【スマブラ3DS/WiiU】最強キャラランキング【決定版】20位〜11位

現役トッププレイヤーが選ぶ「大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ) for Nintendo 3DS/WiiU」の最強キャラランクを発表します!

Switch版スマブラSP(Special)の発売直前の総括として、スマ4の参戦ファイターをそれぞれSmashlogメンバー5名による投票により、コメント付きでキャラランクを決定しました。

▼46位〜最下位
【スマブラ3DS/WiiU】最強キャラランキング【決定版】46位〜55位
※46位〜最下位のみ順位の高いファイターから順に紹介しています。

▼45位〜33位
【スマブラ3DS/WiiU】最強キャラランキング【決定版】45位〜33位

▼32位〜21位
【スマブラ3DS/WiiU】最強キャラランキング【決定版】32位〜21位

今回は、20位から11位までのキャラランクを発表します。

キャラランク決定版20位〜11位

強キャラ、準強キャラ、上位キャラとも言われますね。

強いことには強いんですが、最上位に入れない理由が何かしらあるようなキャラたちです。

20位 ピクミン&オリマー

ピクミン&オリマー

ピクミン&オリマーの強いところ

投げや弱、空中攻撃を絡めた高火力が魅力。0%で掴んで気づいたら50%以上溜めることも。

ピクオリの立ち回りの肝となる横Bは相手を動かす能力が高く、中でも紫ピクミンは攻撃判定があるため超強い。白ピクミンも相手に張り付いたら火力が高い。この横Bによって、ピクオリの掴みやジャンプ読みが活きてくる。

撃墜手段も空後ろや空上、スマッシュ、更には青ピクミンの上投げと豊富。撃墜困難に陥ることがほとんどない。

ピクミン&オリマーの弱いところ

ピクミンの判定が弱く、ほとんどの攻撃とかち合うと負けてしまう。引き掴みや横スマッシュなどのリーチ差を押し付けたり、先出しで相手の技を潰すなどをしなくてはいけない。

ピクミンの判定の弱さが足を引っ張り、着地や崖上がりが極端に弱い。着地狩りや崖狩りの展開でピクミンがいなくなってしまうと更に弱くなる。下Bを使ったアーマーや、暴れや回避のセンスが問われる。

復帰も攻撃判定があるわけではないので、シークやベヨネッタを始めとした復帰阻止が強いキャラに対して苦しい場面が多い。

掴みは他のワイヤー掴みほどではないが、弱い部類に入る。

黄色ピクミンの利点がほとんどない。相手を捌くときに致し方なく使うときはあるが、ほとんど捨てるためその手間がもったいない。

ピクミン&オリマーの有利・不利キャラ

横Bで相手を動かせることから、オリマーより機動力のない格下はほとんど作業気味に勝てる。

持ち前の高火力によって、ほとんどの不利キャラであろうキャラにも大会なら相性関係ない勝負をできるのが魅力。

ただしロゼッタ&チコやカムイなどのピクミン&オリマー最不利と思われるカードはキャラ変えせざるを得ないかもしれない。

ピクミン&オリマーの総括

弱点のほうが目立つようではあるが、横Bによる立ち回りの強さと高火力で相手を圧倒するキャラクター。

ストレスを感じる着地や崖上がり、復帰は使い手のセンスと運 (下B) が試される。

19位 ダックハント

ダックハント

ダックハントの強いところ

B技で相手を動かせるのが強い。ガンマンや缶で相手をガードさせれば掴めるし、相手がジャンプしたところを攻撃しにいっても強い。

缶を絡めたコンボ火力も高く、普通の投げのダメージも缶で上乗せすることも可能。

缶を用いた撃墜拒否も強い。自分より後ろに缶を置いて相手の長いコンボを阻止したり、自爆缶のように相手の攻撃と一緒に缶の爆発をくらうことで相手をジリ貧に持ち込むことも可能。

