【スマブラSP】パックンフラワーの性能評価 | コンボ・立ち回り・各種攻撃解説

みなさんこんにちは、キシルです。

今回は、ブルード選手(@Broodt)に監修いただき、パックンフラワーの解説を行います。

パックンフラワーについて

パックンフラワーはマリオシリーズに登場する敵キャラクターで、珍しいことに雑魚敵というポジションからの参戦です。

独特な性能を持つ必殺技に加えて、強力なスマッシュ攻撃を持つ重量級のトリッキーなキャラクターです。

パックンフラワーの出し方

ダウンロードコンテンツとして購入することで入手可能です。

弱・強攻撃性能

弱攻撃

攻撃 ダメージ 発生F
弱1 2.88% 2F
弱2 2.64% 2F
弱3 5.28% 7F
百烈攻撃 0.72%×n+4.08% 3F

弱攻撃は発生が早くて使いやすく、パックンフラワーの立ち回りの軸となる技です。

当てた後は攻撃ボタンを押しっぱなしにすることで隙が少なく相手をダウンさせやすい弱3に、攻撃ボタンを連打するとダメージの高い百烈攻撃が出せます。

発生の速さを活かして相手の攻撃の隙を突いたり、自分の攻撃の後隙をカバーしたりと攻守にわたって活躍するので多用していきましょう。

強攻撃・DA

攻撃 ダメージ 発生F
横強攻撃 6.6%+7.2% 7F
上強攻撃 10.8%/8.4% 8F
下強攻撃 8.4%/7.2% 9F
ダッシュ攻撃(DA) 12%/8.4% 10F

横強攻撃

横強攻撃は前方に噛みつき、攻撃ボタンを追加入力することでもう一度噛みつきます。弱や掴みよりも離れた位置の相手に届くので、距離に合わせて使い分ける形で使えます。

ガードされてしまっても2回目の攻撃を出さなければ隙が少なく、2回目の噛みつきを警戒する相手が固まっているうちに逃げやすいため、リスクの少ない技でもあります。

上強攻撃

上強攻撃は左右に頭を振る対空技です。攻撃中は頭部分が無敵になります。地上の相手には当てにくいですが、上から攻めてくる相手を迎撃するのに使うと非常に強力です。

当てると序盤は空中上攻撃などで追撃が狙え、130~150%近くまで蓄積している相手には撃墜も狙えるので覚えておくといいでしょう。

下強攻撃

下強攻撃は足払いをして相手を浮かせます。発生はやや遅めですがリーチが長く、空中前攻撃に繋げてコンボが狙えます。

自分から当てに行くのは難しいですが、高く浮かせたり、追撃から場外に出したりしやすいので当てることが出来れば強力な技です。

ダッシュ攻撃(DA)

ダッシュ攻撃は一瞬で大きく移動するタイプの攻撃範囲の広いダッシュ攻撃です。

上にも攻撃範囲が広く、ジャンプしている相手にも当たりやすい特徴を持っています。そのため、相手の着地際を狙ったり、逃げようとする相手に飛び込んだりする使い方が有効です。

ガードされても相手の後ろに回り込みやすいですが、隙は大きめなので過信しないように気を付けましょう。

空中技

攻撃 技名 発生F
空N 2.4%×3+3.6% 8F
空前 13.2%/10.8% 10F
空後 17.4% 14F
空上 9.6% 7F
空下 13.2% 9F

通常空中攻撃(空N)

通常空中攻撃は回転して葉っぱで上下左右に攻撃します。当てるとパックンフラワーの向いている方向に吹っ飛ばし、ダッシュで追いかけて追撃が狙えます。

攻撃持続時間が長く、攻撃範囲も広いため、小ジャンプから相手を飛び越えるように飛び込んだり、後ろにいる相手に攻撃したりと攻撃にも防御にも使用できます。復帰阻止でも当てやすく、相手を横に吹っ飛ばすため非常に強力です。

着地隙が大きいのが難点ですが、それを差し引いても便利な技なので積極的に使ってみましょう。

空中前攻撃(空前)

空中前攻撃は土管(植木鉢)を下から振り上げます。リーチは長めですが、下から振り上げるので地上の相手には当てにくいです。

吹っ飛ばしは弱めでなおかつ当てにくい、と使いづらい印象を受けますが、様々な攻撃を当てた後のコンボとして使えます。

下強や通常必殺技を当てた後に追いかけるようにして出すことで確定で当てやすいので練習しておくといいでしょう。

空中後ろ攻撃(空後)

空中後ろ攻撃は後ろ向きに火を吐く攻撃です。

他のファイターの一般的な空中攻撃と比べて後隙も着地隙も大きい技ですが、それに見合った撃墜力を持っています。崖端にいる相手ならば100%に満たない%で撃墜が狙え、%が溜まっていればステージ中央だろうと撃墜が狙えます。

