ファイター攻略

【スマブラSP】撃墜レースを大きく左右する強力な投げ撃墜キャラまとめ

みなさんこんにちは、キシルです。

今回は、撃墜レースで非常に大きな影響を及ぼす、投げ撃墜の話をしたいと思います。

強力な投げ撃墜を持っているかどうかでそのファイターの評価が大きく変わる上に、どのような性質の投げ撃墜を持っているかによって、撃墜争いの考え方も変わってきます。

この記事では投げ撃墜にまつわる立ち回りの知識・戦略の解説と、スマブラSP参戦ファイターの中で強力な投げ撃墜を持つキャラと技をご紹介します。

投げ撃墜が強い理由

まずは前提として抑えておきたいと思います。

シールドによる撃墜拒否を許さない

最もシンプルな理由は、シールドに最短でリスクをつけられることです。

撃墜争いでラインを追い詰めたり、フレーム的な有利を取ったりと、明確な有利状況を作っても、投げ撃墜が無ければ、「とりあえずシールドを張ればその場での撃墜はない」という解答を相手に与えることになります。

特にフォックス戦やクラウド戦においてはありがちな状況ですよね。

しかし、ここで投げ撃墜を持っているファイターであれば、掴みによるプレッシャーがあるので、シールドを安定行動ではないことにできます。

確定反撃の撃墜力が増す

撃墜争いでは、「ガードされても撃墜されるほどの反撃はない撃墜技」というのはとても強力です。

リーチや着地隙の優秀な空中攻撃や、後隙の優秀なスマッシュ、ダッシュ攻撃などが該当しがちですが、そういう技を持っているファイターはそれを軸に撃墜の読み合いを作ることができます。

この理屈は裏を返すと、撃墜力の高く使いやすい反撃の選択肢を持っていれば、撃墜争いに強くなれることを意味します。

代表例はシールドキャンセルから出る撃墜技のことで、リンクの回転切りや、ルキナのドルフィンスラッシュ、フォックスの上スマッシュなどはわかりやすい例でしょう。

今挙げた例ほどではないですが、掴みはシールドキャンセルから出せる選択肢として、最速で10Fということで、それなりの性能になっています。

なので、投げ撃墜を持っていれば最低限の反撃力を備えていることになります。

リーチの長い空中技も、深めにガードするなどの工夫と合わせることで、撃墜のリスクを与えることができるでしょう。

この二点は当たり前のことではありますが、投げ撃墜を持っているファイターと持っていないファイターの撃墜争いの違いとして最も顕著な部分だと思われますので、改めて確認していただきたいと思います。

投げ撃墜の性質と持っているファイター

投げ撃墜にはそれが前方向への撃墜なのか、上方向への撃墜なのかなど、いくつか分類ができると思います。

その性質を確認した上で、それぞれ持っているファイターをまとめたいと思います。

基本的に最強な上方向撃墜

上方向へ吹っ飛ばす投げ撃墜はわかりやすく最強です。

なぜかというと、どこで掴んでも変わらないからです。上方向に強力な投げ撃墜を持っていれば、ステージのどこにいても常に掴みの圧力をかけられます。

これは僕の感覚ですが、150〜160%ぐらいの上方向撃墜なら寿命を与える撃墜力という感じで、安定感あるね!という評価ですが、120〜130%あたりで上方向撃墜してくると、いや撃墜力高いな!ってなります。

上方向への投げ撃墜を持つファイターをまとめます。

  • ピクミン&オリマー:青ピクミン上投げ
  • ガオガエン:上投げ
  • リュカ:上投げ
  • カービィ:上投げ
  • ロボット:上投げ
  • ゼルダ:上投げ
  • ドンキーコング:リフ後ろ投げ
  • リザードン:上投げ
  • ミュウツー:上投げ
  • パックンフラワー:上投げ
  • カムイ:上投げ
  • リンク:上投げ
  • スネーク:下投げ→上強
  • ピカチュウ:上投げ
  • アイク:下投げ
  • インクリング:上投げ→上空中攻撃(一部ファイター限定)
  • サムス/ダークサムス:上投げ
  • キングクルール:上投げ

ピクミン&オリマーは吹っ飛ばしならば最強の上投げを持っていますが、青ピクミンでなければならないという難しさも抱えています。

キャラの個性が現れていて面白いですよね。

追い詰めた際の圧力が増す前方向撃墜

ラインを詰めたときや崖攻めでの圧力が一気に増すのが前方向にふっとばす投げ撃墜です。

上方向と違って横方向は掴んだ場所によって撃墜力が大きく変わりますが、それが前方向の撃墜ならば相手を崖端まで追い詰めることで、意図的に強い状況を作り出すことができます。