横回避も最速組なので、飛び道具を抜けられてもなんだかんだでごまかせることが多い。

ダックハントの弱いところ

立ち回りを缶に頼る場面が多いため、缶の処理が早いキャラ相手は主導権を握りづらい。

強力な撃墜手段がないため、撃墜困難に陥りがち。使い手のセットアップの研究や、相手の崖上がりや回避の癖読みをしないと早期撃墜はできない。

復帰に使う上Bは攻撃判定がなく、一緒に復帰する缶がないと自爆すらできない。一定の低さで缶がない状態まで吹っ飛んでしまうと詰むことも少なくはない。

ダックハントの有利・不利キャラ

持ち前のB技の弾幕の強さにより、機動力が遅いキャラ相手の多くに有利を取れる。マリオぐらいの足やリーチなら触られないようにできる。

不利キャラで特筆すべきはベヨネッタ、クラウド、シーク。ベヨネッタは、ウィッチタイムをする機会が多く、復帰阻止もきつい。クラウドは、台上のリミット溜めに対する解答がほとんどなく、撃墜レースでも差が出やすい。シークは空前の押し付けや缶処理、針待ちなどで立ち回りが勝てず、外に出されてからの復帰阻止も最高クラスに苦しい。

ダックハントの総括

B技、特にNBの缶を使ったセットアップが豊富なキャラクター。相手がこのキャラを知らなければ、読み合いを放棄して一方的に戦える。

試合前にいろいろやることを考えたい人、理詰めしたい人に向いている。

18位 ルキナ

ルキナ

ルキナの強いところ

剣キャラならではのリーチと判定を押し付けられる。復帰ルートが限られているキャラ相手には空後ろのリーチと判定を押し付けるだけで復帰阻止できる。

立ち回りでやることはさほど多くないが、掴みと横Bや空中攻撃先端などのシンプルな攻撃で相手を崩すことができる。

空中の上Bは出だしに無敵がついていて、崖掴まりの際に上Bの判定が崖上に出るため復帰が強い。

マルスと違い、剣のどこでも吹っ飛びが同じのため、先端を意識する必要がないため使いやすい。低%で相手を復帰阻止したいのであればルキナのほうが楽である。

ルキナの弱いところ

下方向への暴れが弱く、空中攻撃先端を押し付けられないと着地が心もとない。また着地があまり強くないので崖上りジャンプの択が弱く、安定して崖を上れない。

マルスと違い、剣の先端の吹っ飛びが変わらないためパワーに欠ける。

ルキナの有利・不利キャラ

ルキナの空中移動に付いて来れず、空中攻撃先端を押し付けられるキャラや復帰弱者には有利がつけられる。

ルキナの空中移動よりも速く、着地狩りのときにめり込むスピードがあるキャラや、崖狩りで圧倒できるキャラには不利になる。着地狩りで言えばクラウドやロゼッタ、崖狩りで言えばシークやディディーコングが不利に当たる。

ただ超ガン不利で無理なキャラはいないと思えるのは良いところである。

ルキナの総括

マルスの剣先のほうが明らかに吹っ飛ばしが強く、劣化キャラとして見られることが多い。

しかし扱いやすさや低%の復帰阻止のしやすさで差別化できる。

17位 ピカチュウ

ピカチュウ

ピカチュウの強いところ

リーチこそ短いものの機動力が高く、技の発生などが優秀のため立ち回りが強い。掴んでからのコンボや、強判定の空上による着地狩り展開維持も強い。

上Bの電光石火の移動距離が長く、復帰と復帰阻止が強い。復帰弱者に対してぐいぐい復帰阻止にいける。

電光石火は立ち回りを構成する上でも強く、差し込みや相手の攻撃を拒否するのにも使える。

体の小ささも強いところと言えるだろう。ありとあらゆる行動の姿勢が低めで、掴みや攻撃の判定が高めの位置だと透かすことができる。

ピカチュウの弱いところ

空上を除くほとんどの攻撃がリーチに乏しい。自分よりリーチの長い相手には純粋なダッシュガード掴みや、ごまかしの横回避や電光石火で崩す必要がある。

なによりピカチュウの1番の弱点は撃墜困難であるところである。吹っ飛ばしの1番強い上スマへ繋ぐセットアップは相手の受け身ミスのダウン連しかない。上投げ雷はステージの端から反対方向へ吹っ飛ぶようにベクトル変更されると撃墜できないことも多い。

