上達方法

【スマブラSP】初心者が忘れがちなスマッシュを当てやすくする5つのポイント

こんにちは、あばだんごです。

今回の記事はスマッシュを振りまくってしまう初心者を脱した人向けです。

スマッシュは隙が大きいから振らないほうがいいと教えられ、実際にスマッシュを振らなくなっていませんか?

今回の記事では、改めてスマッシュを振ってもいい、振ったほうがいいポイント大きく分けて5つ紹介します!

①当たれば正義!読みという名のぶっぱなしスマッシュ

ジャンプ読み、ダッシュ読み、ガード解除読みなど、とにかく理由をつけてぶっぱなします。

スマッシュをぶっぱなすときのポイントとしては、ローリスクハイリターンのときにスマッシュをしましょう。

相手にガードされても避けられても自分が撃墜されないようなときに、当たれば撃墜するようなスマッシュです。

自分低%相手高%のときに何回も試行回数を重ねられるのがぶっぱなしの強いところです。

またウルフの横スマやアルセーヌ状態のジョーカーの横スマなど、ガードされても比較的後隙が短いスマッシュもぶっぱなしに向いています

ファイターによってはこれらの行動に対して避ける以外にリスクをつけれないので、近距離で狙える場面でぶっぱなしてみましょう。

②反撃確定のスマッシュ

相手の隙の大きい行動に対して、反撃確定のスマッシュです。

基本的にはシールドキャンセルが使える上スマでの反撃が多くなります。

ジャストシールドができるのであれば横スマや下スマも使える場面は増えます。

自分の使うファイターのスマッシュがどれだけの範囲をカバーできるか、発生はどれぐらいなのか把握しておきましょう。

横スマや下スマの発生が優秀なファイターはガード解除の11フレームを加味しても反撃とれることもあります。

③着地狩りのスマッシュ

相手を浮かした着地狩りの展開もスマッシュのチャンスです。

対空で直接打つスマッシュ

フォックスやマリオの上スマなど、強判定や無敵が付いている上スマが狙いやすいです。

一度相手の暴れに勝つような対空の上スマを見せると、相手は回避をしたくなるのでその後の読み合いも有利に運べます。

相手の暴れや回避をステップで誘った後の着地隙を狩るスマッシュ

インクリングやクロムなど、足が速くて横スマのリーチがあるファイターはこれを狙いやすいです。

相手が空中ジャンプを使った後は、回避か暴れしか択がないのでより積極的に狙ってもいいかもしれません。

④回避の後隙にスマッシュ

回避の後隙もスマッシュで狩るチャンスです。

一番の狙い目は、その場回避でしょう。

その場回避のリターンが高いゲームなので、密着時にその場回避をする癖がたいていの人にはあります。

相手の攻撃をガードした後、相手が不利フレームを嫌がってその場回避をするならそれを確認して発生の早い上スマッシュが打てます。

掴みを意識させてダッシュからその場回避を誘って横スマや下スマなんかも良いです。

相手のその場回避のタイミングを観察しておいて、ここぞというときにスマッシュが打てるといいですね。

⑤ガケ上り狩りのスマッシュ

相手のガケ上り時はスマッシュのチャンスです。

一番狙いやすいのはその場上りと攻撃上りに対して、ガードしながら相手が上ったのを確認して発生の早い上スマです。

ウルフの上スマはその場上り、攻撃上り、回避上りも狩れるので超強いです。最強の位置。

スマブラSPは攻撃上りに無敵が発生まで付いていて、切り返す択として強いのでよく使われます。

攻撃上りをシールドキャンセル上スマで待機しながら、その場上りに対しても上スマで合わせられたらベストです。

また回避上りも相手よりステージ内側に戻れる強めの行動なので使われやすいです。

その場上りや攻撃上りよりも回避を見てからスマッシュをするのは難しいのである程度読んでいる必要はあります。

おわりに

以上でスマッシュを当てやすい場面の紹介を終わります。

どの場面でもこれをすれば絶対にスマッシュを当てられるっていうものではないので、あくまで相手との読み合いということを意識してください!

自分がスマッシュを振るプレイヤーだということを相手にアピールできれば、掴みやジャンプ読みも通しやすくなるのでぜひ要所でスマッシュしてみてください(^o^)

Abadango

Abadango

あばだんご。忍ism所属プロスマブラプレイヤー。EVO2019では3500人中9位の成績を収めるなど、国内外で広く活躍するトッププレイヤー。PGR世界ランク40位/JPR日本ランク10位。

RELATED関連記事

トップに戻る