【スマブラSP】DLC第2弾新キャラ「勇者」がヤバい!? 壊れに近い性能の技を紹介

どーも!Raitoです。

今回の記事では巷で噂の勇者について触れていきます。

登場当初はやれ運ゲーだの不確定要素が多いだの言われていますが、下Bの呪文が安定して使用できるプレイヤーが現れるともはや運ゲーでは済まされない強さを見せつけてきます。

そんな対策必須キャラの勇者の強さを、一緒に学んでいきましょう。

意外と侮れない!?勇者の通常ワザ

勇者の最大の特徴である下B・コマンド選択に触れる前に、勇者の通常ワザについて見て行きましょう。

コマンド以外の技は普通かと思いきや、実は意外と侮れない高性能技が揃っています。

通常必殺技「メラ」

通常NBのメラは発生が10Fかつダメージが10.8%という飛び道具としては破格級の性能をしています。

意外と発生が早そうに見えるこどもリンクの炎の矢ですら発生が14F。それよりも更に4Fも早いこの技は密着~中距離で撃たれると意外と避けづらいのです。

更にメラは当たると別の技に繋がる(デイン・ライデイン・空前など)のでダメージ期待値も相当高めです。確定こそしていないものの浮きが弱いせいで回避も使いづらいという状況になります。

メラミやメラゾーマを溜めるよりもよっぽど展開も作りやすく、消費MPが少ないので連打が効く。非常に強力な技です。

横必殺技「デイン」・「ライデイン」

横Bのデイン・ライデインは発生こそそこそこですが、異常な横の当たり判定とダメージを誇ります。

デインは通常16.8%、ライデインは24%。中距離で安定して打てる技としてはかなりの強さです。

またこれらの技は反射が不可能で飛び道具耐性が高いファイターでも苦戦しがちです。足が遅いとそれだけで対勇者が辛くなってしまいます。

空前&空後

必殺技を抜かした通常ワザの中では空前空後が破格級の強さを誇っています。

先端で当てればガードからの反撃がなく、リーチも相当長いので空対空にも強めです。

何よりどちらも吹っ飛ばし力がかなり強いので、コマンド技を嫌がって飛んだ相手に対しては空中攻撃を置くだけで相当なリスクになります。恐ろしや。

壊れ技揃い!? 勇者のコマンド選択

勇者の一番のPR要素と言えばやはりこれ。下Bで使えるコマンド選択です。

基本的に下位互換技を除いてどの技もかなり強めに設定されているのですが、ハズレ技も用意されている分適当に選択をするデメリットはそこそこあります。

ただししっかり選択された場合は無類の強さを誇るので技の性能はしっかりと判断できるようにしておきましょう。

イオナズン/ベギラマ

攻撃面で最も壊れに近い性能を持つ技。直線状に飛んでいく技ですがメラミと比較しても非常に強力です。

イオナズンの場合は吸い寄せ効果もあるので空中で出されるとほぼ詰みです。ベギラマはイオナズンより更に早いので回避が間に合いません。強化版水手裏剣です。

ダメージ・吹っ飛ばし共に壊れ技に近い性能をしているため、崖外に出された時や弱でダウンの展開を作られる時は常に警戒の色を強めていきましょう。

ルーラ

少ないMPから即座にステージに復帰する技。

抽選率はそこそこですが、崖外に近い状態(恐らくルーペ状態)の時には抽選率が約3倍の52%まで跳ね上がります。1/2の確率で出る感じです。

勇者は復帰と崖上がりが明確な弱点なのですが、この技はそもそもの弱点の概念を失くすだけでなくスマブラにおける面白さの一つである崖の読み合いを完全に拒否してしまう技です。

個人的に最も壊れてると思う技のひとつ。ルーラを使われる前に復帰阻止は全力で行きましょう。

マダンテ

全MPを消費して全方位の攻撃判定を押し付ける技。

判定があまりにも強すぎて、崖上で待機している勇者がこの技を構えてるだけで詰んでしまうファイターは数多くいます。

MPが下がれば下がる程威力も判定も弱くなりますが、正直100%溜まっている相手には40MPあれば撃墜可能です。そうでなくてもMPMAX時は20~30%溜まっていればフルヒットで撃墜してしまいます。

抽選率自体はかなり低めみたいなので、崖外で出されたら運が悪かったとあきらめましょう。

メガンテ

ネタのような技に見えて実はかなりの高性能技。

1F目から全身無敵があり迂闊に攻め込むとカウンターとして簡単に決められてしまいます。

消費MPが1MPなので、MPの消費量は関係ありません。また勇者のコマンド選択のウィンドウはMPが足りている呪文が自動的に上にくる仕様なので、

ストック先行した後はMPを空に近い状態にしてウィンドウ最速出し→連打でメガンテを選択するというテクニックがあります。これを決められたら溜まったもんじゃありません。

この技も崖を掴む瞬間に出されると詰みかけるので、マダンテ同様に強く警戒をする必要があります。

ためる/ピオリム/バイキルト/マホカンタ

自己強化系の技です。通常ワザやNB、横Bで相手を飛ばした後によく使用してきます。

中でもバイキルトは魔法技の威力、撃墜力共に強化するチート技。与えるダメージが1.6倍かつ吹っ飛ばしが1.1倍になるので纏われたら全力で拒否しましょう。

マホカンタは特定のキャラを詰ませてしまう超強力反射技です。特に飛び道具に依存するリンク族、ダックハントやピクミン技が殆ど封じられてしまうオリマーにとっては致命傷となる技です。

バイキルト+溜めるのコンボも極悪で、この状態で技を迂闊にガードしてしまうと威力が高すぎてシールドブレイクしてしまうことが起こり得ます。

各種スマッシュはかいしんのいちげきと合わせるとシールド満タンから一撃でブレイクするので、迂闊にガードを貼りっぱなしにしないよう注意が必要です。

おわりに

ランダム性が強いように見えて的確な技選択を行えば相当強いファイターに仕上がるのが勇者の強み。

初見では対応がかなり難しいタイプのファイターなので、技の性能をしっかりと把握した上で対処していけるようにしたいところです。

次回の記事では勇者対策と対策に向いたファイターの紹介ができればと思います。

それでは!また次回の記事でお会いしましょうー!

Raito

Raito

ライト。Thunder gaming所属プロスマブラプレイヤー。EVO2019では2年連続のTOP8入りなど国内外で数多くの実績を残し、日本ランキング4位、世界ランキング20位に輝く。主な使用キャラはダックハント・バンジョー&カズーイ。

RELATED関連記事

トップに戻る