ピカチュウの有利・不利キャラ

機動力が高いので、ピカチュウに追いつけないキャラ相手や復帰が弱い相手に有利を取りやすい。上位キャラで有利なのはフォックスやリュウ。どちらもピカチュウにコンボや復帰阻止を決められやすい。

不利キャラの中でも特にきついのはミュウツーとソニック。ミュウツーはリーチと撃墜能力の差が激しく、いくらダメージレースを頑張っても最後には撃墜されてしまう展開が多い。ソニックにはそもそもスピン待ちを崩す手段に乏しく、崩したとしても復帰阻止はほとんどできないので、最終的に投げ撃墜などでやられることが多い。

ピカチュウの総括

立ち回りや復帰、復帰阻止など申し分ない性能をしているが、撃墜という面で非常に割りを食っているキャラクター。

撃墜困難を解消し、やられなければどうってことはない、と思われる状況を打破できるかが強いピカチュウになる鍵となる。

16位 ルイージ

ルイージ

ルイージの強いところ

投げ始動のコンボ火力が高い。重量級や落下が速いキャラは1度掴んだら50%近く、または上B撃墜まで持っていくこともある。

ダッシュ掴みは距離が長く、なおかつ発生が早い弱と対となるため通しやすい。

NBによる牽制能力も高いので、相手を動かせないこともない。

くらい硬直が短くて3Fで発生する空Nを持っているためコンボ耐性が高い。

サイクロンメテオと呼ばれる下Bの疑似メテオが強力で、外に出した相手をダメージ関係なく倒せる可能性がある。

ルイージの弱いところ

空中移動が遅いため、着地狩りに弱い。コンボ耐性があるとはいえ、暴れても攻撃できない位置取りを相手にされると着地狩りされやすい。

また空中移動が遅いので復帰阻止にも弱い。どこかのタイミングで下Bで上昇したり、横Bで距離を稼がないと帰れないことが多いため、その後隙を復帰阻止されやすい。

ルイージ特有の滑る仕様により、ガードノックバックが大きくなってしまう。そのため強力な飛び道具を持つ相手に近づくことが難しい。

ルイージの有利・不利キャラ

ルイージを圧倒できるほどの機動力がないキャラや、掴み合いで火力負けするキャラ、下Bサイクロンで簡単に復帰阻止できる相手などには有利。

最不利キャラはミュウツーとロゼッタ&チコ。ミュウツーはシャドーボール、ロゼッタはチコの壁を突破できず、更に復帰阻止も強力のため勝つことがかなり難しい。

ルイージの総括

防御面に明確な弱点があるが、掴みを中心とした高火力が魅力で上Bやサイクロンメテオなどの一発逆転も狙えるキャラクター。

防御面が弱いので、ジャストシールドでいかに弱みを隠し、高火力に繋げられるかが強くなる鍵。

15位 ルカリオ

ルカリオ

ルカリオの強いところ

スマブラ4のほかほか補正と相まって、高%になったときの波導補正が魅力。誰も手を付けられない。上投げコンボから2択で倒せたり、崖際波導弾で相手を詰ませられたりする。

