上達方法

スマブラSPを始めた格ゲープレイヤーが抑えておきたい5つのポイント〜格ゲー脳脱却〜

こんにちは、あばだんごです。

今回の記事は、スマブラを始めた格ゲープレイヤーがまず練習しておきたいことについてです。

最近忍ismのゆうすけたつやという定期配信において、格ゲー界のレジェンドであるももちさんとハイタニさんがスマブラをプレイしています。

その配信で僕がゲスト講師として教えているのですが、その時に気になったこと、特に格ゲープレイヤーだからこそ気をつけたほうがいいなと思ったことをまとめます。

振り向き入力、反転入力をする

格ゲーは相手がいる方向に勝手に向いてくれます。しかしスマブラはリュウ・ケンを除いて勝手には向いてくれません。

相手がいる方向に向きを直したり、相手がいる方向と逆の方向をあえて向くのはスマブラならではでしょう。

相手がいる方向に向きたいときは、前側に強い技を出したいときや投げを通したいときです。

逆に相手がいない方向に向きたいときは、空中後ろを出したいときですね。スマブラは比較的空中後ろ攻撃が強めに設定されています。

反転方法に関しては動画で割と詳しく説明してるので御覧ください。

やられ(倒れ)吹っ飛びになったら体勢を立て直す

格ゲーでは、やられ吹っ飛び (ダウンする吹っ飛び方?) になったらなにかボタンを押して体勢を立て直します。

スマブラでは、やられ吹っ飛びになったら空中ジャンプか全体フレームの短い技で立て直すのが基本ですね。

このやられ吹っ飛び中は急降下が入力できないので、なにかしらで体勢を立て直すのは重要です。

空中ジャンプが潰れているときは、全体フレームの短めの技を出して体勢を立て直すか、回避するか、暴れをするかに限られます。

ところが格ゲー脳でやられ吹っ飛びになると、とりあえず空中ジャンプをして体勢を立て直そうとします。

そのときに攻撃をくらってしまったら1回しかない空中ジャンプがなくなりやすくなりますし、空中ジャンプがないときはただやられ吹っ飛びのままくるくる回るだけになってしまいます。

まずは空中ジャンプがなくならないように攻撃や回避を使ってみたり、空中ジャンプがないときに全体フレームの短い技で体勢を立て直すと変わると思います。

反撃確定のない有利フレームは基本的に掴み

格ゲーでは、反撃確定がない場面では小パンなどの発生の早い技を重ねて有利状況を作ります。

しかしスマブラでは、近距離でガードをさせて有利フレームを取れる技がほとんどありません。

スマブラにおいては反撃確定ではない、もしくはフレーム的に間に合うか怪しいときは掴みで取りに行くのがセオリーとなります。

格ゲーにおける密着時の有利フレームの小パンを擦る感覚とほぼ同じです。

フレーム的にギリギリ間に合わない掴みを避けるには、回避しかありません。さらに反撃してリターンを取りに行くにはその場回避しかありません。

その場回避は読まれたらスマッシュでもなんでも入ってしまい、結構リスキーな選択肢ではあります。

なのでまずは反撃確定か怪しいときは掴みで反撃しに行くようにしましょう。

弱攻撃などが3段攻撃や百烈攻撃でフォローが効く場合はそれでもいいでしょう。

着地狩りで相手に回避されてもいい択を取る

格ゲーにおける空対空(空中 対 空中)は、単発で終わって起き攻めに移行するか、そのままコンボに移行するかのどちらかだと思います。

スマブラでは、着地狩りの対空をした後にもう一度着地狩りをするチャンスや、回避されてももう一回着地狩りできることが多いです。

例えば、着地狩りの対空で下りながら空上を使い、ヒットしたらもう一度同じ着地狩り、回避されたら着地隙を別の技で狩るイメージです。

この着地狩りの空対空はループしやすく、まとまったダメージ源になることが多いので利用していきましょう。

上り空中攻撃に反撃確定を取る

格ゲーでは、上り空中攻撃は中下段の読み合いで使うことが多く、引きジャンプしながら攻撃するので反撃がほとんど取れません。

スマブラでは、シールドキャンセル行動が優秀なので、間合いを引ききれてない上り空中攻撃は反撃を取れることが多いです。

ネスのように上り空中攻撃と下り空中攻撃を1回のジャンプで出せるようなファイターには、上り空中攻撃に反撃確定を取るのが重要です。

この上り空中攻撃に反撃が取れないと、隙の少ない下り空中攻撃をガードすることになり、状況が悪くなってしまいます。

上り空中攻撃をガードした段階で、シールドキャンセル上スマやシールドキャンセル空中攻撃で反撃確定を取りましょう

また下り空中攻撃は隙がほとんどないので、上りの空中攻撃を振らせることも大事です。

下り空中攻撃をダッシュガードなどで気まずい間合いを作り、シールドキャンセル空中攻撃を上りで出させて反撃確定を取りましょう

まとめ

以上が格ゲーとは大きく異なる部分で、意識的に変えていかないといけない部分かなと思いました。

その他の上達するための術などは、格ゲーと似通ってる部分も多いので上達が早かったです。

今後も格ゲーならではで気になった点があればまとめたいと思います!

Abadango

Abadango

あばだんご。忍ism所属プロスマブラプレイヤー。EVO2019では3500人中9位の成績を収めるなど、国内外で広く活躍するトッププレイヤー。PGR世界ランク40位/JPR日本ランク10位。

RELATED関連記事

トップに戻る