ファイター攻略

【スマブラSP】オンライン対戦の裏ボス!? ガノンドロフを対策しよう!

どーも!Raitoです。

今回は質問箱より届いたキャラ対策のうち、意外と手強いガノンドロフの対策について紹介します!

ガノンドロフってどんなキャラ?

前作までは機動力の無さ、技の後隙の多さ、復帰力の無さから最弱レベルのファイターとして数えられていたガノン。

今作は優秀な空中技と武器+超高リーチ判定を持つスマッシュを手に入れ、より重厚感を増した超パワー型ファイターとして君臨しています。

技単発のダメージも全キャラ中トップクラスで、一度技を受けるとアッという間に撃墜%帯まで溜まってしまった…なんてことは良くある話です。

食らってはいけない技を覚える

実際に対策に入ろう!という時に、まず先に覚えておきたいのが相手の強いセットアップです。

特に序盤のコンボや撃墜択、横必殺技の読み合いは知らないままにしておくと更にダメージを重ねられて大変なことになってしまいます。技の特性はしっかりと把握しておきましょう。

1.旋風陣(空中ニュートラル攻撃)

単体ダメージが20.2%と空中技としては非常に高い上に、下投げやDA等どんな状況からも繋がるとても厄介な技です。

判定が強く着地の暴れとして、また復帰阻止のシーンでも多く使われます。特に復帰阻止が厄介で、速い落下速度も相まって崖外で振られるだけで帰ってこれないファイターもいる程です。

終盤でもDAの持続当てから確定してしまうので、%状況をよく見て空Nで外に出される状況だけは避けるようにしておきたいところです。

2.必殺技(炎獄握&烈鬼脚)

炎獄握

横Bの炎獄握は15%+ガード無視の掴み属性の技で、相手を地面に叩きつけてそのまま追撃の読み合いを仕掛けてくる技です。

この技に対して受け身を取れないと、キャラによっては下強などの技が確定、最悪の場合起き上がりに更に横Bを合わせられるか、下スマや空下から凶悪なコンボを決められてしまいます。

発生が早く見てから避けるのが困難なので、最悪の事態は避けるためにも受け身はできるようにしておきましょう。

ちなみに受け身のタイミングは地面にキャラが叩きつけられる時

間違いやすいですが、横Bで掴まれた直後の炸裂音の後にバウンドするので早めに受け身を取ろうとすると失敗しやすいので注意です。

烈鬼脚

下Bの烈鬼脚は発生が早いわけではないのですが、凄まじく長い持続とリーチを誇る突進技です。

尚今作の列鬼は発生よりも持続の方が吹っ飛ばし力もダメージも高いです。当たらないだろうと高を括ったり、ジャンプで様子見をしている時に引っかかりやすいので注意しましょう。

3.各種スマッシュ

今作のガノンを特徴付けるのがこのスマッシュ。破壊力もさることながら、非常に長いリーチを誇り対空も兼ねてしまう程の強さがあります。

横スマはダメージが30%かつ非常に高い吹っ飛ばし力を誇る壊れ技です。その威力は終点崖端のマリオを被ダメ補正無し40%から撃墜してしまう程

ガノンに崖端に追い詰められた時、少しでもシールドが削られているとこの強力なスマッシュを前に成す術が無くなってしまうので、ラインが無い時は特に警戒する必要があります。

ガノンドロフの弱点を突こう

今作のガノンはこれまでのシリーズとは段違いの火力を誇るファイターですが、勿論弱点は存在します。

空中から攻める

特に致命的なのが機動力の無さ。ダッシュ自体もかなり遅めですが、それ以上に空中での機動力がまるで無いので飛んでる相手を落とすのは一苦労です。

またガノンはガーキャン(シールドキャンセル)行動が弱く、相手の技をガードしてもリターンを取りづらいです。

機動力が低くステップも弱いので相手の攻撃の固めには意外と弱め。基本的に地上ではなく空中から攻めるようにすれば自身を守りつつダメージを稼ぐことができるようになります。

地上から読み合いをする場合、横BやDA、掴みといった強力なコンボに繋がる技を通されてしまうリスクが増えますが、空中からであればある程度見てから対処できるのもおいしいです

ただし適当な位置で飛んでしまうと下Bの持続に引っかかってしまうので注意しましょう。

復帰阻止をする

シリーズ共通の弱点ですが、ガノンの復帰力はかなり弱めです。空中の横移動力が殆ど無く、吹っ飛ばされた時に横の距離を稼げないと崖に届かずあっという間に撃墜できてしまいます。

崖外に飛ばしたらほぼ必ず移動回避で距離を稼ごうとするので復帰阻止をするチャンスです。

移動回避後は少しでも小突いてしまえばもう復帰することは不可能になるのでガンガン外に出て復帰阻止をしましょう。

おわりに

今作のガノンは前作までとは違いパワーと技を引っ掛けた後の展開の良さに驚いてしまう事が多いかもしれません。

しかしその状況を怖がってガードを貼り続けてしまうのは悪手。小ジャンプや回避を巧みに使ってヒットアンドアウェイを繰り返してスムーズに復帰阻止の流れを作れるようにすれば勝率を伸ばしやすくなるでしょう。

少しでもガノンに勝てずに困っている方の参考になれば幸いです。

それでは!また次の記事でお会いしましょうー!

Raito

Raito

ライト。EVO2018・2019と2年連続でTOP8入りを果たした世界最強ダックハント使い。国内外の数々のトーナメントシーンで活躍し、PGR世界ランク20位/日本ランク4位に輝く。

RELATED関連記事

トップに戻る