序盤の立ち回りはダッシュガードやしゃがみ歩き、引き掴み等の性能が高いため、決して弱いわけではない。

ルカリオの弱いところ

自分のダメージが溜まっていないと、どの技も貧弱。撃墜できずに相手のダメージが溜まってしまうと、逆に相手のほかほか補正によって早期撃墜されてしまいやすい。

着地が空中回避と空ダNBに頼らないと行けない部分が多く、強力な着地狩りを持っている相手に苦戦しやすい。

強キャラの中では立ち回り自体は強くはないので、弱キャラ相手にも作業プレイで安定して勝つ、といったことができないのがたまにきず。

ルカリオの有利・不利キャラ

明確な撃墜技がなく、ジリ貧に陥りやすいキャラ相手には有利を取りやすい。

クラウドやゼロスーツサムスのようにダメージを溜めずとも撃墜できるキャラを持っているキャラは、不利になりやすい。

ルカリオの総括

強いところ弱いところなど書いてきたが、どんな相手でも壊せる可能性を持っているキャラクター。

安定とは程遠いキャラだが、上振れしたときの強さはとてつもない。

14位 ピーチ

ピーチ

ピーチの強いところ

技の単発のダメージが高く、空中攻撃を絡めたコンボの火力が高い。投げコンボやピーチ独自の仕様の浮遊との相性も良い。

また浮遊を用いた復帰阻止も強い。浮遊で高度を維持したままの高精度の復帰阻止はピーチならではである。

ピーチの弱いところ

地上の移動速度が少ないため、差し込み手段に乏しい。DAなどをパなさなければいけない場面が少なくない。

着地は浮遊があってタイミングをずらせるとはいえ、落下が遅くて下方向への暴れも少ないので弱め。

復帰も浮遊があったとしてもルートがかなり限られるため、復帰阻止強者相手には心もとない。

ピーチの有利・不利キャラ

外に出して浮遊復帰阻止をループできる相手には有利を取りやすい。また浮遊に対して明確にリスクをつけられないキャラ相手にも浮遊からの高火力を押し付けて有利を取りやすい。

不利キャラはベヨネッタやゼロスーツサムスが特にきつい。浮遊に対するリスク付けがしやすくて火力が高く、復帰阻止もできないのでピーチの強みを活かしきれない。

ピーチの総括

移動速度や着地の弱さを浮遊でなんとかするテクニカルなパワーキャラクター。

操作が難しいパワーキャラを使いたい人にはおすすめ。

13位 マリオ

マリオ

マリオの強いところ

基本性能がほとんど並以上の性能をしていて、どの攻撃も癖がなく使いやすい。初心者にもおすすめしやすいのはこのため。

投げからのコンボ火力が高い。一度掴んだら50%近く溜めることも可能である。コンボの締めが上方向に飛ばすものも多く、着地狩り掴みでループ性も高いのも良い。

高%になったら後ろ投げか上スマのシンプルな読み合いで撃墜できるのも強み。

マリオの弱いところ

ほとんど並以上の基本性能のマリオだが、最上位と比べると機動力に劣ってしまう。

空中攻撃で全然倒せないのも足を引っ張る。他の上位キャラに見られるような早期撃墜が空中攻撃ではできず、上Bの変更ミスや空前メテオという数少ない機会を得なくてはいけない。

相手に触りにいかないと倒す手段も乏しい。結局掴みか上スマを当てなきゃ倒せない、ということがあるので、撃墜には常にリスクが伴う。

マリオの有利・不利キャラ

マリオの機動力についてこれず、コンボが入りやすいキャラ相手にはほとんど有利は取れる。しかし弱点で上げたように、安定した撃墜択はないので作業気味に勝てる相手はほとんどいない。

不利キャラはマリオより上位の足が速いキャラほとんどで、中でもマルスやソニック等には触ること自体が難しく、圧倒されてしまうこともしばしば。

マリオの総括

シンプルながら掴みと上スマで撃墜が成り立つ基本的なキャラクター。

煮詰めれば煮詰めるほど最上位キャラとの機動力の差がきつくなるが、プレッシャーのかけ方次第で掴みと上スマを通して戦える。

12位 カムイ

カムイ

カムイの強いところ

空中攻撃を始めとした剣の攻撃判定が硬い。そのため着地狩りがとても強い。またリーチもかなり優秀で、ガードさせたら反撃困難なものがほとんどである。

リーチ長くて発生が早くてフォローもきく横Bは、カムイの立ち回りを構成する上で最重要であり、ダメージソース、牽制、撃墜、何でもこなせる。横Bを使うだけで完封できるキャラがいるほどである。

