COLUMN

【スマブラSP】本当は強キャラ!?Tsuが注目しているファイター5選

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

こんにちは、Tsuです!

今回は僕が密かに注目しているファイターを5体選んでみました。

世間的な評価ではそこまで高くないものの、個人的には力を感じるファイター達を紹介したいと思います。

よろしくお願いします!

クッパjr


海外では度々トーナメントシーンでも見かけます。ketchup選手など上位に食い込むプレイヤーもいますね。

クッパjrの強いところ

具体的にはどのような所が強いのでしょうか。以下に挙げてみました。

  1. 空上が連続で確定し火力が高い
  2. 体重が重くて復帰距離が長い
  3. 空中機動力が良く空中技の持続が長いので復帰阻止が強い
  4. 吹っ飛ばしの高い技が多く撃墜力がある

序盤は上投げからの火力が高いです。空上が連続で確定して台があれば50%ほど稼ぐこともできます。

復帰阻止力が高く使い勝手の良いスマッシュも揃っているので、撃墜力は平均以上にはあると思います。

前後両対応で7Fの上スマッシュを持っているのでシールドキャンセルも強いです。

体重はかなり重い方(テリーと同等)で、機動力も悪くないです。ダッシュ速度は遅いですがステップと横Bで十分カバーできる範囲です。

復帰距離が長くステージに届かないことは殆どないでしょう。上B復帰は狩られがちな印象がありますが、上B後に回避と攻撃の択になるので狩ることは容易ではありません。

下Bで有利状況を作れたりアイテム化できる事も考えると立ち回りも強いと感じます。

SmashlogのキャラランクではCに位置していますが、B~Aのランクでも違和感がないくらい強さを感じますね。

マルス


ルキナの下位互換的な性能と評価される事が何かと多いですが、リーチ自体はルキナと変わらないので立ち回りは基本的には同じです。

平均的な火力や撃墜力はルキナの方が高くなりがちですが、上手く先端判定を当てる事が出来ればマルスが上回ることもあります。

マルスの強いところ

ルキナと比べてマルスの強い点を挙げると、

  1. 剣先判定の逆転力
  2. マーベラスコンビネーションの撃墜力

などが挙げられます。

ルキナの空前と横スマッシュは以前のアップデートにより弱体化されたので(それでも強いですが)、マルスの先端判定の一発を通した時のリターンの高さが際立つ事となりました。

下強や空上着地や空N一段当てからの展開を整理して先端判定を通す状況作りについて考えれば十分に活躍が見込めそうですね!

ピット・ブラックピット

“火力と撃墜力が低く目立った長所が無い器用貧乏なキャラ”という声がちらほら聞こえるファイターです。

僕の見解だと、初期の低評価がそのまま継続してしまっている印象です。

初期は大雑把に判定が強い技や高火力を持つファイターが評価される傾向にあるので、現在の評価とは異なる所が多々あります。

ピット・ブラックピットの強いところ

ピット・ブラックピットの長所として

  1. 火力をコンスタントに稼げる
  2. 体重・復帰・機動力・リーチ・発生・火力・撃墜力どれも安定
  3. 3種のスマッシュが使いやすい
  4. 掴みから火力が稼げる・投げ撃墜もある

などが挙げられます。

ダッシュとステップが優秀でDAや掴みも強いので差し合いの性能が高く、さらに火力や撃墜にも繋がります。

上スマと空Nの発生が早いのでシールドキャンセル行動も強いです。

横Bは分かりやすい一発技として使えたり、横から復帰する時の安定択になります。

空中での機動力が低いので着地狩りに弱そうですが、多段ジャンプなのである程度はカバーできます。

弱点を挙げるならば、

  • 上B復帰をするしかない状況になるとルートが単調で遅いため咎められやすい事
  • リーチが若干短めなので強判定を押し付けられると判定負けしやすい事

といった部分になると思います。

ドンキーコング


今までのスマブラの傾向として重量級はあまり強くないイメージが浸透していると思われます。

重量級はまず身体が大きく、コンボ耐性が極端に低く着地狩りにも弱いのでとにかくステージ内で行動を制限されやすいです。

このように防御面を見るとどう考えても強いとは思えないですよね。

僕自身ドンキーコングに勝率が悪いのですが、単に苦手意識が強く対策不足なだけであると思っていました。

しかし最近のスマメイトやオフ大会の結果を見ると度々順位に食い込んでいる光景が見られます。単に対策不足と断ずるのは早計かと感じてきました。

ドンキーコングの強いところ

ドンキーコングの強みとして

  1. 圧倒的な火力と撃墜力
  2. 剣キャラ以上のリーチの長さ
  3. NB・横B・下Bによる着地狩りや崖狩りに対するリスク付け
  4. 前投げによる復帰弱者殺し性能の高さ

などが挙げられます。

重量級は着地と崖上がりが弱いというイメージですが意外と狩れないのがドンキーコングです。横BやNBのスーパーアーマーのおかげで読み合いになってしまいます。

基本的にリーチが長いので中距離での立ち回りはかなり強いです。

また最近ではリフティングコンボが目立ちますね。台上でリフ上投げ→空上を受けると驚くべき%で撃墜します。

ファイターによっては掴まれて崖外に運ばれるだけで復帰できない者もいます。

重量級ゆえに弱点は明確ですが、一部キャラクター以外にはかなり強気に出られる性能をしていると思います。

勇者


全体的に技の発生が遅く機動力も良くないので立ち回りの弱さが目立ちます。

それゆえに圧倒的な威力の技を数多く持っているにも関わらず、そこまで高評価にはなっていません。

勇者の強いところ

勇者の強みはとにかく技の威力が高い事ですが、もう一つ重要な要素は“待ちが強い”事です。

MPというシステムは前作のクラウドのような待ち性能の高さを持っています。

何もしなくてもMPが自動的に回復するという仕様に加え、放っておくと自己強化が止まらないので、相手はたとえ%やストック差で勝っていたとしても攻めざるを得ません。

勇者の対戦相手は基本的に攻め込む事を余儀なくされますが、待つ側が強いのがスマブラというゲームです。

通るか分からない差し込みをするより、相手の行動を見てから確定反撃を拾うほうが確実性が高いですよね。後出しじゃんけんのような感覚です。

“相手に攻めさせる事ができる”というのはかなり強い要素なのです。

最後に

上記のファイター達はあくまで個人的な意見になりますが、世間の評価に比べて”対戦してみて強い””使ってみて強い”と特に感じます。

使い手が増えるとB~Aランクに上がる事も考えられると思います。

他のファイター達も何か一つ強いセットアップが見つかったり、使い手が増えて活躍すれば評価が上がるかもしれませんね!

ありがとうございました!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人