上達方法

【スマブラSP】どう凌ぐ?復活台から降りた相手の無敵時間のやり過ごし方

皆さんこんにちは、あとりえです。

突然ですが皆さんは相手が新しいストックになった直後に発生する無敵時間はどんな行動を取っているでしょうか?

行動パターンは無限にあり、人によってどんな行動を取るかは異なると思います。

今回は、どうすればこの相手の無敵時間を無傷、または低ダメージで凌ぎやすいかを実例と共にご紹介させてもらおうと思います。

パターン1 ジャンプ

キャラにもよりますが、個人的にかなり推奨している選択肢です。

ウルフ等の空中横移動が優秀なキャラや、ゼロサム・シークの下Bのようないわゆる”3つ目のジャンプ”を持っているキャラは特にこの択が有効です。

この選択肢を強いところは、ジャンプ自体を読まれたとしても、その後の選択肢(空中回避・2段ジャンプ・空中軌道を変えるような必殺技等)を自由に選ぶことができるという点です。

ただし、こちらが撃墜%で相手のキャラが強力な空上や上スマ等の対空技を持っているときなどは注意が必要です。

この記事を制作するにあたって様々な有名プレイヤーの動画を見ましたが、多くのプレイヤーがこの選択肢を選んでいたように思います。

パターン2 地上回避

読まれていなければ強い選択肢です。

無敵時間の相手はリスクなしで攻撃を振れるため、復帰台から降りると即攻撃を振ってくる傾向があります。

そこに横回避などを合わせて、相手の攻撃を凌ぐことができる場合があります。

さらに、予めガードを張っておき、それを崩そうとする相手の掴みをその場回避/横回避で避けるというテクニックもあります。

しかし、この選択肢は読まれた場合かなり大きな攻撃を喰らってしまいやすいところが難点です

前項のジャンプであれば喰らいにくい相手のスマッシュ攻撃等も、横回避やその場回避を読まれた場合は簡単にそれらの攻撃に当たってしまいます。

通してしまえば地上に居るまま無敵時間をやり過ごすことが出来るのでアドバンテージは大きいですが、リスクがあることも承知の上で使ってもらえればと思います。

パターン3 崖に掴まる

この動画はかなりキャラ限定の極端な例ですが、崖を掴んだ直後に発生する無敵時間を生かして相手の無敵時間をやり過ごすという方法もあります。

相手が無敵時間ならばこちらも無敵時間を作ってしまおうという考え方です。

こう聞くと最適解に見えますが、この選択肢はお互いの無敵時間が切れた後、ほぼ間違いなくこちらが不利状況から読み合いがスタートしてしまうという難点を抱えています。

そもそもこのゲームは崖に掴まっている側が弱く崖上で待っている側が強いゲームなので、こちらが不利なのも当然です。

しかし逆に言えば、この不利な読み合いを一度制すだけで、相手の無敵時間を無かったことにできます。

さらに、動画の例のように崖付近に設置できるような飛び道具等を置いておくことで、多少崖上がりの読み合いに勝ちやすくすることもできます。

使用キャラや状況次第ではかなりベターな選択肢だと言えます。

パターン4 ダッシュ

こちらの使用キャラが相手のキャラより足が速い場合に有効です。

一度相手と逆方向にダッシュすることが出来てしまえば、相手は追い付くことが難しくなります。

デメリットと言えば、ラインを失ってしまう点くらいでしょうか。

ダッシュ方向を読まれたときは横回避やジャンプ等で誤魔化してみると良いかもしれません。

相手より足が速いキャラを使っている場合は積極的に使っていい選択肢だと思います。

パターン5 高速移動・テレポート

こちらもキャラ限定になってしまいますが、ピチューの高速移動やパルテナのテレポートなど、一瞬でキャラの位置を変えることができる技があればそれを使うのもアリです。

ピチュー/ピカチュウの上Bもテレポート系の上Bも使うことを読まれても最終的な着地点はどこになるかをこちらが選ぶことが出来る点が強力です。

中には台を使った着地キャンセル等のテクニックがある技も存在し、こういった特別な移動手段での拒否は強力でしょう。

ただし、こちらも場所を読まれて一点読みで大きいスマッシュを置かれる場合があるので、そこは相手との読み合いということで。

まとめ

無敵時間の相手との対峙は、当然ですがこちらが圧倒的に不利なので、攻撃をもらわなければラッキー程度に考えて、攻撃をもらってしまっても仕方がないと割り切ることも大切です。

ただ、その中でも、攻撃をもらいにくい選択肢がいくつかあるということが今回の記事でお伝えしたいことでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Atelier

Atelier

あとりえ。PNG所属プロスマブラプレイヤー。関西を拠点とする強豪であり、前作ではロゼッタ&チコ使いとして「ウメブラ」31回大会優勝の実績を持つ。JPR日本ランク14位。

RELATED関連記事

トップに戻る