ほかほか補正がたまった空上やNB、また横B先端などでも早期撃墜が狙えるため逆転性能も高い。なんだかんだ上投げで倒せるところも横Bや空中攻撃を当てやすくする。

カムイの弱いところ

空中移動と地上移動が遅い。速ければ今でも超強い横Bが手を付けられなくなってしまうのはあるが…。

空中移動が遅く、復帰で空後ろを使わないと距離を稼げないので復帰ルートが限られがちである。

空中移動が遅いので、着地が純粋な暴れか回避になることも弱点の1つになるだろう。対カムイでは着地狩りでジャストシールドを狙うので、それを見越してすかし着地掴みや横Bを混ぜる必要がある。

カムイの有利・不利キャラ

持ち前の着地狩り性能から、カムイの空Nや空上に対して着地できないキャラ相手には有利を取りやすい。横Bの作業だけで勝てるような鈍足キャラ相手にも有利。

着地狩りが強いカムイであるが、同様に着地も狩られやすい部類なので、着地狩りが強力なクラウド、シーク、ディディーコングなどのキャラには不利。

カムイの総括

超万能な横Bと空中攻撃で立ち回りと着地狩りが超強いキャラクター。

不利キャラ相手には着地や復帰を工夫してなんとか延命し、一発逆転を狙う。

11位 リュウ

リュウの強いところ

誰がどう見ても高火力なのがリュウの強いところである。技の単発ダメージが高く、コンボにも繋ぎやすくて流れで空下メテオや昇龍拳で撃墜できることも多い。

技の相打ちや昇龍拳、セービングでのゴリ押しが強く、多少のダメージを物ともしない攻撃力が魅力。

小足や肘などの技の発生も早く、他のキャラよりもジャストシールドのリターンが高い。

リュウの弱いところ

空中移動の自由度が低く、立ち回りや復帰、着地に足を引っ張る。

立ち回りではこの空中移動の自由度の低さから、空中攻撃の先端を押し付けて作業するような立ち回りができない。

復帰や着地では、空中移動の悪さから復帰・着地ルートが乏しい。セービングがあるから単発技は耐えれるものの、単発じゃない技に対してはもろい。

ほとんどの技がずらしやすく、ずらしが上手い人に対してはコンボでの撃墜が難しくなる。

リュウの有利・不利キャラ

リュウに対して明確な撃墜手段がないキャラは、最終的に撃墜レースにリュウが勝てるため有利を取りやすい。

最上位キャラ相手はほとんど不利だが、持ち前の火力で大会では無視できるほどである。特に苦しいのはロゼッタやソニックなどのふわふわしてる上位キャラで、立ち回りもきついのに肘からの昇龍拳はかす当たりになりやすく明確な撃墜手段がない。

リュウの総括

細かいことは気にせず、高火力でぐいぐい攻めていけるキャラクター。

大会ではどんな相手も昇龍拳でぶっ壊せる可能性があるので、コンボや高火力好きな人におすすめ。

11位〜20位のまとめ・総括

上位キャラに当たるので、

  • 明確で強力な撃墜手段がある
  • 立ち回りが強い

この両方またはどちらかを兼ね備えているキャラクターが多くなります。

しかし最上位になれない理由として、

  • 撃墜手段に乏しい
  • 復帰が弱い
  • 最上位に立ち回り負けする

といったことが挙げられます。大会ではほとんど無視できるほどの相性差ですけどね。

大規模大会でなければ、単キャラで優勝が狙える強キャラと言えますね!

次回はついに最上位です、お楽しみに。

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る