【スマブラSP】新仕様の回避を攻略!使い方やテクニック紹介

こんにちは、あばだんごです。

スマブラSPおもしろすぎる、ということで今回の記事は回避の使い方です!

初心者の方は回避の使い所わかんない、中級者以上の方はもっとうまく回避を使いたい。

そんな人たちに参考にしてもらえればと思います。

地上の回避

空中回避が1回まで、移動空中回避ができる仕様変更がありました。

しかし地上回避も結構仕様が変わっているので注意が必要です。

その場回避

隙が少なくガードが弱いスマブラSPの地上その場回避は、非常に重要な反撃確定を取れる回避となりました。

なぜかというとその場回避の硬直を攻撃でキャンセルできるようになったからです。

その場回避の後にシールドを展開する場合と弱攻撃を出す場合を比べてみましょう。

その場回避の後にシールドを展開する場合と弱攻撃をした場合では、弱攻撃の後のほうが速く動いてるのがわかりますよね?後半のモーションをキャンセルしています。

キャンセルできる技は弱攻撃、強攻撃、スマッシュ、各種B技です。掴みとシールドとジャンプではキャンセルできません。

掴みはもちろんのこと、ガードすると困難な技もその場回避に成功すれば反撃を取ることができます!ジャスガの難易度はかなり高いので、まずはその場回避の後に弱を擦ってみると強さがわかると思います。

前回避と後ろ回避

スマブラはとりあえず回避を使うといいと教える人もいるぐらいですが、スマブラSPの回避は結構複雑です。

使えば使うほど回避にペナルティがついて性能は悪くなります。

その上スマブラSPでは後ろ回避が弱くなりました。前回避のほうが速く、後ろ回避のほうが遅くなっています。下の動画はわかっている人は見なくても大丈夫です。

逃げようと思って後ろ回避を擦っても全然速くないし、回避にペナルティまでついてしまうということが起こりうるのです!

崖際の後ろ回避なども確認しやすくなっています。逃げるときはよく考えた上で後ろ回避を選択しましょう。余裕があれば後ろ回避より前回避を選択したいですね。

通常空中回避の使い方

移動空中回避が目立っていますが、通常空中回避も使い所があります。

ぜひ違いに注目して使いこなせるようになりましょう!

なお違いは下記の表の通りです。(スマブラSPECIAL検証wikiより)

コンボをくらってるときに使う

通常空中回避は移動空中回避に比べて着地隙が小さいです。

お手玉のコンボをくらっているときに移動空中回避をしてしまうと、着地隙の大きさからその後再度コンボに繋げられてしまうことがあります。

通常空中回避で避けてしまえば、着地隙は10Fしかないのでコンボを抜けた後に再度狩られる、ということが少なくなります。

もちろん横軸をずらしてしまえば大丈夫なコンボには移動空中回避で大丈夫ですが、移動空中回避をしても追いつかれる連携には意図的にスティックを入力しないようにしましょう。

復帰中に移動空中回避をしたら復帰できなくなってしまうときの代替回避

上の表の通り、移動空中回避は通常空中回避より全体フレームが長いです。

相手の復帰阻止に対して移動空中回避を使ってしまうと戻れない距離になってしまう場合、通常空中回避を使う必要があります。

移動空中回避の使い方

空中でシールドと方向を入力することで使うことができます。

復帰で使って崖に掴まる

移動空中回避は使った後の硬直中に崖に掴むことができます

クロムやクラウドなどの上B復帰に大きな隙が発生するキャラは、移動空中回避で復帰できるなら移動空中回避を使ったほうが速いし良いです。

速さもそうですが、空中回避の無敵の後に掴むので普通の上B復帰より狩られづらいというメリットもあります。

着地狩りを拒否する

移動空中回避は空中移動の慣性を全て消して移動することができます

簡単な例を言うとステージの右端に着地するためにスティックを右に倒して空中移動を最大にしても、左に移動空中回避を使えばその右方向に働いている慣性を無視して左にいけます。

ふらふら落下して真ん中に落ちて迷うよりは、相手に逃げるように空中移動して最後に移動空中回避の2択をしかける、というのもありです。

おわりに

初心者~中級者の方には役立つ回避の使い方やテクニックを紹介しました。

とりあえず回避を擦って強かった前作よりも、かなり癖の強い仕様になってるので大変だとは思います。

この記事を参考にうまくなってくれたら嬉しいです(^o^)

Abadango

書いた人:Abadango

あばだんご。忍ism所属プロスマブラプレイヤー。国内外における数々の大会で活躍し、前作スマブラforWiiU最終日本ランキング1位、世界ランキング15位に輝いたトッププレイヤー。主な使用キャラはインクリング・メタナイト・ワリオなど。

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る