コラム

【スマブラSP】Ver5.0新モード「ホームランコンテスト」好記録の出し方

みなさんこんばんは。keptです。

先日のアップデートからバンジョー&カズーイ、Miiファイターのコスチュームのサンズなどが追加され、大いに盛り上がりを見せています。

そのアップデートにて、ゲームモードが新たに一つ追加されました。そのゲームモードが「ホームランコンテスト」です。

先日の第4回ケプトの定時退社にて、このホームランコンテストに挑戦してみましたが、それはもう散々な内容でした…。(↓時間指定しています)

そこで、今回は反省も踏まえホームランコンテストで良い記録を出すための知識をまとめていこうと思います。それではどうぞ。

ホームランコンテストとは?

3作品前の大乱闘スマッシュブラザーズDXにて、新しい1人用ゲームのモードとして初登場しました。

制限時間内にサンドバックくんにより多くのダメージを与え、ホームランバットでいかに遠くまで飛ばせるかというシンプルなゲームでありますが、長い間一定のユーザーに愛され続けていました。

記録を伸ばすためにすべきこと

何も考えずに挑戦してみると、ケプトの定時退社でお見せしたような悲惨な結果になりかねません。まずはホームランコンテストで良い記録を出すために初歩的な、同時に重要なことを紹介します。

ダメージの高い技を使う

より多くのダメージを制限時間内に稼ぐためには単発の火力が高い技を多く使う必要があります。

使用するファイターが持つ技の中で、単発火力の高い技をいくつかピックアップしてその技を多用すべきです。

一般的に各種スマッシュはダメージが高いものが揃っていますので、とりあえず簡単にそこそこの好記録を出したいという場合は制限時間内にひたすらスマッシュを連打するというのも手の一つです。

ワンパターン相殺を考慮する

少し発展的な内容です。

対戦モードにおいても実装されている仕様であるワンパターン相殺(以下、OP相殺)ですが、このホームランコンテストにおいても同様です。

OP相殺についてはこちらの記事で紹介しています。

要は、同じ技を何度も使うとどんどんその技が弱くなっていくシステムです。

相手のストックを削り切ることが目的の対戦モードと比べて、制限時間内に1%でも多くのダメージを稼ぐ必要のあるこのモードではOP相殺の重要性もかなり高くなってきます。

先程、そこそこの好記録を出したい場合は、スマッシュ連打も手の一つと言いましたが、もうワンランク上の記録を出そうと思ったときには、話が変わってきます。

できるだけたくさんの技を使ったレシピを考えて、好記録を目指しましょう。

バットを投げてダメージを稼ぐ

前作以前のホームランコンテストの好記録の動画を見たことがある方にはお馴染みの戦術だとは思いますが、バットの投擲(とうてき)ダメージでサンドバックくんのダメージを稼ぐ方法です。

今作のホームランコンテストからホームランバットが残り4秒になるまで出現しない仕様に変わっているので、前作以前に比べると本テクニックの重要性は低くなっています。

それでもいかに上手くバットを使うかがホームランコンテストガチ勢(?)との分かれ目になってくるはずです。

バットの投げ方にもよりますが、一回バットをぶつけるだけで15~20%のダメージが期待できます。

そして何よりの強みは、バットを投げるのに必要なフレームも短く、攻撃をしながらバットをキャッチすることができるため、自分の攻撃によるダメージと同時進行でバットの投擲ダメージが入るといった動きが可能な点です。

ホームランコンテストガチ勢になるには必須なテクニックと言えるでしょう。

バットの先端を当てる

%を溜め終わったあと、ホームランバットでサンドバックくんを飛ばす際の当て方によっても飛距離が変わってきます。ホームランバットの先端で当てれば当てるほど、長い飛距離が出ます。

最後にサンドバックくんの位置の調整は時間があれば必ずした方が良いですし、さらに欲を言えばダメージを溜め終わった際にちょうど先端の間合いでバットを持っている状態でいることが理想的です。

根元と先端で7km変わる

どのくらい飛距離に影響するのか疑問に思ったので、実際に検証してみました。

ファイターはパックンフラワーを使用して、横B最大溜めを全段ヒットさせたあとに、初期位置のサンドバックくんに対して根元と先端、それぞれで飛距離を比較してみました。

結果は先端63.082km/根元56.912kmと約7kmの差が出ました。

たった7km、されど7kmなのでよりよい記録を目指す方は必ず考慮すべきポイントであると言えます。

おすすめのファイター

上記の知識をふまえて、keptイチ押しのホームランコンテストおすすめのファイターを紹介していきます。

ガノンドロフ

ホームランコンテストと言えばこのファイターを連想する人も少なくないのではないでしょうか?

どの技も単発火力が高く、浮いてしまったサンドバックくんを下に叩きつけるメテオスマッシュも持っていて、最後のふっとばしにおいてもホームランバットより強力な反転NBを持っています。

お手軽に好記録を出したい方にはまず間違いない性能をしているかと思います。

ロイ/クロム

単発火力はガノンドロフほど高くはないものの、それでも十分なほどの火力を持っています。

そして、特筆すべきはやはりNBのふっとばしの強さ。溜め始めてから最大溜めを打つまでに約4秒かかってしまい、その間ダメージが稼げない点は弱みですが、それでもおつりがでるほどの距離を飛ばしてくれます。

ピーチ/デイジー

上記2ファイターとは対照的に、単発火力ではなくコンボ火力で大ダメージ・好記録を目指すタイプです。

下Bで生成できる蕪を使ったテクニカルなコンボが必須なため、ホームランコンテスト上級者向けのキャラと言えるでしょう。

高難易度と引き換えにかなりの高ダメージが期待できるので、ピーチ/デイジーの扱いに自信がある方は好記録を出すべく挑戦してみてはいかがでしょうか?

最後に

みなさんいかがだったでしょうか?

僕は書いていて、何をしているんだろう…という気持ちになりました。特にこの記事のために1人で無言で謎の検証を繰り返しているときには笑いがこみあげてきました。

今作のホームランコンテストでは、ケプトの定時退社でお見せしたような対戦機能も付いており、友達と遊ぶにはもってこいのモードになっています。

友達と対戦する際には、ぜひ今回記事で紹介したことを実践して勝利を目指しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

kept

kept

ケプト。しずえ・むらびと使いとして国内外のトーナメントシーンで活躍し、EVO2019では25位、同じくS-TierトーナメントSSCにて13位に輝く。任天堂公式リーグ初代代表プレイヤー。

RELATED関連記事

トップに戻る