攻撃範囲はそれほど広くはありませんが、上下にも少し広いので地上や台上の相手には当てやすいです。横方向にはあまりリーチがありませんが、着地際に引きながら出すことで後隙を多少はカバーできます。

相手の隙を狙いながら慎重に使っていきましょう。

空中上攻撃(空上)

空中上攻撃は小さく上に頭を振り上げます。

序盤は通常必殺技や更に空上に繋げてコンボに、終盤はジャンプ力を活かして高い位置で当てれば撃墜が狙えます。

攻撃範囲が狭めで当てにくいですが、後隙が少なめなので気軽に使える空中攻撃です。この技で回避を誘って、本命の上スマッシュなどを当てていきましょう。

空中下攻撃(空下)

空中下攻撃は土管(植木鉢)を叩きつけるメテオです。技を出した瞬間の先端部分を当てるとメテオになり、それ以外は真横に吹っ飛ばします。

メテオ部分の範囲が狭く当てにくいですが、発生が早く持続も長めなので一部のファイターへの復帰阻止としては優秀です。

メテオとしての使い方以外にも浮かされた時の暴れにも使えたりします。

掴み・投げ

攻撃 ダメージ 発生F
掴み打撃 1.68% 1F
前投げ 3.6%+9.6% 13F
後ろ投げ 13.2% 19F
上投げ 6%+14.4% 19F
下投げ 3%+3.6% 20F

掴みは標準的な性能で使いやすいものになっています。相手が弱やダッシュ攻撃などを警戒してガードを固めやすいので、そこを狙うことで掴みやすくなります。

投げで特筆すべきなのは上投げで、130~150%前後で撃墜が出来る強力な投げです。

パックンフラワーの技は撃墜力が高いものが多いですが、それらが上手く当てれずになかなか倒せなくても、最後は上投げで撃墜が狙えるので撃墜に困ることは少ないでしょう。

掴み打撃もしっかり入れておくとダメージを水増し出来てさらに撃墜しやすくなるので覚えておくといいと思います。

下投げは低%の相手には空前を繋げるコンボに、前投げ・後ろ投げも直接撃墜は狙えませんが場外に投げて復帰阻止の流れを作れるため使う機会は多いはずです。

投げの使い分けをまとめると、最初は下投げから空前でコンボを、中盤は前投げ・後ろ投げで外に出して、%が溜まり切ったら上投げでトドメを狙っていきましょう。

スマッシュ攻撃

攻撃 ダメージ 発生F
横スマ 22.8%/18% 16F
上スマ 3.6%+14.4% 12F
下スマ 14.4%/16.8% 12F

横スマッシュ(横スマ)

横スマッシュは頭部分で思いっきり殴り飛ばします。この技も攻撃中は頭部分が無敵になります。吹っ飛ばしが非常に強く、攻撃範囲も広い強力なスマッシュです。

この技は上にも攻撃範囲が広いため、ジャンプで避けられたりしにくく、飛び込んでくるところを打ち落としたりする使い方も可能です。

首の部分が当たると吹っ飛ばしが弱くなってしまうので、可能ならば頭部分を当てるように意識してみましょう。

上スマッシュ(上スマ)

上スマッシュは上方向に噛みつくパックンフラワーらしい技です。

上方向への攻撃範囲が広く、この技も攻撃中は頭部分が無敵のため、上からの攻撃には一方的に打ち勝ちます。

吹っ飛ばしも非常に強く、軽いファイターならば70~90%程度しか溜まっていなくても撃墜が可能です。

地上の相手には当てにくいですが、出始めは左右に巻き込む判定が発生するのですぐ隣に立っている相手には当てることが出来ます。

大きく%に差がついていても逆転を狙える大技なので、飛び込んでくる相手に対して当てられるようになると勝率アップ間違いなしです。

下スマッシュ(下スマ)

下スマッシュは土管(植木鉢)を振り回して前後に攻撃します。

吹っ飛ばし力は並みのスマッシュ程度ですが、相手を低く真横に飛ばすことが出来るので崖際の相手に当てると撃墜しやすいです。

また、後ろ側は吹っ飛ばし力が高いため、上手く当てることが出来れば強力な撃墜手段となります。

比較的に癖が少なく使いやすいので、前後に攻撃判定が出ることを活かして受け身や回避を読んで使うのに便利です。

必殺技

攻撃 ダメージ 発生F
NB 16.8%/21.6% 8F
横B 1.44%+n 20F
上B 1.44%+n 13F
下B 10.08%〜31.2% 19F

通常必殺技(NB)

