【スマブラ3DS/WiiU】キャラ対策や操作方法を使い手に直接聞いてみた! – Part1

上位プレイヤーが教えてくれたキャラ別技の出し方や対策方法を公開します!

みなさんこんにちは。キシルです。

以前、フリー対戦についての記事の中で、「アドバイス」に触れました。

今回はいろんなキャラの上位プレイヤーに、「フリー対戦の際に対戦相手によく質問されること」と、「それに対する回答」を教えていただきました。

みなさんが聞きたかったであろうことが詰まった内容になっていると思います!

マリオのコンボと対策 – 協力:フト

写真左がフト

日本トップクラスのマリオ&ルイージ使い。以前Raitoさんの全2対談にも登場してくれました。

ちなみに彼は絵師でもあります。

投げコンボからのメテオ(撃墜)について教えてください

下投げ空前メテオは外側ベクトル変更で基本的に二択になります。下投げ→空上→空前も二択になるときがあります。ピカチュウ、メタナイトは確定することもあります。

マリオは何されるとキツい?

リーチが短く足も早くないため、横軸の差し合いで待たれるときつい。ソニックなどの逃げられるキャラは逃げる技術を身につけるべし。

ルイージの操作方法 協力:フト

ジャンプ無しサイクロンで上昇するのはどうやってる?

十字キーを必殺技に設定して擦るインチキ入力してます。

下投げサイクロンって確定?

確定か二択になることが多いです。特にルイージ側が被ダメージ補正を多く持ってると確定しやすいです。被ダメージ補正が無くても確定するキャラはミュウツー、ピカチュウ、プリン、カービィなど。メタナイトも確定しそうですが、外したら自分が撃墜されます。

クッパ対策 – 協力:きしゃ

きしゃ

クッパ全一であり、日本トップクラスのロックマン使いでもある。

現在就職活動中であるが、関東スマブライベントでこの男がいないことはない。

クッパに対して台待ちは有効ですか?

空N、空後、横必殺技などできることが多く、撃墜も狙えてしまうし向こうからのリターンも落ちるのでそれほど苦しくはありません。

ダッシュ掴みとダッシュ攻撃が見えないのですが、どのように対策すればいいですか?

ダッシュ攻撃はダッシュ掴みより長いことを前提とし、ダッシュ掴みが見えない間合いに立つことは危険です。ダッシュ攻撃は最悪当たっても大丈夫で、クッパ側としてはダッシュ掴みに反応できる位置でダッシュ攻撃を誘う行動を混ぜて、ダッシュ攻撃にリスクをつけられるとやりづらいです。

ピーチ対策と操作方法 協力:うめき

うめき

関東最強ピーチ使いであり、全一候補筆頭。

「うめき」「ウメキ」「umeki」どれが正しいのか聞いたら、どれなんだろうね?って返された。

ピーチの空前に当たってしまうのですがどうすれば当たらないように出来ますか?

むやみにダッシュをしたりジャンプをしないことです。

ダッシュやジャンプをするなら空前をさせる前にこちらから技を置いておく感じにしておくと、逆にピーチ側は空前を振れなくなります。

ピーチの空下はどこにずらすのが正解ですか?

基本的には外下ベクトル変更です。ただ、0%付近でそれをやるとダッシュ掴みが入ったり、中%の崖外でそれをやると早期撃墜してしまうので絶対ではないですが、ピーチ側の確認が難しくなり空前をミスってくれることがあります。

崖絶のやり方を教えてください。

浮遊が残った状態で崖離しから空中ジャンプをして、地上の高さまで上がった瞬間に浮遊をして解除です。

最低空浮遊のやり方を教えてください。

地上で下入力+ジャンプです。斜め下入力+ジャンプでもできるので、ダッシュするときはLスティックを真横に倒すのではなく斜め下に倒して、DA、掴み、上スマだけでなく、「最低空浮遊攻撃」も咄嗟に出せるようにしていると、撃墜も火力も上がり幅が広がります。

ロゼッタ&チコ対策 – 協力:キリハラ

写真右がキリハラ

日本最強ロゼチコ使い。関東四天王と呼ばれる人間の1人であり、海外大規模大会優勝経験あり。

個人的にはスマブラ界でもトップクラスに初心者に優しい人だと思う。僕が初心者の頃にめっちゃ長時間フリー付き合ってくれて感動した。

チコ処理はどうすればいい?

キャラによって違います。各々調べてください…

(被ダメージ補正でも変わるのでトレモより「大乱闘」の方で調べることをおすすめしますbyキシル)

ロゼッタを飛ばした後チコがいつから動けますか?

ロゼッタの硬直が解ける少し前からチコを動かせます。

(シークやフォックスなど、弱1→2→1→2のループが入るキャラの時) 弱から抜け出すにはどうすればいいですか?

