上達方法

【スマブラSP】掴まれたらマズい時に、相手の掴みを拒否する方法

こんにちは、あばだんごです。

今回の記事は掴みを拒否したい場面と拒否する方法について書きます。

スマブラの掴みは非常に強く、使われる場面も多いのでしっかり対処していきましょう。

掴みを拒否したい場面

まずは掴みを拒否したい場面を整理しましょう。

投げからコンボが繋がる

インクリングは投げコンボがダメージソース。

投げからコンボが繋がるときは掴みを拒否したいですね。

特に低%のときはたいていのファイターが投げコンボを持っています。

さらに投げコンボは比較的相手のふっとびずらしを確認しやすいので、相手のコンボミスも期待しづらいです。打撃から掴みに繋がる場合は仕方ないですが、掴み単体で食らうのは避けたいですね。

打撃から始動するコンボの方が投げコンボより痛い場合は、思いきってガードを固めて投げられてしまうのも手です。

投げで撃墜される

リザードンの上投げは撃墜技。前投げも後ろ投げも撃墜できるので、ダメージさえ溜まればどこでもOK。

投げ技が強力なファイターはそれだけで撃墜が狙えます。

どの方向の投げが飛ぶのか、どれぐらいのダメージで投げられたら撃墜するのか把握しておきましょう。

大体前投げか後ろ投げが強いので、ステージ端では投げをくらいたくないところです。

投げで状況が悪くなる

直接的なダメージにはなりませんが、コンボや撃墜に繋がらなくても投げられた後の状況が悪くなります。

上方向に投げると着地狩りをされやすくなり、ステージ外に投げられると復帰阻止や崖狩りの展開になります。

フォックスは着地狩りが強力なので、上投げ後の展開が良い。

特に撃墜%が近くなると、自然と撃墜技を通されないようにガードが固くなります。

そういうときに冷静に投げを通されると、状況が悪くなってしまい更に撃墜拒否が難しくなります。

掴みを拒否する方法

それでは掴みを実際に拒否する方法を見てみましょう。

掴みに対応する択は回避だと思われがちですが、回避以外にも択がいっぱいあるので持っておきましょう。

引きダッシュ様子見を増やす

ダッシュが速いファイターは引きダッシュで掴みをかわしやすい。

そもそも掴みの間合いに入らない方法です。密着状態を作らなければ掴みは喰らわないです。

むしろこの引きダッシュに相手のダッシュ掴みが噛み合えば、スマッシュ攻撃でも反撃が可能です。

引きダッシュの性能がいいファイターは、見てから避けるのではなく、引きダッシュをとりあえずやっておくのを試してみてください。

ジャンプ様子見を増やす

ゼロスーツサムスは小ジャンプが多い立ち回りなので、ジャンプでの掴み拒否がマッチしている。

引きダッシュは横軸をずらして掴みをかわす方法ですが、ジャンプは縦軸をずらしてかわす方法です。

ジャンプ様子見で掴みを透かすと、そのまま空中攻撃に移行できるのでコンボにも移行しやすいです。

前方向に強い技があるゼロサムやパルテナなどのファイターはこの掴み拒否が得意です。

台上で待つ

ワリオは体重差を活かして、攻撃をくらいながらも台上で待ちやすい。

ジャンプで様子見するのと似た感じになりますが、台上で待つのもありです。

相手のファイターの空中攻撃によるプレッシャーがそこまで強くないときに有効です。

投げコンボの始動%を抜けたいときは、攻撃をくらってもいいから台上でひたすら待ち続けて反撃を伺うのもありです。

緊急回避をする

Mr.ゲーム&ウォッチは下スマッシュが強力なので、その場回避のリターンが高い。

当たり前ですが緊急回避も掴み拒否に使えます。

スマブラSPではその場回避の後隙を攻撃でキャンセルできるので、リターンが高い反撃がしやすいです。

しかし回避をしなければいけない状況になっている時点で、掴みをするかしないかの読み合い、間合いに入ってしまっています。

掴みをくらうリスクを避けるには他の方法で掴みを拒否したほうがリスクが少ないでしょう。

掴まれてもいい位置で戦う

掴み拒否とはまた異なりますが、そもそも投げられても大きなリスクは背負わない位置で戦うのも大事です。

例えば後ろ投げ、前投げが強力なファイター相手に崖端で戦うのは危険なので、できるだけ真ん中で戦うといった感じです。

掴みを拒否できるのが1番ですが、掴みをくらう場合のことを考えて立ち回るのがいいですね。

おわりに

どんな場面で掴みを拒否したいか、どんな方法で掴みを拒否すればいいのかについて整理しました。

使うファイターによって得意な拒否方法は違うし、使われるファイターによってどの拒否方法が有効化は違います。

どの方法が有効になるかは自分で考えたり試したりしてください!

Abadango

Abadango

あばだんご。忍ism所属プロスマブラプレイヤー。EVO2019では3500人中9位の成績を収めるなど、国内外で広く活躍するトッププレイヤー。PGR世界ランク40位/JPR日本ランク10位。

RELATED関連記事

トップに戻る