BEGINNER

【スマブラSP】使えたらカッコいいけど初心者にはおすすめしづらい「高難度ファイター」5選

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

みなさんこんにちは、キシルです。

初心者向けファイターについては頻繁に語られていますので、今回は逆に、初心者にはおすすめしづらいと感じるファイターをまとめたいと思います。(※あくまで個人の見解です)

難しいファイターというのは非常に魅力的でかっこよくて…つい使いたくなる方も多いでしょう、僕もそうです。

もちろん自分が惚れたキャラクターならばどれだけ難しくても挑む価値はありますが、負けが続くと苦しいのも当たり前ですね。

この記事に載ったキャラを使って初心者が負けるのは、それは初心者のせいじゃない!このキャラは難しいんだよ!ということを発信したいなと思います。

ではいきましょう!

初心者におすすめしづらいファイターの特徴

①操作が難しい

代表的な要素がやはりこれですね。

特に複雑なアドリブコンボを要求されるキャラクターは操作が難しくなりがちです。

  • 相手のベクトル変更を逐一確認する必要がある
  • コンボの始動技が多岐に渡る
  • 蓄積ダメージによってコンボが変わりやすい

このように、投げからの確定コンボやある程度決まり切ったコンボがある訳ではなく、状況によって臨機応変なコンボ選択が求められるキャラクターはおすすめしづらいです。

また操作の難しさの中にはコンボ以外にも、キャラ特有の操作が必要なパターンが挙げられます。

このあと紹介するキャラにも一部含まれますが、スマブラには一部でキャラ限定の特殊な操作を求められるパターンがあります。

これに該当するキャラは他のキャラよりも難易度が高くなりがちです。

②復帰阻止の重要性が高い

こちらも代表的な条件かと思いますが、復帰阻止での撃墜が重要になるキャラクターは難易度が高くなりがちです。

初心者向けキャラクターの条件に「撃墜が簡単」「投げ撃墜がある」などが上がりやすいですが、その真逆の属性と言っていいでしょう。

着地狩りや崖攻めではなく復帰阻止を取り上げている理由は、復帰が特にキャラによって違いが大きすぎるからです。

タイミングがシビアだったり、判定によって狙う技や当て方を変えないといけなかったり…復帰阻止はかなり複雑なので、初心者にはあまり積極的に狙わせたくないですね。

③飛び道具に弱い

初心者の鬼門の一つが飛び道具です。

飛び道具にある程度対抗手段を持っているキャラクター(反射持ち、動きが速い、こちらも飛び道具を持っている等)であったとしても、飛び道具にストレス無く戦うのは難しいです。

それなのにキャラクター自体が飛び道具を苦手としているとかなり苦しいですよね。

飛び道具に苦しめられるキャラクターなのであれば、他にかなりの要素が揃っていないと初心者にはおすすめしたくないと個人的に感じます。

初心者におすすめしづらいファイター5選

上記を元に、キシルが考える初心者におすすめしづらいキャラクターを紹介していきます。

シーク

おすすめしづらいキャラクターとしてまず思いつくのはやはりこのキャラクターではないでしょうか。撃墜困難とアドリブコンボだらけの二重苦です。

撃墜できる技がかなり限られるため、どうしても復帰阻止に手を出さざるを得ません。

また、単発火力がかなり低めなので、コンボを習得しないと火力レースに敗北しやすい上に、コンボはアドリブコンボが多いという高難易度っぷりです。

そもそもシークを動かすために、速い動きや間合い調整が求められ、加えて判定負けしやすいために技ブンブンに負けやすい点も難易度を高めていますね。

僕がこのキャラクターを初心者に能動的におすすめすることはまず間違いなく無いでしょう。

メタナイト

こちらもシークと近い苦しみを抱えています。

撃墜しやすい技や差し込みやすいダッシュ攻撃を待っているあたりはシークより恵まれています。

しかし、復帰阻止の重要性が高い点、単発火力が低くアドリブコンボを求められる点、判定が弱めで技ブンブンに負けやすい点は共通しています。

シークの針のような使いやすい飛び道具を持たないため、人によってはメタナイトの方が難しいと感じる方もいるかもしれませんね。

また、多段ジャンプの風船系ということで、尖ったダッシュ攻撃と合わせて、立ち回りがなかなか独特です。

メタナイトから他のキャラへ移行する際に、メタナイトで培った立ち回りを流用しづらいというのもおすすめしづらいポイントかもしれません。

マルス

「先端が強い」という敷居が高そうなコンセプトから始まるキャラクターです。

難しい間合い管理が求められますが、さらに、根本ヒットだと撃墜力がかなり落ちるため、撃墜困難にも陥りやすいです。

上記2キャラ同様、復帰阻止に行く必要が生まれてきますね。

また、マルスは若干飛び道具を苦手としている節があります。ふわふわとした動きと、ダッシュからの速い差し込みが少ない点が原因ですね。

飛び道具を掻い潜る必要がある上に、先端で攻撃しないと火力も伸びづらいということで、難易度の高さは明確なのではないでしょうか。

ピーチ/デイジー

前述の固有テクニック、「浮遊」を持つキャラクターです。

とにかくボタン入力が複雑で、浮遊を使わずにピーチ/デイジーの強みを活かすことは困難であるため、難易度はかなり高めと言えるでしょう。

総合火力はかなり高めのファイターですが、それも浮遊を使ったコンボが重要なので、とても初心者が練習するようなコンボではありません。

株投げ→ダッシュ攻撃、下投げ→空後、空下→空前ぐらいで打ち止めでしょう。それでも結構な火力ではありますが。

また、ピーチは飛び道具を割と苦手としているキャラクターです。

動きが遅めな上に、浮遊含め入力が忙しいため、飛び道具に被弾してしまうことが他のキャラよりも増えがちです。

操作の難しさと合わせて、やはり初心者におすすめしづらいキャラクターですね。

ベヨネッタ

コンボキャラで知られるベヨネッタ。

実際コンボは横必殺技と上必殺技を混ぜるレベルであればそこまで高難易度なアドリブコンボというほどではありません。

しかし、撃墜困難な点は致命的で、ローリスクに触れるような撃墜技は空後ぐらいしかありません。

スマッシュを振りづらい点は初心者にとってかなり苦しいです。

さらに、上記の難しさに加え、現状ベヨネッタは強くないと評価されている点も大きいです。

同じような評価を受けているキャラクターと比較すると、ベヨネッタだけ抜けて難易度が高いのではないでしょうか。

最後に

5体のキャラクターを紹介しましたが、まとめていると僕がメインとしているピカチュウは全然おすすめできる部類に感じてきましたね…。

アドリブコンボが多いと言えどある程度何でも繋がりますし、使いやすい撃墜技もあるので。

最後まで読んでくださった皆様ありがとうございました!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人