MEASURES

【スマブラSP】足の遅いキャラで、逃げ性能が高いキャラに勝つ術

どもです。takeraです。

足が遅い。差し込み手段が乏しいキャラを使っている方で、ゼロサム・インクリング・ゲッコウガなどといった拒否能力や差し替えし能力に特化したキャラに勝てない。触れれない。よくある話だと思います。

自分の使っているケンというファイターは、足が遅いキャラではないですが、特別リーチがあるわけでもなく、横差し込みも万能なものはありません。故に上記であげたファイター達には触れるのが難しいファイターではあると自覚しています。

私も発売当初はかなり苦しいカードだと思っていました。しかし差し合いのパーツを見直したり、対策を詰んだ結果、かなりいける部類だなと思う境地までは到達しました。

他キャラ使いの方にもよく質問されるので、自分が考えてきた過程で他キャラに応用できそうな箇所を摘まみつつ、今回は記事していこうと思います。

相手の引き行動は無限ではない。

差し込み性能の足りないキャラが素直に差し込もうと思ったところで、相手はステップや引きジャンプ等で距離を取り、相手の技を透かしてから差し替す。

深めに攻めようと思ってもリスクの少ない置き技で止められ、攻め込むことができない。相手の間合い管理が上手いほどにこの状況はよく起きますし、二度と触れないような絶望感を感じると思います。

しかしこれら引き行動には、差し合いの瞬間をリスク低くする代わりにラインを消費するというデメリットが常に存在します。

相手が引いたんだったらその分前に詰める。それだけで状況は好転します。

このときに技を振ってしまうと差し替えしの展開になってしまうのでただ詰めるだけ。そこで抑えるのが大事かと思っています。

「歩き」で距離を詰める意識

前に詰める方法は、キャラと状況にあったものを適時選んでいくのが良いと思っていますが、個人的に一番推したいのは「歩き」です。

歩きの強みは、散々言われていると思いますが、ステップと違って行動が制限されるフレームが無く何でもできること。

拒否をする側もラインを失い続けるわけにはいかないのでいくつかライン回復の手段を選択してきます。詳細は事項で説明しますが、これらの行動に対して即座に対応できる。この点が非常に優れています。

相手が逃げ続ける拒否の体制をとっているほど、必死に追うのではなくゆっくり確実に詰める。この感覚が追う側は非常に大事だと思っています。

有利状況ではしっかりと丁寧に。

ゆっくり確実にラインを奪った結果崖際まで追い詰めることができました。ここでライン回復の手段を通してしまってはなんの意味もありません。

主にライン回復の選択肢としては

  • ジャンプで越える
  • 無理やり暴れてこじ開ける
  • 回り込み回避
  • ラインがなくても捌いて押し戻す

あたりかなと思います。

並べてみてもわかると思いますが、どれも苦しい展開です。これらに対して慎重に慎重に1つ1つ対処して火力や撃墜に繋げていきます。決して簡単ではありませんがラインを自由に使われて追う差し合いよりは遥かに楽なのは確かです。

相手が完全に受け身になった瞬間を察する。

よく話にあがる引く相手に対しては深めに差し込むっていう話に関して、悪い選択肢ではないと思っていますが、必ずこの相手が受け身になっているかどうかを前提条件として無いと厳しいと自分は思っています。

安易に前へ出るだけだと相手の技にひっかかるリスクでしか無いです。

相手の受け身になってるのを分かった上で強気の選択肢をバンバン通す。パワーキャラの最高に気持ちいい瞬間でもあると思っているので、是非通る状況を理解した上でそういう展開作りを増やしていってほしいです。

心を壊したらマジレスの神様。

捌ききれず、ラインを詰められた状況で虐められ、強気な選択肢も通され、可哀そうに相手は壊れてしまいました。

でも苦しい状況でも誰しも負けたくはないものですから、なんとか歯を食いしばり、強気な選択肢で盤面をひっくり返しにくる。よくある展開だと思います。

もともと逃げ性能に特化したキャラクターがこちらの土俵に入ってきてくれたわけですから、そこはもう丁寧確実にマジレスしてあげましょう。反確・差し替えし・リスクの無い押し付け。やりたい放題だと思います。

最後に

自分が使っているファイターがケンという特殊なファイターなのもあって、噛み合わないところもあるかもしれませんが、追う側の大半は似ているところも多いのかなと思っています。なにか少しでも参考になれば幸いです。

同キャラ使いに変人扱いされそうですが、ゼロサムやインクリングなどの拒否性能高いキャラとやっている瞬間が一番スマブラしてて楽しいなと思います。詰め将棋みたいな感覚ですかね。ピカとゲッチは詰めづらいし、火力も取れないので嫌いです。

さすがに楽しめというのは酷かもしれませんが、そこらへんも含めて近距離キャラの魅力だよーって緩くオススメしておきます笑

ここまで読んで頂きありがとうございました。

この記事をシェアする
twitter
line
hatena