外か内にずらしてください。ずらしの量が少ないと抜けられないので頑張ってずらしましょう。

空上のベクトル変更は何が正解ですか?

内側変更です。チコの内側に当たるなら真横、チコの外側に当たるなら内側斜め45度が最適です。

ドンキーコングの行動について – 協力:HIKARU

HIKARU

全一ドンキー。

話し上手で煽り上手。明らかに貫禄と年齢が噛み合ってない例。

着地と崖はどうしてますか?

NBを最大まで貯めることによって打つか打たないか、またアーマーを使ってごまかす。

上強の後反転してるのはなぜですか?

ドンキーの上強は後ろ側の方がよく飛ぶから。

リフコンの際に反転することに意味はありますか?

ないです。

ディディーコングのバナナ・フリップ対策 – 協力:えつじ

写真右がえつじ

日本最強クラスのディディー使い。 キングと呼ばれている男。

読み合い強すぎ人間だけど、なんかキャラ知識は妙に欠けてるのが面白い。

バナナ対策を教えてください。

生成にリスクをつけること、バナナ持ちディディーに甘い差し込みをしないことです。

フリップ対策を教えてください。

見てからその場回避。意識してないとできないので頑張ってください。

ディディー対策について、詳しくはえつじさんがブログでまとめてくださってます。

ありがたいキングのブログはこちら

リンク対策 – 協力:T

©️Darimoko

世界一のリンク使い。「的を絞って反応する」動きがめちゃ上手い人。

彼女できないネタがtwitterでいじられがち。

下投げのベクトル変更について教えてください。

キャラごとに空前が二択になったり、空上が確定したりします。それぞれ説明します。

・下投げ空前が二択になるキャラ

下投げ内側ベクトル変更→空上よりも下投げ外側ベクトル変更→空前の方がラインの関係上撃墜する%が早いことが多いので、基本的には内側変更。ラインがあるときだけ外側変更を意識してください。空前を外側変更するのは最悪のパターンです。気をつけましょう。

・内側変更の場合下投げ空上が確定するキャラ

外側変更安定です。

・常に下投げ空上が二択のキャラ

外側変更安定です。

・下投げ空上が確定するキャラ

御愁傷様です。

・ネスリュカ

外側変更から回避で安定です。

・クッパ

帰ってください。

シーク対策 – 協力:Nietono(にえとの)

Nietono

シーク&ディディー使いであるが、どちらも日本トップクラス。

EVO2018 3位の男。

日本でこの人より応援されていたプレイヤーはいるのでしょうか。

対シークの立ち回りどうすればいいですか?

キャラによります。基本的に立ち回りは全キャラシーク有利なので、立ち回りどうこうするってよりは戦う土俵を変えた方が勝てるようになると思います。何発食らっても大きいの一発当てる精神でいい。ただ、シークにプレッシャーちゃんと与えないと大きい一発当てれないです。

シークにプレッシャーってどうやれば与えれますか?

キャラによります。基本的には当たらなくてもスマッシュ振るとか、鉈にしっかりとリスク与えればOKです。ライン無くした後に逃がさないのも大事。

低%の前投げからの鉈運び、どこにベク変すればいい?

キャラによります。コンボ耐性高いキャラなら上、低いキャラは外。ただ、相手のコンボ制度が低いならコンボ耐性低いキャラでも内側でいいです。

トゥーンリンク対策 – 協力:シグマ

シグマ

全一トゥーンリンク。

飛び道具で動かして単発技を当てる技術が半端じゃない。僕は勝てないのでもう大会で当たりたくないです。

飛び道具の対処方法が分かりません。よく飛び道具に当たってしまってしまいます。

ジャストシールドを狙う意識が強く、結果的にジャストシールドが出来ていない事や飛び道具に当たってしまうことで、自身のリズム(立ち回り)が崩れがちです。ジャストシールドが出来ないときは焦らずに「ガード」する意識を高めましょう。慣れていけばジャストシールドも出来るようになります。

空中回避に対して、なかなか攻撃が当たらず逆に反撃をもらってしまいます。

トゥーンリンクは着地が他のキャラと比べて強くはありません。空中回避が強いように見えますが、空中にいる所を狙うよりも着地する所を狙って攻撃をするようにしましょう。その意識で攻撃をする事により、結果的に空中回避に対してもリスクをつける事が出来るようになってきます。

今回はここまで!

いかがだったでしょうか。

みなさんの気になっていた情報、知らなかった情報が何かしらあったのではないですか?

コンボ関係はちょいちょいピカチュウが不遇で悲しくなりますね。仕方ないんですけど。

今回は協力してくださったプレイヤーに感謝を述べて、ここで一区切りとさせていただきます。

フトさん、きしゃさん、うめきさん、キリハラさん、HIKARUさん、えつじさん、Tさん、にえとのさん、シグマさん、ありがとうございました!

次回もお楽しみに!

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る