ウメブラじゃなくてウメプロ!?eスク秋葉原の新大会

こんにちは、あばだんごです。

2018年4月29日(日)、新しいシリーズのスマブラ大会がスタートしました。その紹介をしたいと思います。

その名はウメキプロジェクト(仮)

こんな壮大なプロジェクト誰がやってるんだろう…。まったく想像もつかねぇ…。

実は主催はあのウメブラ主催のうめきさんです。自分がスマブラをやりたくて大会を開いてしまう男。うめきさんのやる気スイッチが入ったときはなにか良いことが起こります。

ウメプロっていう略称で親しまれてそうなので、ツイートする際は#ウメプロでお願いいたします。ウメプロ公式Twitterはこちら

お試しの初回は80人規模のシングルス&ダブルストナメでした。新しい会場の新しい大会ですからね。それでも80人きっちり集まったからすごい。僕の結果はお察しなのでここでは語りません。

なんにせよまだスタートしたばかりの大会で、より良い大会にするために皆さんのフィードバックなど協力が必要なのでよろしくおねがいします (おま誰)。

うめきさんのツイート的にARMSやポッ拳もやるそうな雰囲気があります。乞うご期待!

場所はe-sports SQUARE AKIHABARA

通称eスク (イースク)。スト5の対戦会やらLoLのイベントやらをたくさん行っています。イースクほんとに素晴らしい場所なんですよ!

日本では市民会館的な会場を借りるのが結構当たり前なスマブラ大会にとってはおしゃれすぎる空間。

イースクならでの利点もあるんです。

BARがあるので飲食可能!お酒もあり!

eスクなら会場のBARで飲食可能。さらにお酒もあり。神スク。現状お酒を飲みながらスマブラできる大会はウメプロだけでしょう。酒飲みながらゲームできるって素晴らしいですね。

さらにウメプロでは参加費3000円で、3杯分のドリンク券をもらえます。もちろんそのドリンクでお酒と引き換えることができます!神!超絶お得です。

無料Wi-Fiあり

会場内に無料のWi-Fiがあります。

イベントスペースに使えるWi-Fiあると現地での配信がしやすくなるんですよね。ウメプロは参加するときにメディアに映る可能性があると注意事項にあげているので、常識の範囲内で会場のWi-Fiを使った配信もできると思われます。

ただ現状の台の配置だと後ろから近くで試合を撮るとかは無理そうなので、遠くから試合を眺めて観戦してる雰囲気の配信とか、BARの近くで酒飲みながら試合観戦するおっさん配信とかになると思います。

大会運営に優しい

eスクは常時その場所にモニターがあるので、運搬をする必要がありません。

また設営・撤去・受付もeスクスタッフがほとんどしてくれるため、ウメプロスタッフはほとんど試合の進行などの運営に集中できます。朝が早く、帰りは遅いスタッフの願望を叶えてくれる神スクです。

学割で3000円→2000円

ウメプロでは学割を導入しています。学生の1000円の重みは社会人の1000円の数倍の価値はあります。(俺が学生のときにこういう大会が欲しかった…!)

さらにWiiU持参の人は参加費500円引きされるので、学生かつ持参の人は1500円でウメプロに参加することができます。しかもドリンク券3杯分つきです。これが…価格破壊…。

ウメブラではできないことができる

ウメブラは大きくなりすぎたんだよ…!

っていうのはほんとにそのとおりで、ウメブラって規模が大きくなっている分、動きづらい部分も多いんですよね。

ウメブラってもう200人以上の王道ガチシングルストナメが主流みたいなイメージあるじゃないですか。小さい会場人数少なくしてやるのもサブイベやるのも”ウメブラ”としては動きづらい。そこの溝を埋めたかったUmekiさんが開いてくれたウメキプロジェクトとなります (たぶん)。

ウメブラほどの規模ではない関東の中小大会は他にも黒ブラ闘龍門もあります。

これらの大会もウメプロ同様比較的ルールに柔軟というか、一般的なシングルトナメ以外の大会を結構開いてくれています。いきなりウメブラなんて…っていう初心者の方にもおすすめです。

むしろキャパでかいしウメブラも全然来てくれていいんですけどね!参加する大会を選べるほど大会が開催されてるのはすごい恵まれてると思います。

スマブラは止まらない…!

新作発売されて最近オンライン大会も増えてるし、配信者も着実に増えているし、開かれるオフ大会は減るどころか増えてるしスマブラは止まらない!

新作に向けてみんなやる気出してるんだなあと思うあばだんごでした。

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る