【スマブラWiiU】足が遅いキャラで考える対飛び道具攻略法、基礎編

以前SmashlogTVで飛び道具キャラをどう攻略するかというテーマで動画をアップしました。

基本的な対飛び道具キャラは自分と一致していますが、発生前を叩くなど足の遅かったり、ダッシュ攻撃が伸びないキャラには難しい点もあったので、少し深堀させてもらおうと思います。

自分の使用キャラはリュウで、決して足は速いわけではなく、伸びるダッシュ攻撃も持っていないキャラです。そんなリュウ使いとしての目線で対飛び道具キャラを書いていきます。

足の遅いキャラが対飛び道具キャラで大事なこと

ダッシュと歩きでラインを詰める

ダッシュガードの大切さは先日ライトさんの記事でも紹介してました。

対飛び道具に対しても優秀で、かつ相手の飛び道具に対してダッシュガードができれば、基本的にはラインを楽に詰めることができます。

ただダッシュには入力してから一定フレームにガード不可のタイミングがあります。相手の攻撃のタイミングを見誤るとガード不可タイミングに飛び道具が刺さり痛い目にあってしまいます。

そこで更に安全なのが歩きガードという選択肢。歩き状態ならいつでもガードも攻撃もできるため比較的安全にラインをつめることができます。

そうやってジワジワとラインを詰めてジワジワと有利な状況を作っていきます。

台ありステージによる恩恵

台がある。それだけで近付く手段は普段よりも多くなります。例えば、左右に台が往復するすま村は、台上でガードしてても勝手に相手側に向かってくれます。

直線で差し合いをするより、台を使って立体的にラインを詰めれたほうが当然飛び道具を打つ側も捌きづらくなるはず。

台を使った差し込みをいくつか考えてみると台ありステージが途端に楽しくなります。

付き合ってはいけない行動を把握する

ただがむしゃらに前に出るわけでなく、ときには下がらなきゃいけない場面もあります。

自分のガードが削れたとき。相手キャラのテンプレ行動に付き合いたくないとき。頑張って手に入れたラインを手放す判断も時には必要です。

例えば、むらびとの埴輪やダックハントのガンマンなどが代表的です。各飛び道具キャラの個別の対策はまた後日別記事としてアップするつもりなので、そこで詳しく解説します。

ラインを削りきってからがスタート

相手が崖を背にして、引くことのできない状態。こうなってからいかに展開を作れるかが、火力を取れるかが最も大事なポイントです。

相手のライン回復の択を把握するのが大切です。

・ジャンプで飛び越す
・回り込み回避
・暴れ

それを的確に潰して崖に閉じ込め続ける。崖外に出す!崖攻めで火力をとる!的確に圧力をかけてガンガンリターンをとっていきましょう。

ジャストシールドのコツ

よく質問されるので書き留めておきます。ジャストシールドはガードもほぼ削られず、シールド後の行動も早いという対飛び道具に対して非常に強い性能をもっています。

細かい仕様はこちら(いつもありがとうございます検証Wiki様)

勿論狙いすぎて失敗し、痛い目にあうこともありますが狙うだけの価値は思っているので是非練習してみてください。

シールドの”面”を意識する

シールドはキャラを中心に円形に展開されます。そのシールドの形を意識してジャストシールドをすると比較的やりやすいです。

後ろ向きでジャストシールドする時と同様に後ろの面をしっかり意識します。シールドの大小に従って、位置が微妙に変わるのでそこも意識できるとより良いです。

ジャストシールド判定の最後を意識

ジャストシールドの発生条件は、シールド発生の 1-3Fで攻撃をガードすると発生させることができます。

この3Fのうちの最後のフレームである3F目を狙いに行くと、ジャストシールドを狙いすぎるあまりシールドの発生が間に合わず被弾してしまうケースが減ります。

最悪4F以降でガードしても、通常シールドのため被弾にはならないのでリスクは大幅に軽減できます。

フレームに関して詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ジャストシールドの練習法

実践で狙いたい技に対して狙い続けるのが一番良いとは思っていますが、一応自分が昔やっていた練習法を紹介します。

自作ステージ機能をつかって桶のようなシンプルなステージを作ります。壁に向かって甲羅を投げ、反射した甲羅をジャストシールド!先述したシールドの面をとくに意識します。

前を向いているときのジャストシールドと、背中を向けているときのジャストシールドを両方練習することをオススメします。

さいごに

ここまで書かせてもらいましたが、少しでも参考になったでしょうか。

ある程度テンプレート行動になりやすい飛び道具キャラは対策を煮詰めれば煮詰めるほどパズルのように試合を組み立てることができます。そこに楽しさを感じることができると途端に対飛び道具キャラが大好きになります。

さらにそういった状態に陥ったときに、飛び道具キャラを使う側のプレイヤーも自身のテンプレートを崩したり、強気な択を選択してきます。そういったリズムの変化とそれすらも対応してやろうっていう自身とのやり取りが私は特に大好きです。

冷静に1つ1つ対策を詰んで、なんなら楽しみましょう。

記事内でも書きましたが、自分が今まで考えてきた詳しい対キャラをまた別記事としてあげさせてもらいますので楽しみにしてくれたら嬉しいです。この飛び道具キャラの対処を知りたいなど希望がありましたら可能な限り反映します。ご意見ください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る