スマブラのライブ配信のやり方を紹介【オーバーレイ配布もあるよ!】

コラム

どーも!Raitoです。

突然ですがみなさんYoutubeLiveはご存知ですか?
TwitchやOPENRECでの配信が活発になっている時に突如現れた配信プラットフォームで、Twitchのように名前付きでコメントができちゃいます。
ここ最近ではスマブラの配信をする人が格段に増え、スマブラ配信戦国時代と呼んでる人もいる程、勢いを増しています。
新作のスマブラ switch版に向けて誰もが配信をしている現状。ここまで配信が活発になると「自分も配信をしてみたい!」と興味を持ち始めてる人もいるんじゃないでしょうか?

そんな方々のために、今回の記事では配信に必要なものの紹介を簡単に説明していきます!

配信に必要な機材ってなに?

配信する上で必要な機材を軽く並べてみると

  • パソコン(デスクトップ)
  • WiiU
  • キャプチャーボード
  • マイク(ヘッドセット)

基本的にこれだけ。だけとは言っても、一から集めようとすると結構な高額になっちゃいます。
他にも顔出し配信をしたい方はカメラも必要になってくるでしょう。

ちなみにスマホでの直撮り配信の場合パソコンもキャプチャボードもマイクも必要ないんですが、画面も音も粗い配信しかできないのであんまりオススメはしません。
まずはそれぞれの詳細を見ていきましょう

パソコン

基本的にデスクトップパソコンが必要になります。配信中はキャプチャボードのゲームを表示するソフトと配信ソフトの両方を起動する必要があるので、スペックは高めに見積もっておいた方が良いです。
ノートパソコンでも性能が高ければ配信できますが、基本スペックがどうしてもデスクトップより劣っちゃうのでデスクトップPCがド安定です。
最近売り出されているゲーミングPCなんかは基本ゲーム+配信ができる程のスペックがあるので、迷ったら検討するのもいいかもしれませんね。
ちなみにMacは対応ソフトウェアが少ないのであまりオススメしません。配信するなら無難にWindowsにしときましょう。

キャプチャボード

PC同様に必須アイテムです。
WiiUやPS4なんかのゲームはPCに直接差し込んでもゲーム画面を映せません。箱と箱繋いでもお互いが出力したがってて意味わかんないですもんね。ゲームをPC画面に投影してあげるには、それを仲介する機材が必要になります。
それがこのキャプチャボード。キャプチャボードで取り込んだゲームの映像を、USB経由でパソコンに出力できちゃう優れものです。
出た当初は価格がちょっとお高めでしたが、最近は値下がりして割と手軽に手を出せる値段帯になってきました。時代ってすげー。

マイク

ただゲーム画面を映すだけだと物足りない(というか視聴者が増えない)ので、マイクも導入しちゃいましょう。
マイクにも色々種類があって、基本は設置タイプとヘッドセットに分けられる感じなんですが、スマブラの場合コントローラーのカチャカチャ音が入りやすいのでヘッドセットもといピンマイクタイプのものがあると良い感じです。声も拾いやすい上に環境音(工事や風)のノイズが入りづらいのもgood。

マイクは価格帯がバラバラでどれを買うといいのか分かりづらいんですが、体感3000円~のものだと安心して使える感じがします。
それ以下の価格はノイズだったり音割れだったりが酷いリスクがあるので、購入する際は事前リサーチをしっかりと。

カメラ

ゲーム画面とは別に、プレイヤーとして自分の顔を映したい場合に必要になるアイテム。
配信する場合顔出しは必須ではないので、ここら辺は好みが分かれそうなところですね。
facerigなんかの3Dモデルとリンクさせるには必要になるので、Vtuberを目指したい方は購入しておきましょう!

カメラとして使う機材はUSBで接続するWebカメラが一般的ですが、最近ではIphoneをwebカメラとして使用できるアプリも存在するみたいです!
webカメラを買おうとすると少し値が張ってしまうので費用を抑えたい方は試してみても良いかもしれません。

オーバーレイを用意しよう!

オーバーレイってなんぞや?という方のために説明すると、配信画面とかでよく使われてる枠みたいなやつです。
配信画面を懲り始めるとチャット欄やTwitterその他情報なんかを表示したくなってくるんですが、ただ配置しても情報がバラバラになっちゃってまとまりがないんですよね。
そんなときオーバーレイがあれば情報を綺麗にまとめて見やすくできる上に、デザイン次第で自分らしさを表現した配信ができちゃうんです!
上の画像は僕が前の配信で使ってたサンプルです。この時は夜配信がメインだったので大人がよく行くバーの雰囲気で作ってました笑

オーバーレイ、配布します

なんとなく必要性がわかってもらえたような気がするオーバーレイ。
ただ、オーバーレイって自分で作ろうとするとめちゃめちゃ大変なんですよね!好みやら配置やらを一からデザインしなきゃいけないので、画像制作慣れてない人からしたらちょっと敷居を高く感じてしまう…。

そんな方のために!簡単な構成ではありますがオーバーレイを作成しました!
ここに載せているオーバーレイは自由に使ってもらってOK、使用許諾もいりませんしクレジットもいりません。(再配布はやめてね)
色はとりあえず3パターン用意してみました。メイン画面のサイズは16:9に調整してあるので他のゲーム配信に使うのも勿論可能。
好みに合わせて使ってもらってOKなので気軽に配信試したい方は良かったら使ってみてください!

Infoには今何をやっているか、chatにはyoutube上のチャット画面をそれぞれ表示すればOKです。
上の空いた部分はカメラ画面かアイコンを貼って個性を出していきましょう!

おわりに

以上!簡単な必要なものの紹介でした!
具体的な配信の方法についてはまとめてくれているwikiがあるのでそちらを参照すればOKです。

繰り返しますが、オーバーレイは再配布以外は自由に使っていただいて大丈夫です!再デザインももちろんOK。
他にも「こういうデザインが欲しい…」という要望については有償にはなりますが作成可能なので、何かありましたら僕のTwitterに気軽にDMを送ってください!

ついでに宣伝しちゃいますが、普段自作のオーバーレイを使った生配信もしてます。
僕の配信では犬の3Dモデルを使ったキャラクターを動かして配信画面に投影してるので、Vtuber的な配信に興味がある方は何かの参考になるかもしれません。
とりあえず配信をまとめた動画を1本おいておきます。お昼の0時30分と夜によく配信してるのでよかったら遊びにきてくださいねー!

 

それでは!また次の記事でお会いしましょう!

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る