【スマブラSP】フシギソウの性能評価|コンボ・立ち回り・各種攻撃解説

こんにちは、あとりえです。

今回はスマブラSP参戦ファイター「ポケモントレーナー」の性能やコンボ、立ち回りの長所・短所をまとめていきます。今回はフシギソウ編になります。

フシギソウについて

フシギソウはポケモントレーナーが操ることができる3キャラのうちの一体。

スマブラシリーズにはスマブラXからの参戦で、その後のスマブラ4には参戦しなかったもののSPにて復活を果たしました。

フシギソウの出し方

  • 勝ち上がり乱闘でドンキーコングを使用して、1回目のクリアで解放される。
  • 大乱闘モードの参戦ファイターのうち、3番目に追加される。

弱・強攻撃性能

弱攻撃

攻撃 ダメージ 発生F
弱攻撃1 2.4% 7F
弱攻撃2 2.4% 5F(8F目から百烈に移行)
弱攻撃百裂 /(弱攻撃合計12.6%) /

使う場面がほとんどない技。

下強の方が発生も早く当てたあとの展開もいいので、弱を使うくらいなら下強でいいという場面がほとんどです。

強攻撃・DA

攻撃 ダメージ 発生F
横強攻撃 13.2% 10F
上強攻撃 8.4% 7F
下強攻撃 6.6% 4F
ダッシュ攻撃(DA) 14.4%,12% 4F

横強

これも使い勝手が良いとは言えない技。

連ガなので初段をガードされると自動で全段ガードされてしまい、比較的簡単に反撃を取られてしまいます。また、相手が0%のときは空後から横強が確定します。

上強

フシギソウは上スマの発生が非常に遅いため、対空の手段として上強を使うことがあります。

当てたあとの確定コンボもないし撃墜を狙えるわけでもありませんが、発生が早めの地上技なので意外と小回りが利いて使える技。

空上や空後を最低空でガードさせたあとに上強を入れ込んでおくと、相手がジャンプした場合刺さりやすいです。

下強

恐らくフシギソウの持つ地上技の中で最も優秀な技。発生が4Fとかなり早く、当てたあとに相手がダウンするので展開が凄く良いです。

フシギソウは発生の早い技が多くないため、ジャスガからの反撃技としてもこの下強は重宝します。

ベクトルが低く、ステージ端で当てたあとすぐに復帰阻止の展開に持っていける点も◎。

DA

相手が0%時は空後→DAの確定コンボが火力も高く展開もいいです(展開を考えると空後→横強よりこっちの方が良い)。

ガードされると反撃を取られやすいですが、発生と持続が優秀なので差し合い(立ち回り)で使うのもアリだと思います。

一応170%くらいから撃墜可能。

空中技

攻撃 ダメージ 発生F
空N 10.8% 7F
空前 14.4% 14F
空後 10.8% 7F
空上 18% 12F
空下 12% 11F

空N

フシギソウは地上技が頼りない分、空中技の性能はどれも比較的高めに設定されています。この空Nも例に漏れず非常に優秀な性能となっています。

差し合いで相手のジャンプに刺さるように置いたり、シールドキャンセルからの空Nで反撃を取ったり、崖狩りで置いて複数の選択肢を同時に狩ったりと色んな場面で活躍します。

空中で当てた場合、相手が適切なベクトル変更をしていなければ%によって上Bが確定し、撃墜を狙うことができます。

ちなみに空Nのベクトル変更は外下、ちゃんとベクトル変更すれば基本的に上Bは確定しません。ベクトル変更のやり方や仕様は下の動画で解説しています。

空前

貴重な差し込み技。フシギソウは自分から差し込む技があまり多くないため、立ち回りで差し込む際には空前を使うことが多いです。

普通にガードされると反撃を取られてしまいますが、空前の先端をガードさせると格段と反撃を取られにくくなります。

コンボ始動技としても優秀で、当てたあとは空Nや空上、上Bなどが確定します。

空後

フシギソウの立ち回りの要になる重要な技。空後を使いこなせない限りフシギソウで上手く立ち回ることは出来ないと言っても過言ではありません。

先ほど紹介した空前も確かに差し込み技として優秀ではありますが、ジャストシールドされやすかったり着地隙が比較的長かったりと、空前だけで立ち回るには心もとない性能。そこで重要なのがこの空後です。

