いろいろいうけどリツイートがほしい

ウメブラを準優勝したあばだんごです。よしもとゲーミング様からEVO2018サポート券もYogibo様から海外遠征用のネックピローももらったんで実質優勝みたいなものです、ありがとうございます。EVOではTOP8目指して頑張ります。

今日はウメブラのオフレポとかで気持ちよくなろうとかいうのではなくて、最近ちょっとTwitterで思ってたことについて書いていこうと思います。

なぜリツイートじゃなく、いいねで踏みとどまるのか

E3参戦を決めたツイートをしたとき、フォロワーさんはなぜリツイートじゃなくていいねで踏みとどまってしまうんだろう?と思いました。

実に約2.5倍近くの差があります。いいねをするならついでにリツイートもしてほしい自分のエゴを訴えていきます。

なぜならいいねよりリツイートのほうがよりその人をサポートすることに繋がるからです。

いいねの機能はなんだ?

いいねは自分のメモとして利用するには便利でしょう。自分もよくこの記事気になるからいいねに入れて後で見返すとかおもしろい・かわいい・励みになるツイートを後で見返す用にいいねをします。

確実に読んだよということを伝える手段としても便利です。大半は別にいいねを使わなくて済む場合が多いです。気軽にできるのがTwitterですからね。

ちなみにですが、僕のいいね欄の大半はかわいい子で埋め尽くされています。チェックはしなくて大丈夫です。リンク使い代表のTさんは僕のTwitter監視員です。

ちょっとでもいいなと思ったらいいねよりもリツイート

本題です。ちょっとでもいいなと思ったらいいねじゃないんです。ちょっとでもいいなと思ったらリツイート

もちろんいいねも嬉しいし、励みになります。

ただ、どうせなら!ついでにリツイートもしませんか!?

そのいいねを押すという作業をちょっと横にずらしてリツイートを押す簡単なお仕事です。

少しでも応援したいと思うのであればそのいいねボタンから更にリツイートボタンを押してほしいです。

リツイートはフォロワーに届けられる

当たり前なことですが、リツイートをすることで自分が持つフォロワーに届けられます。

なぞべーむさんの記事からお借りした下の画像を見てください。人気と集客力が重要なリソースの一部であると述べています。

参考: 商品としてのプロゲーマーをより魅力的にするための戦略と施策 (なぞべーむ著)

人気と集客力はまず知ってもらわないことには得られません。僕が特にリツイートをお願いしたいのは上図の熱心なファン層、気軽なファン層の人たちに対してです。僕を調子に乗らせていろいろやらせたらおもしろそうだなと思うフォロワー層の人でも構いません。

いいねはツイート本人には届きますが、フォロワーには届きません (Twitter公式クライアント利用者は別)。ここがいいねとリツイートの超えられない壁です。

僕が有益そうな、広めてほしそうなツイートがあればリツイートをして、僕が持っていないあなたのフォロワーを無認知層から認知層、興味層、フォロワー層へ上げる手伝いをしませんか?(という本質は図々しい話であります:D)

僕に関することだけじゃないです。自分がリツイートすることで、自分のコミュニティないし自分がちょっとでも得しそうであれば、ぜひリツイートをしてください。

(今回のリツイートの話からは脱線してしまいますが上記の記事、かなり参考になるのでプロゲーマーやサポートされるプレイヤーを目指す人は是非みてください。僕がリツイートを勧めているこの話よりももっと深くてためになります。)

まとめ

ちょっとでもサポートする気があるならいいねよりリツイート

今日からあなたの黄金のリツイートボタンを押してください。そのリツイートひと手間で喜ぶ人がたくさんいます。

いろいろいうけどリツイートがほしいあばだんごでした。\(^o^)/いいねも両方ください!

ちなみにタイトルはナナヲアカリのミニアルバムから

お気づきの方がいたら嬉しい、僕の仲間です。ナナヲアカリさんの「いろいろいうけどいいねがほしい」というミニアルバムからとっています。いいねよりリツイートのほうがよくね?と勝手に思っていたのもこれを書こうと思った動機です。

「いろいろいうけどいいねがほしい」すごいかわいい曲がいっぱい詰まってるのでおすすめです。アルバムの中で特におすすめが下のインスタントヘヴンです。曲が超かわいい。

別のミニアルバムですが、「ダダダダ天使」という曲もおすすめです。

こちらはピットくんverのダダダダ天使ファン動画。これもかわいい。

トップに戻る