【スマブラ】空中攻撃はAボタン?Cスティック?空中攻撃の操作のコツ!

こんにちは、あばだんごです。

今日はガチ勢にとっては当たり前だけど、初心者の人は意外と知らないCスティック空中攻撃 (右側のスティックで出す空中攻撃) ついて書いていきます。

これを知らないと、小さなプレイングの差が積み重なって撃墜時には大きな差ができてしまいます。

Switch版の新作スマブラからガチ勢を目指す方も、この記事をきっかけにCスティックで空中攻撃を出してみてください。

空中攻撃をスティックで出すとメリットたくさん!

スマブラの空中攻撃は空中にいる状態でAボタン(+Lスティック)で出せますが、実はCスティックでも空中攻撃を出せます。

実はほとんどのガチ勢は空中攻撃をコントローラのCスティックで出しています

なおGCコン・New 3DSではCスティックですが、プロコン・クラコンではRスティックがあります。

以降この記事では特別な表記がない限りは、Rスティックを含む右側のスティックをCスティックと呼びます。

メリット1: 空中移動の慣性を最大限に活かせる

Cスティックを使う1番のメリットとして空中移動の慣性を最大限に活かせることが挙げられます。

例えば左に向かいながら空上を出すとしましょう。

それをAボタンで出そうとすると左移動に使っているLスティックを一度上にしなくてならず、空中移動の慣性をなくしてしまいます。

Cスティックで空中攻撃を出すと、Lスティックで空中移動を最大限にしつつ、好きな方向の空中攻撃を出すことができます

こうしてガチ勢はCスティックで空中攻撃を出して、細かい間合い調整をしているのです!

引きながら空中攻撃を出せる

反撃をくらわない空中攻撃のコツを教えてください

このよくある質問の答えはCスティック空中攻撃です。

ガチ勢は空中攻撃をCスティックで出しながら、Lスティックで相手から遠ざかるようにして空中攻撃先端を当てています

こうすることでAボタン+Lスティックで移動しながらじゃないと出せない空中攻撃などを引きながら出せるのです。

ジャンプと同時にCスティックを使うならZジャンプがおすすめ!

Aボタンじゃないとジャンプと同時に空中攻撃出せなくない…?

そんな疑問を解決するのがZジャンプです!

Zジャンプなら人差し指でZ+親指でCスティックでいつでもジャンプと同時に空中攻撃を出せます!

詳しくはZジャンプのススメをご覧ください!

メリット2: 急降下しながら空中攻撃を出せる

引きながら出せるのと同じくらい、急降下しながら空中攻撃を出せるのもメリットです。

スマブラがうまい人って急降下を有効活用しているように見えますよね?

それはスティック操作が速いだけじゃなくて、Cスティックで空中攻撃を出しているから速く見えるんです。

ガチ勢は空中攻撃をCスティックで出すことで、急降下空中攻撃の難易度を下げています

スマブラWiiU/3DSでは空中攻撃後に急降下が解除されてしまう

スマブラWiiU/3DSでは空中攻撃をすると、これまでにしていた急降下が解除されてしまいます。

例えば急降下→空上→急降下という入力をAボタンの空中攻撃ですると、↓↑↓のLスティックの入力が必要になります。

しかしCスティックで空中攻撃を出せば、Lスティックの入力は↓↓だけで済むのです!

急降下をやりやすくするCスティック空中攻撃、マスターするしかないです!

Cスティックじゃなくてボタンで出す空中攻撃は?

ここまでCスティック空中攻撃のメリットを語ってきました。

しかしAボタンのほうが楽で、Cスティックを使わなくてもいい場合もあります。

空中ニュートラル攻撃 (空N)

ただ方向入力をしないただの空中攻撃です。

スマブラWiiU/3DSでは斜めに入力することでCスティックでも空Nが出せます。

Cスティック空NよってLスティックによる移動を最大にしつつ空Nを出すことが出来ます。

しかしSwitch版のスマブラスペシャルではこの仕様が無いため、今から矯正する必要は無いでしょう。

移動する方向に出す空中攻撃

空中前や空中後ろなど、自分が移動する方向に空中攻撃を出す場合はAボタンでも構いません。

むしろCステ空N暴発もなくなるので、こちらのほうがいい場合もあります。

例えば相手の跳びを落とすシークやミュウツーなどの上り空前はAボタンでもいいでしょう。

おわりに

ガチ勢じゃない人や3DSでしかスマブラをしてこなかった人には馴染みのないCスティック空中攻撃を紹介しました。

これを使っていない上位勢はほとんどいないのでぜひマスターしてください!

もっと向上意欲がある人はスティック空中攻撃を最大限に活かせるZジャンプキーコンなども試してみてくださいね。

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る