【スマブラSP】必須テクニック「小ジャンプ」を安定させるコツと使いどころ

どーも!Raitoです。

スマブラSP発売から1週間と少し経ちましたが、僕の配信では色々な方から質問が寄せられます。

中でも「小ジャンプが安定しない!コツを教えて欲しい!」という内容がすこぶる多いので、今回の記事ではショートジャンプ(SJ)の仕様と使い方、入力を安定させるコツなどを紹介していきます!

ジャンプの大小の違いって?

スマブラのジャンプ動作は高度の高い大ジャンプと高度の低い小ジャンプの2種類あります。

ジャンプ中は空中攻撃や回避を出すことができますが、地上にいる相手に即座に攻撃を当てるためには小ジャンプから技を出さなければなりません

ただし今作からは小ジャンプ攻撃のダメージに0.85倍の補正がかかるようになりました。

ダメージをしっかり稼ぎたい場合は大ジャンプから攻撃を出すことを意識しておくのも良いでしょう。

小ジャンプ入力のコツを伝授します

はじきジャンプでジャンプをしないようにする

まず初めに覚えておきたいのが、はじきジャンプを使わずにジャンプする意識を付けておきましょう。

はじきジャンプモードで小ジャンプを出すにはスティックを少しだけ傾けて操作する必要がありますが、横移動を同じスティックで行いながら安定して小ジャンプを出すのはほぼ不可能です

安定して小ジャンプを出せるように、基本的にはボタンジャンプで出せるようにしておきましょう。

基本ちょん押しを意識

小ジャンプはジャンプボタンを少し押して即離す、所謂ちょん押しをすることで出来ます。

逆に大ジャンプはボタン押しっぱなしで出せますが、慣れないうちはボタンから手を離せず大ジャンプが出てしまうことが多発してしまうでしょう。

まずはトレモで小ジャンプ攻撃を出せるようにジャンプ→着地→ジャンプという行動を繰り返し行ってみましょう。

ボタンを押してから離す感覚に慣れれば、対戦中も自然と出せるようになるはずです。

また今作から、最速小ジャンプ空中攻撃をジャンプボタンと攻撃(A)ボタン同時押しで出せるようになりました。

小ジャンプ攻撃に慣れてない方はこちらを軸にしてみると安定するかもしれません。

小ジャンプはこんな時に使おう

小ジャンプの仕様と入力方法はおわかりいただけたでしょうか?次に、小ジャンプは主にどんな場面で使われているかをご紹介します。

相手の行動の様子見

小ジャンプを使うメリットとしては、相手の地上攻撃を避けやすいというのが一番に挙がってきます。

例えば、このゲームにおいて強力な掴み攻撃は地上にいる相手にしか効力を発揮しないので、ジャンプ様子見をすれば簡単に避けることができます。

更に相手が技を振ってくれれば後隙が生まれるので、そのまま空中攻撃で反撃を取ってコンボの起点にすることも可能です。

ただジャンプで様子見をするだけで相手の攻撃を避けながら自分の攻撃を通すチャンスを作れるようになるので、試合展開を大幅有利に進めることができます。

シールドキャンセルからの反撃

シールドは通常解除を行うと解除のために数フレーム消費してしまうので隙が生じやすいのですが、その隙をジャンプでキャンセルすることができます。

例えば相手の強力な地上技をガードした時シールド解除から攻撃を振っても間に合わないことが多いのですが、ジャンプキャンセル空中攻撃であれば反撃を取れる可能性があります。

入力方法は簡単で、シールドボタンを押した状態で小ジャンプ+空中攻撃を相手がいる方向に押すだけ

相手が自分より前にいる時は空中前で、後ろにいるときは空中後ろで反撃するのが基本ですが、キャラによっては空中ニュートラルで反撃を取ることも可能です。

この反撃をしっかりと取れるようになると相手が攻撃をし辛くなり、結果的に有利な状態を作れるようになります。

また反撃を取らずとも、回避が使いづらい状態でもとりあえずジャンプをしておけば相手の追撃から逃れやすくなるので、シールド中に小ジャンプを入れる動作は絶対に覚えておきましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか!

小ジャンプは大ジャンプに比べて使用頻度が多く、便利なテクニックであることがなんとなく分かってもらえたのかなーと思います。

相手の攻撃を避けるだけでなく、コンボルートとして用いるためにも出番が多いテクニックなので試合で出せるようにしっかりと練習しておきましょう!

Raito

Raito

ライト。前作スマブラforWiiUではEVO2018にてTOP8に上り詰めるなど国内外で数多くの実績を残し、日本ランキング11位、世界ランキング23位に輝く。主な使用キャラはルキナ・ダックハント・ポケモントレーナー。

RELATED関連記事

トップに戻る