復帰の上では問題があります。

一方で、ロイはある程度上Bの軌道を変えることができる上に、9F目に全身無敵があり横方向への移動距離もあるため、クロムに比べて復帰が優秀です。

ただし、上にも書いた通り地上戦・コンボでの上Bはクロムの方が優秀だと思います。

理由は、上Bの発生自体はクロムの方が1F遅いんですが、上B1段目の判定が横方向に非常に広く、ガーキャンからの反撃として機能しやすいためです。

ロイの上Bでも反撃を取れますが、外した時のリスクがクロムよりも高い上、当てたときのダメージもクロムに比べて低いです。(ロイ21.1%クロム26.4%)

また、ダメージが高いのでコンボに組み込んだとき総合ダメージが高くなります。

クロムの上Bは着地空上や、上り空前・空Nなどから繋がり、コンボの総合ダメージが40-50%出ることもザラです。

加えて、クロムの上Bは相手を道連れすることが出来るのが特徴です。

重量級キャラ相手であれば、0%から空N空前上Bや空前空前上Bなどのコンボで地上から運んで道連れすることができます。

重量級キャラ相手でなくても、場外で空前を当てて上Bに繋ぐことで道連れしてストックを奪ったりできる点はロイよりも強力だと言えます。

横必殺技の違い

これはモーション自体は同じですが、単純に剣の先端/根本の方が飛ぶ飛ばないのコンセプト上、性能に大きな差が生まれます。

早い話、ロイの横B根本が信じられないくらい飛びます。

クロムの横Bでも撃墜を狙うことができますが、崖端であってもある程度%を溜める必要があり、ロイのような爆発力がありません。

また、横Bに関しては全段最速で入力するだけで狙って根本ヒットさせることができるため、根本ヒットの難易度が低いです。

横Bに関しては、ロイの方が強いと結論付けてしまって問題ないと思います。

崖上での圧力

主に撃墜%での話です。

やはり、撃墜の場面ではロイの根本しかふっ飛ばし力がないという性能が痛手になっていて、どこを当てても撃墜できてしまうクロムの方が相手からすると怖いでしょう。

崖狩りの展開では特にそれが顕著で、その場上がり・ジャンプ上がり等に置いておくクロムの空後や横強が非常に強力です。

ロイはロイでその場上がりに対して横スマ根本当てで特大リターンを狙ったりすることが出来ますが、根本を狙う=相手との距離も近くなるということなので、クロムよりもリスクが大きくなります。

ジャンプ上がりに空後を重ねようにも、相手の空中慣性次第でカス当て(先端)になることが多く、「クロムだったら撃墜できていたのに…」というシーンをよく見ます。

剣の威力の違いによる立ち回りの差異

ロイはインファイト寄りの立ち回り、クロムはリーチを活かした立ち回りになります。

ロイは根本判定を押し付けたいため、他の剣士キャラにありがちな剣のリーチを活かす立ち回りをすることは難しいです。

さらに、例えばロイの下強をガードさせたときの硬直差は-3F、対してクロムの下強は-5Fといったように、いくつかの技がロイの方がガードに対して強い点を踏まえても、ロイはインファイト向きと言えるでしょう。

一方のクロムは、剣先を当てても威力が一定であることを活かし、剣のリーチを押し付けるような立ち回りが強いです。

先ほども言ったようにクロムのいくつかの技(下強、空前、空N等)はロイよりもガードさせたときの硬直差という観点で劣りますが、

そもそもガードされたときに相手のリーチ外に居ることがあり、場合によってはロイの技よりも反撃が取られにくくなります。

まとめ

以上が、ロイとクロムの主な性能差でした。

結局ロイとクロムどちらが強いのかという議論に関しては、この記事では結論付けないこととします。上位プレイヤーの間でも意見が分かれていて、僕自身もどちらが強いのかまだ分からない状態です。

ただ、そこまで大きなキャラパワーの差はないと思われるため、どちらを使おうか悩んでいる方が居れば、コンセプトが自分の好みと合う方を使ってもらえればと思います。

この記事で少しでもロイとクロムについての理解が深まり、皆さんの対戦のお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Atelier

Atelier

あとりえ。PNG所属プロスマブラプレイヤー。関西を拠点とする強豪であり、前作ではロゼッタ&チコ使いとして「ウメブラ」31回大会優勝の実績を持つ。スマブラforWiiU最終日本ランキング第10位。スマブラSPのメインキャラはウルフ。

RELATED関連記事

トップに戻る