【スマブラSP】防御力を底上げ!相手に浮かされた時の対処法について伝授します

どーも!Raitoです。

スマブラの勝利パターンとして、お互いが五分の状態から技を差し込んで相手を浮かし続けるというものがあります。

基本的に浮かされた側はシールドが使えず、技も空中攻撃と必殺技に限定されるため地上にいる時に比べて圧倒的に不利です。

この不利状況で浮かされ続けるとあっという間に%を溜められて、崖に出されて撃墜されてしまいます。

この着地狩りの展開について基本となる部分は以前のあとりえ君の記事に詳しく解説があるので、合わせて読んでみてください!

この記事では、着地狩り展開で更に防御力を底上げするための細かいテクニックについて紹介していきます。

ジャンプは温存しておく

よく浮かされた直後にジャンプを早く消費してしまう人がいますが、この早期ジャンプ消費は後の展開を考えると最悪の展開に繋がりかねません。

早めにジャンプを消費してしまうとその後ジャンプによる相手の攻撃の避けが使えないため、相手に縦軸を合わせられるだけで着地狩りが何度も行われてしまいます。

この状態で再度浮かされてしまうとジャンプが復活せず、%が溜まってしまうとジャンプが無い状態で崖外に出されてそのまま復帰阻止…なんてこともあり得ます。

ジャンプを残しておけば、着地狩りの状況で軸を合わせられてもジャンプ移動で軸をズラせるので、防御力アップに繋がります。

またジャンプが気が付いたら消えていたという状況にも常に気をつけましょう。

相手のコンボ中にジャンプを選択して、ジャンプの出始めに追撃が間に合ってしまうことで起きてしまう現象ですが、そもそもジャンプを連打してしまうとこの状況に陥りやすいです。

ジャンプはギリギリまで温存する。この意識は常に強く持っておきましょう。

ジャンプを残しておけば別の追撃でダメージが増えてしまっても最悪の状態は回避できます。

倒れ吹っ飛び状態を解除する

以前書いた急降下回避のテクニックの記事にも書きましたが、相手に吹っ飛ばされると倒れ吹っ飛び状態になります。

この状態では急降下を入れられず、受け身を取らないとダウンになってしまう大変危険な状態です。

基本的にはジャンプか攻撃、回避等で解除をすることになりますが、ジャンプや回避をここで使ってしまうと着地狩りのフェーズでこれらの動きが使えなくなってしまうので、基本的には攻撃を入力して解除することになります。

(上級者がよく吹っ飛ばされた後空中攻撃を出していますが、これらは倒れ吹っ飛び状態を解除するための動きです。ちゃんと意味があります)

倒れ吹っ飛び状態を解除すると急降下が使えるので、相手の追撃のタイミングをズラすのにとても便利です。

解除する時は技の全体フレームが短いものを選ぶようにしましょう。

例えばインクリングが技を使って解除する時は空上よりも空Nの方が全体フレームが短くてスキを晒しづらいです。

隙が長い技を手癖で打ってしまうと相手の追撃を避ける際に苦しくなってしまうので、どの技を出すべきかは自キャラと相談して飛ばされた時に即解除するクセを付けられるようにすると良い感じです。

崖に逃げる

着地狩りのシーンは基本”避け”の作業に徹することになるので、浮かされた側が圧倒的不利な状態であることには変わりありません。

前作スマブラforWiiUほど着地する側が苦しい状態が作られることは減りましたが、浮かされると辛いターンが続くのは変わらず。着地狩りが継続してしまうとダメージをどんどん重ねられてしまいます。

少しでもつらい状況が続きそうだと思ったら即座に崖に逃げましょう!

そのあとの崖上がりの展開でダメージを食らうことはあっても浮かされ続けて不利展開が続くよりはマシなことが多いです。

立ち直しの基本はまず崖に逃げること。特にジャンプを失った状態や落下が遅く地上に戻るのが難しいファイターの場合は崖に即逃げしないと最悪の状態になりかねません。

たまに暴れを通す

空中がいかに不利とはいえ、浮かされた側が攻撃を通さないと、ジャンプ攻撃を合わせられ続けて不利展開が続いてしまいます。

そんな時に便利なのが暴れ行動です。浮かされた状態で攻撃を通すことができれば相手を逆に浮かせて有利展開を作ることにもつながります。

相手が追撃をするために空中に飛び出している場合はガードが使えないので、暴れを通す最大のチャンスです。判定が強い技を上手くかち当てて反撃を取っていきましょう。

また、暴れは地上の相手がガードを貼っていると反撃を取られやすくなってしまいますが、着地の間際に攻撃を振ることで後隙を減らして相手の反撃を避けやすくなります。

ただし、暴れはあくまで苦しい状況を脱するための手段。

暴ればかり選択してしまうと当然相手には技の後隙を利用して対処されてしまいます。

一度暴れが通ったからとって暴れしかしないと最悪の状況になりかねないので、あくまで裏の選択肢として暴れ行動を選んでいきましょう。

おわりに

今回は浮かされた状況で使える防御手段について紹介していきました。

ファイターの性能面からみると、落下がそもそも早いファイターや空中で追加移動ができるファイター(ゼロサムやパルテナ等)は特に着地狩りに強い側面を持ち合わせています。

浮かされてからの展開が辛いと感じる場合はそれらの着地狩りに強いファイターを選んでみるのも良いかもしれませんね。

それでは!また次回の記事でお会いしましょう!

Raito

Raito

ライト。EVO2018・2019と2年連続でTOP8入りを果たした世界最強ダックハント使い。国内外の数々のトーナメントシーンで活躍し、PGR世界ランク20位/日本ランク4位に輝く。

RELATED関連記事

トップに戻る