TECHNIQUE

【スマブラSP】ジャストシールドの狙い所とリスクについて解説します

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

こんにちは、Tsuです!

今回はジャストシールドの狙い所とリスクについて解説します。

ジャストシールドこそスマブラSPの真髄と言っても過言ではないくらい大事なので、皆さんにも是非習得してもらいたいと思いこの記事を書きました。

ジャストシールドがよく分からないという方は先にこちらの記事をご参照ください。

ジャストシールドを狙う意味

スマブラSPは全体的に空中攻撃の後隙が短く、相手の攻撃をガードしてしまうとそこから反撃を取ることは容易ではありません。

一部シールドキャンセルからの行動が速いキャラクターを除くと、相手の攻撃にリスクをつけられない事が多々あります。

そこでジャストシールドを行うことで有利フレームを増やし、確定反撃を取ったり有利な状況を作ることができます。

相手を撃墜したい時や火力を稼ぎたい時など、確実に相手を捕えたいときに重宝します。

スマブラにおいて確定反撃を逃さずしっかりと取ることは勝つための一番の近道ですので、ジャストシールドは積極的に狙っていきたいところですね。

ジャストシールドはどこで狙うべき?

ジャストシールドは難しく、ただ闇雲に狙ってもなかなか上手くいきません。

しかし狙いやすいポイントを整理することで各段に成功率が上がります。

以下に狙いやすい場面を解説していきますので、その点を意識してジャストシールドに挑戦していきましょう。

降り空中攻撃


降り空中攻撃はタイミングが分かりやすく、ジャストシールドを狙いやすいです。

クラウドやルキナなどの剣士キャラクターは、空中攻撃を着地と同時に振ることが多いですよね。

相手の着地タイミングにガード解除を仕込むだけでジャストシールドを狙うことができます。

またリンクやフォックスの空Nなど、持続が長く判定が強い技を高い位置から振られた際にも狙いやすいです。

空中攻撃は普通にガードしてしまうと優秀なシールドキャンセル技を持っていない限り確定反撃を取るのは難しいので、積極的にジャストシールドを狙っていきましょう。

飛び道具


飛び道具をガードし続けるとシールドが減って次以降の読み合いが不利になってしまいますよね。

ジャストシールドをすることによってシールドの減りを抑えつつラインを詰めたり、次の行動に素早く移ることできます。

多段ヒット系の飛び道具であればオートで連続ジャストシールドになるので、多段ヒット系の飛び道具にも狙うことができます。

ジャストシールドを狙う事のリスク

ジャストシールドは成功すれば高いリターンを得られますが、シールド解除がトリガーとなる仕様を考えるとどうしてもリスクを背負うことになります。

以下にジャストシールドを狙う際のリスクについて解説しますので、このような弱点もあると押さえておいて下さい。

多段技


ピカチュウの空Nやフォックスの空下など、相手の降り空中攻撃が多段技だった場合はジャストシールドをしても反撃を行うことが難しくなります。

多段技の初段をジャストシールドしてしまった場合は、二段目以降に備えてシールドを張り直すか、連続でジャストシールドを狙いましょう(かなり難しいですが可能です)。

またジャストシールドの仕様上3F以内の技であれば、初段と二段目の間に安定して割り込むことができます。フォックスやゼロスーツサムスの上強などが該当します。

自分の使用キャラクターと相談しながら多段技をジャストシールドした後の行動を決めていきましょう。

すかし行動

ジャストシールドを相手の降り空中攻撃に対して狙うと、すかし行動との読み合いになります。

すかしとは、ジャンプからあえて空中攻撃を振らずに着地することです。すかしの後はこちらのガード解除硬直中に弱攻撃や掴みなどの発生の速い技を差し込んできます。

フォックスやウルフなどのキャラクターは落下速度が速いため、降り空中攻撃を読んでジャストシールドを狙うとすかし行動を通されやすいです。

読み合いなのでこれといった対策方法はありませんが、ジャストシールド一辺倒になると読まれやすくなるので気を付けましょう。

地上技や昇り空中攻撃に対してはあまり狙えない?


ジャストシールドは相手の攻撃を読んで狙ったり、発生の遅い技や飛び道具など見てから対応できる技に対して狙うものです。

基本的な地上技や昇り空中攻撃は発生が速く読みづらいので、ジャストシールドを狙いづらいです。

そういった技が運良くシールド解除と噛み合ってジャストシールドになったとき、しっかりと反応して反撃を取ることが理想です。

しかしこれは難しいので「出来たらラッキー」程度に抑えておきましょう。

地上の相手は空中よりも攻撃択が多くてジャストシールドを狙うにはリスクが高いです。無理をして狙わないようにしましょう。

さいごに

スマブラSPは空中攻撃がとにかく強く、判定の強い空中技を押し付けられるだけで嫌になる人も多いのではないでしょうか。僕も最初はフォックスやウルフの空Nに相当苦しんでいました。

ジャストシールドをしないと反撃が取れない技が多すぎるので、今後勝っていきたいと考えている人には是非習得してほしいと思います。

最初は難しいですが慣れてくると簡単に狙えるようになってきます。成功するようになるとスマブラが楽しくなってくるので、慣れるまでどんどん挑戦していきましょう!

ありがとうございました!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人