通常必殺技の「シューリンガン」は鉄球を浮かせて相手にぶつける技です。技を出してから横にスティックを入力することで鉄球をその方向に吹き飛ばして攻撃します。

Bボタンを押し続けることで鉄球を浮かせ続けることが出来、タイミングや高度・飛距離を調整することが出来る少々複雑な技です。

横に飛ばした鉄球は威力が高く、場外の相手に当てることで簡単に撃墜が狙えます。

また、鉄球は出した直後から攻撃判定が出ているので上からの攻撃を迎撃することが出来ますし、吹き続けている最中に攻撃を受けると鉄球をその場に落として、触れた相手にカウンターのような形で当てることも可能です。

ちなみに、横にも飛ばさずにBボタンを放すことで鉄球を飲み込んでキャンセルすることもできます。キャンセルすると後隙が少ないので覚えておきましょう。

このように扱いが複雑な必殺技ですがとても強力なので、単純に飛び道具として、復帰阻止で場外の相手に、崖に掴まってる相手にぶつけたりと様々な使い方を試してみてください。

横必殺技(横B)

横必殺技の「ポイズンブレス」は相手を吹っ飛ばしたりはできませんが、範囲内に入った相手に大ダメージを与えます。

溜めることでダメージ・攻撃範囲・持続時間が強力になり、溜め状態はジャンプやガード(シールド)、回避でキャンセルして保持しておくことが可能です。

相手が全く怯まないので普通に使っても逃げられてしまいますが、煙幕として煙の中に身を隠したり、相手を掴みや弱で引き入れて大ダメージを狙ったりと様々な読み合いを仕掛けることが出来る面白い技です。

相手の崖上がりや着地際などの動きが制限されているところに出して、相手を追い詰める使い方がオススメです。

上必殺技(上B)

上必殺技の「リーフローター」はかなりの長距離から戻ることのできる復帰技です。

ほとんどの位置からこの技だけでステージに戻ることが出来るので、距離が足りなくて復帰が出来ないということは滅多にないでしょう。

ただ、スピードが遅く、攻撃判定もあまり強くないので復帰阻止されやすいのが弱点です。

空中ジャンプや各種必殺技でタイミングをずらすことで復帰の仕方を工夫することが求められます。

下必殺技(下B)

下必殺技の「ロングレンジパックン」も癖の強い必殺技です。溜めてから一定時間がたつか、ボタンを放すと首を伸ばして噛みつきます。

その間に左右のどちらかに向きを変えて角度を変えることが出来ますが、一度角度をつけると戻すことが出来ないので注意してください。溜めてしまえば威力は高く、相手との距離が離れているほど強くなります。

溜め中は15%以下の攻撃を耐えるアーマーがつくので、相手の攻撃を耐えて反撃という使い方も可能です。

ただ使っても後隙が大きく避けられやすいので、相手の体勢を崩して着地狩りで使ったり、逆にこちらがピンチの時にアーマーを利用した逆転を狙って使うのが主な使い方になるでしょう。

パックンフラワーの長所・短所

パックンフラワーの長所

パックンフラワーは上から攻めてくる相手を迎え撃つのが得意なファイターです。

シューリンガンや頭が無敵になる技で、上からの攻めを許さないことで相手の動きを制限しながら戦えます。

地上の相手にも弱、ダッシュ攻撃、通常空中攻撃と優秀な技が揃っているため、そう簡単には崩せないでしょう。

撃墜の選択肢の豊富さとパックンフラワーの重さが相まって、体重差で最後まで諦めずに粘り勝つことが出来るのも大きな長所です。

パックンフラワーの短所

受けるのが得意なファイターですが、自分から攻めるのは少し苦手です。

回転率の高い飛び道具や反射技でシューリンガンやポイズンブレスが出しにくい展開になると苦しいでしょう。

また、復帰距離は長いものの復帰阻止を受けやすいため、メテオが強力なファイターには早期撃墜されやすいのも弱点となります。

総括

シューリンガンと強力な対空攻撃による待ちが強いファイターです。

ポイズンブレスや強力な通常攻撃で相手に揺さぶりをかけて、動いたところを迎え撃つのは非常に楽しいです。

少々癖が強い部分もありますが、使いやすい弱攻撃や強力な上スマッシュなど、通常攻撃にも魅力的な技も多いのでそういった部分にも目を向けて是非一度使ってみることをオススメします。

Kishiru

Kishiru

キシル。「ウメブラ」や「闘龍門 極」などの国内大会をはじめ、海外大会の日本語実況など多くの大型大会でマイクを任されているスマブラ専門の実況解説者。プレイヤーとしてもピカチュウ全一の実力を持つ現役トッププレイヤーの一人。

RELATED関連記事

トップに戻る