着地隙がわずか7F、ガードされても-4Fしか不利を背負わない、しかも2段技でジャストシールドされづらいという振りやすさを持っているにもかかわらず、ヒットするとDA・空前・空N・上Bなどが確定してしまうという破格の性能。

発生も早いので空N同様シールドキャンセルからの反撃としても有用です。

フシギソウをうまく扱えないという方は、まずこの空後をたくさん使ってみて振り方を覚えることをオススメします。

空上

文字通り最強の空上。あり得ない攻撃範囲の広さから繰り出される強力なふっ飛ばしのフシギソウの空上は、全キャラの空上と比べても最強クラスに強いと言えます。

普通に着地狩りとして使うだけでも相手にとっては脅威になると思いますが、着地際に最低空で空上を振ったり、下投げを内側ベクトル変更してきた相手に確定で空上を当てて撃墜を狙えたりすると、さらに空上の性能を引き出せることでしょう。

空下

空上と同じくらい広い攻撃範囲を持つ空下、どの部分に当ててもメテオになります。

アップデートによって本当ての攻撃範囲を狭められましたが、今もなお空下による復帰阻止の強さは健在。どんどん復帰阻止に行っていいと思います。

攻撃判定が下方向に広過ぎて崖上で使っても崖下まで攻撃が及ぶため、復帰しようとしている相手に崖上から安全に復帰阻止を狙うこともできます。

掴み・投げ

攻撃 ダメージ 発生F
掴み打撃 1.5% 1F
前投げ 12% 16F
後ろ投げ 14.4% 20F
上投げ 10.8% 20F
下投げ 8.4% 19F

前投げ

普通の前投げ。相手を場外に出して展開を作りましょう。

後ろ投げ

撃墜可能な後ろ投げ。かなり飛ぶ上に撃墜できなくても復帰阻止の展開にできるため、下投げからのコンボが入らない%では積極的に使いましょう。

上投げ

0%~中%くらいまで上投げ空上が確定します。逆に言うと使いどころはそれぐらい。

下投げ

コンボ始動技。超低%(0%~15%程度)のときは基本的に上投げ空上が安定して強いですが、20%以降くらいからはずっと下投げを選択することになります。

20%~60%程度では下投げから空上や空Nが確定し、70%以降は下投げ空上(相手内変更)や下投げ上B(相手外変更)が確定で繋がり撃墜を狙うことが可能です。

スマッシュ攻撃

攻撃 ダメージ 発生F
横スマ 19.2% 15F
上スマ 20.4% 26F
下スマ 14.4% 13F

横スマ

かなりのふっ飛ばし力を誇る撃墜技。

主な使い道は崖狩りのシーン。ステージ端から横回避一回分くらいの位置で横スマを打つと、タイミングによってその場上がりや回避上がり、さらにジャンプ上がりや攻撃上がりを狩ることができます。

つまり、タイミングさえ合ってしまえば相手の崖上がりのほぼ全ての選択肢を狩れるということになります。

着地狩りで空上を嫌がって回避した相手にも横スマはよく刺さります。

上スマ

発生26F、ほとんど当たりません。着地狩りなどで一点読みすると稀に当たることがあるかもしれません。当たったときのふっ飛ばし力は申し分なし。

下スマ

使った試しがほぼありません。一応はっぱカッター(横B)の持続部分から下スマが確定します。

必殺技

攻撃 ダメージ 発生F
NB 24.6% 7F
横B 9.6% 24F
上B 15.6% 15F
下B / /(1-25F全身無敵)

