【スマブラSP】初心者っぽい動きから抜け出そう!ありがちな行動と改善方法

みなさんこんにちは。ウメブラスタッフのエルです。

スマブラを始めて何となくキャラクターの動作には慣れてきたけど、どうしても動きが単調になってしまいなかなか初心者から抜け出せないと悩む人は多いと思います。

今回はスマブラ初心者が次の段階へステップアップするために意識すべき行動や操作について解説していきます。

今の時代色々なテクニックやキャラクターの情報は調べれば見つかりますが、ガチ対戦の基本的な情報はあまりありません。

初心者を卒業したと思ってる方も、自分の行動を見直すという意味で是非ご一読ください。

初心者がやってしまいがちな行動

まずは初心者あるあるな行動で、かつ手癖でやっているため気づかない代表的な行動を紹介します。

初心者の方は、自分の対戦のリプレイを撮って見返してみるとおそらく今から書くこと自然にやってます。

やたら回避で移動してしまう

まず最初は回避での移動です。全ての移動行動が横回避になってしまってはいませんか?

特にやめたほうがいいのは次の3つ。

  • 回避で相手に近づく
  • 相手の近くから必ず回避で離れる
  • 崖を背負った状態から回避で必ずめくる

理由としては色々ありますが、単純に多用していると読みやすく相手にリターンを取られて処理されがちだからです。

読み合いを理解してもっと強くなってからはアリですが、初心者のうちは上の3つの回避はぐっと堪えて、その場面を歩きや走行、ジャンプで代用してみましょう。

また今作は回避をする度に次の回避が一定時間弱くなっていくという仕様もあるため回避の多用は注意です。

復帰ですぐジャンプを消費する

次にありがちな行動が復帰の際にすぐジャンプを消費してしまうことです。

崖際で復帰阻止の強いファイターに飛ばされた上の画像ような状況を想定してみましょう。

初心者はここで自分のファイターが動けるようになったらすぐにジャンプを消費してしまいがちです。

しかしながら、ジャンプを消費してしまうとその後の復帰ルートが制限されてしまい復帰阻止がされやすくなってしまいます。

では具体的にどうすればいいのかというと、わざとジャンプを残して低い位置まで行き、ジャンプを消費するタイミングで復帰上Bを使うタイミングをずらして復帰します。

もしくは絶対に撃墜されない%であるという自信があれば、わざとジャンプをせずに強気に上Bと横移動だけで崖に近づいて、仮に復帰阻止された次回の復帰で使う選択肢もあります。

勿論自キャラと相手キャラの位置関係やキャラクターによって絶対はありませんが、上位プレイヤーは場外でのジャンプの使い方に気を使います。

攻撃面と防御面で覚えたほうがいいこと

まずは全体的な動きとして初心者がやりがちな行動を紹介しました。

次は、攻撃面や防御面で是非早いうちから意識したほうがいいことを紹介します。

Cスティックを使って空中攻撃をする

スマブラの基本行動に見せかけて、初めてスマブラを触った人には難しい操作がこれです。

少し具体的に解説をすると、スマブラは空中でCスティックを弾いた際に、弾いた方向の空中攻撃を3Dスティックを倒してなくても出すことが出来ます。

これを利用することで、後ろ方向にスティックを倒して下がりながら前方向の空中攻撃を出したり、左右に動きながら上方向の空中攻撃を出すことが出来ます。

空中での刺し合いや着地狩りでの必須テクニックなので、最初は違和感があると思いますが早いうちから練習することをおすすめします。

確定反撃を重くしよう

スマブラというゲームは位置関係が目まぐるしく変化する上に、硬直の少ない技も多いため落ち着いて確定反撃をする場面は多くありません。

しかしながら、相手のスマッシュ後の硬直や、投げ後の硬直など少なからず千載一遇のチャンスというものは巡ってきます。

そのチャンスが巡ってきた際に、自分のキャラクターがどの技で確定反撃を取ればよいか整理しておくか、そうでないかで勝率は劇的に変化します。

具体的に整理しておいたほうがいいのは、ダメージを最もとれる技(コンボ始動含む)と、相手を撃墜できる技の2つです。

重い反撃を取ってくる相手、安易な行動を取ったら撃墜される相手とわかっただけで相手の緊張感が増すことは間違いないでしょう。

崖の上がり方を工夫しよう

最後にスマブラ特有のやり取りと言っても過言ではない、崖際のやりとりを紹介します。

初心者にありがちな行動としては、「捕まって最速で行動しかつ同じ行動を繰り返す」です。

崖から戻る選択肢は細かくわけると非常に多くの選択肢があるため、単調にならないよう注意しましょう。

まず崖に捕まって無敵が切れるまでの僅かな間のタイミングを変えることで1つの選択肢になります。

さらにその後も単調に同じ行動を繰り返すのではなく、複数の選択肢を使い分けることによって崖から上にあがれる確率は劇的に変化します。

特に今作は攻撃上がりや、回避上がりが前作に比べて強化されていることもあり割とじゃんけんになっています。

崖を捕まってる状態で出来る選択肢(攻撃・回避・その場・ジャンプ・崖離し・捕まりっぱ)を整理し、どの択がどれに強いかを考えてみましょう。

前作の仕様で書かれているため、必ずしも今作で同じようにはいきませんが、考え方は学べるため崖際の記事も参考までに紹介しておきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。私が思いつく初心者が陥りがちな行動をざっくりとまとめてみました。

このあたりの行動は、キャラクター問わずスマブラ全体で役に立ってくるはずなので、自分の画面内の行動を一度見返してみてはどうでしょうか。

少しでも多くの方が初心者を脱出出来ることを祈って締めたいと思います。

エル

書いた人:エル

エル。前々作にあたる「スマブラX」全盛期より長きに渡ってコミュニティを牽引する古参プレイヤーの一人。現在は国内最大規模を誇るスマブラコミュニティ大会「ウメブラ」のメインスタッフを務める。使用キャラはクラウド。

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る