ワンパターン補正をかけないように大事にしながら相手を追い詰めて、崖攻めで存分にその圧力を活かしたいですね。

それでは前方向に強い投げ撃墜を持つファイターをまとめたいと思います。

  • ガオガエン:横必殺技
  • シモン/リヒター:前投げ
  • ピット/ブラックピット:前投げ
  • シュルク:撃状態前投げ、撃状態下投げ
  • スネーク:下投げ→横強攻撃(一部ファイター限定)
  • ゲッコウガ:前投げ
  • フシギソウ:下投げ→上必殺技

最後の詰めで強力な後ろ方向撃墜

後ろ投げによる撃墜は前方向の撃墜と異なり、意図的にふっとばしを活かすことが難しいです。

自分が追い詰められている状態では相手は自由なので、掴みなど警戒し放題です。

追い詰めた状態で後ろ投げをくらい、崖端だから撃墜されました…という場面では、さすがに掴まれた側にミスがある場合が多いでしょう。

もちろんその他の撃墜が強力だったり、着地狩りでめくり(相手の後ろ側に回り込んで)掴みを通された場合だったり、掴んだ側が上手いパターンもいくらでもありますけどね。

後ろ投げの撃墜がその性質上活きやすいのは、ダメージを十分に溜めて相手を仕留めにいくシーンだと思います。

というのは、相手のめくり行動にリスクをつけられるからですね。

不利状況になっても、移動回避で内側に潜り込んだり、とりあえず崖から回避上がりでラインの広い側に回り込めば、一点読み以外では撃墜はされない…そういう状況は結構あります。

それに対して一点読みでさらに内側に回り込んでの横スマッシュなどが通せれば撃墜はどのキャラでもできますが、それはあくまで一点読み。他の選択肢を通してしまうことになります。

しかし、後ろ投げの撃墜力が高いファイターならば、見てから追いかけてダッシュ掴みをするだけで撃墜ができます。

これが追い詰めたときの撃墜力の支えになるわけですね。

めくり行動に対して様子見から撃墜ができるために、最後の詰めで真価を発揮する…そんな強力な後ろ投げ撃墜を持つファイターをまとめます。

  • マリオ:後ろ投げ
  • ドクターマリオ:後ろ投げ
  • ルイージ:後ろ投げ
  • ピーチ/デイジー:後ろ投げ
  • ネス:後ろ投げ
  • ゼルダ:後ろ投げ
  • ドンキー:後ろ投げ
  • クッパ:後ろ投げ
  • ピクミン&オリマー:青ピクミン後ろ投げ
  • ガオガエン:後ろ投げ
  • ゼニガメ:後ろ投げ
  • フシギソウ:後ろ投げ
  • ミュウツー:後ろ投げ
  • トゥーンリンク:後ろ投げ
  • むらびと:後ろ投げ
  • しずえ:後ろ投げ
  • パルテナ:後ろ投げ
  • シュルク 撃後ろ投げ
  • ウルフ:後ろ投げ
  • キングクルール:後ろ投げ
  • ジョーカー:後ろ投げ

ズルしないで欲しい「空中から出せる」投げ撃墜

なんと世の中には空中から掴み属性の技を出せるファイターがいるようです。

ズルしないで欲しいですね…褒めてますよ。

飛んだらとりあえずシールドを張って…!という拒否さえも許さない、空中から出せる掴みはこのゲームでは非常に強力。

あろうことかそれによって撃墜できるファイターを紹介します。

  • ルカリオ:横必殺技
  • ガオガエン:横必殺技
  • クッパ:横必殺技
  • ワリオ:通常必殺技
  • キャプテンファルコン:上必殺技
  • ガノンドロフ:上必殺技
  • リドリー:横必殺技

最後に

考えてみれば当たり前のことが多かったとは思いますが、それぞれの投げ撃墜の特徴を再確認するいい機会になっていれば幸いです。

最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました〜!

Kishiru

Kishiru

キシル。「ウメブラ」や「闘龍門 極」などの国内大会をはじめ、海外大会の日本語実況など多くの大型大会でマイクを任されているスマブラ専門の実況解説者。プレイヤーとしてもピカチュウ全一の実力を持つ現役トッププレイヤーの一人。

RELATED関連記事

トップに戻る