NB

タネマシンガン。使い方がめちゃくちゃ難しい。

色々開拓されていますが、個人的に一番当てやすいと思う使い方はすかし着地からのNB。

空中攻撃を読んでジャストシールドを狙ってシールド解除したり、1段目でシールドを解除してしまった場合に刺さります。当たれば20%近く取れるのでリターンは高め。

ちなみにソニックのスピンに対して一方的に勝てます。

横B

ポケトレが持つ唯一のちゃんとした飛び道具。逆に言えば飛び道具がこの技しかないため、飛び道具キャラと待ち合いしたいときは基本的にフシギソウを出すしかありません。

本当てと持続当てが存在し、至近距離で本当てしたときは上Bや空上が確定し撃墜を狙うことができます。

入力がシビアですが、一応持続当てから横スマや下スマも確定します。

上B

復帰技兼撃墜技。

復帰技としての上Bは、普通のワイヤー復帰より距離が長く少し優秀という程度ですが、問題なのは撃墜技としての上B。

根元当てと先端当てがあり、狙いたいのは先端当て。弱体化された今でもめちゃくちゃ飛びます。

復帰阻止や着地狩りとしても使い勝手が良く、空後や空上、横Bや下投げなどの色んな技から上B先端が確定します。左右へのシフトが可能。

下B

ポケモンチェンジ、リザードンに交代します。

1F目から完全無敵であることを活かして、相手のコンボを抜けるために使ったり、とりあえずやばいと思ったときに連打しておけば助かることがあったりと色々使い勝手が良い技。

リザードンは多段ジャンプ持ちのキャラであるため、フシギソウで空中ジャンプを使い切っていたとしてもリザードンに交代した後は必ずジャンプが1回は残っています。

ジャンプ上がり即ポケモンチェンジや崖離しポケモンチェンジで崖上がりを誤魔化すことも可能。

通常ポケモンチェンジをした直後は一定時間再度ポケモンチェンジを行うことが出来ないクールタイムがありますが、下B以外の各種必殺技を使えばそのクールタイム中であってもポケモンチェンジが可能になります。

フシギソウの長所・短所

フシギソウの長所

撃墜力が高いです。比較的当てやすいコンボ始動技から確定で撃墜技に繋げることができたり投げバーストを持っていたりと撃墜で困ることは少ないと思います。

また、下投げコンボや空上→空上等のコンボが代表されるように、コンボ火力が高い点も長所の一つです。

さらに、空上と空下の性能を見れば分かる通り着地狩りと復帰阻止が非常に強いです。

一度相手に触って浮かせたときのターン継続力はトップクラスに高いと思います。

フシギソウの短所

足が遅めで落下速度も遅いため機動力に欠けます。

差し合いで積極的に振れる技が空後と空前と横Bくらいしかないため、相手と5分状況の立ち回りは強いとは言えません。

また、機動力の関係で着地が弱いです。ポケモンチェンジなどを駆使してうまく着地を試みる必要があります。

総括

機動力の低さが仇となり立ち回りは強くないものの、撃墜力やコンボ火力は全キャラの中でも最強クラスに強いファイターです。

ポケトレ3体の中ではオールラウンダー的な位置付けで、いつどの状況で出しても基本的に安定して活躍できる性能になっています。

SmashlogキャラランクではポケモントレーナーはSランクの評価。使いこなせば強さを発揮してくれることは間違いありません。

最後にリザードン編も来週に投稿予定なので、そちらの方も是非よろしくお願いします。

Atelier

Atelier

あとりえ。PNG所属プロスマブラプレイヤー。関西を拠点とする強豪であり、前作ではロゼッタ&チコ使いとして「ウメブラ」31回大会優勝の実績を持つ。JPR日本ランク14位。

RELATED関連記事

トップに戻る