スマブラ平日オフ大会「闘龍門」SmashlogTVにて隔週配信決定!

みなさんこんにちは、キシルです。

9/19に第33回闘龍門が行われ、その様子がSmashlogTVにて配信されました!

そしてさらに、これからの闘龍門も現状SmashlogTVで配信される予定であるとして発表がされました。

闘龍門の配信は隔週で水曜日に行われます。

というわけで今回は配信の見どころなどを記事としてまとめたいと思います!

闘龍門ってなに?って人はこちら

SmashlogTVのチャンネル登録もぜひよろしくお願いします!

闘龍門の見どころ

関東強豪によるハイレベルな試合

闘龍門と言えば平日大会でありながら非常にハイレベルな大会として知られています。

9/19に配信された第33回闘龍門の参加プレイヤーを例に挙げると、

あばだんご、KEN、キリハラ、つー、shky、takera、ライト、うめき、きしゃ、がくと、やから、抹茶、フト、Fsann

など、錚々たるメンバーが参加していることが見て取れるかと思います。

スタッフが配信に流す組み合わせを選んでいますが、熱いであろう組み合わせを選ぶよう心掛けていますので、配信を観ていただければ見応えがあり、参考になるような試合が繰り返されること間違いなしです!

決勝まで全て二本先取の試合ということで、観る側としてはスムーズにいろんなマッチアップが観られるのも非常に観やすい環境になっているかと思います。

また、コメントで観たい組み合わせを教えていただければ、可能な範囲で配信台に持ってくる配慮ができます。

そこらへんも48人規模の平日大会ならではかなと思います。

様々なプレイヤー達による実況解説

33回では僕がメインで実況、解説役が交代で入っていただくという形で実況解説を行いましたが、基本的に様々なプレイヤーがマイクを持ってくれるのが闘龍門です。

あばだんご、ShogunなどのSmashlogのメンバー達はもちろん、KEN、shkyなどの上位プレイヤーや、なんちゃん、Fsannなどの面白いキャラクターで人気のプレイヤー達も配信に登場してくれました。

試合に出ているキャラと同じキャラの使い手を呼んでのハイレベルな解説もとても魅力的ですし、こちらもコメントにて希望を述べていただければ、可能な範囲でリクエストされたプレイヤーを解説役に呼ぶことができます。

試合が無いタイミングであれば、誘われればマイクを握ってくれるプレイヤーが多いことはスマブラ界の素晴らしいところですね。

自分はこれからの闘龍門でプレイヤーとして参加せずに実況オンリーで参加するかどうかは決めていませんが、なるべく聴きやすい実況をお届けできたらいいなと考えています。

個性豊かなプレイヤー達によるトーク

試合中の実況解説も見どころですが、大会開始前と終了後、そして試合間に行われるプレイヤー達の雑談も見どころです。

プレイヤー達の色が出るような掛け合いや考えなどを聞くことができます。

僕はストリートファイターをやっていた頃こういう雑談を聞くのがものすごく好きだったので、きっと同じようにこういうの好きな人いるじゃないでしょうか。

もちろんコメントも可能な範囲で拾わせていただきますし、プレイヤーに質問を投げることも可能です。

33回ではKENさんとShogunさんがソニックフォックスの相性についての雑談を行なっていた場面がありましたが、大雑把なダイヤだけでなくステージ観などまで話していて非常に貴重なお話でした。

それ以外でもなんちゃんきしゃによるギャグ調の雑談や、あばだんご、キシル、たけらによるこれからやりたい、やるかもしれない企画についての話も結構面白かったんじゃないかなと思います。

今後もこのようないろいろな話が聞けると思うので、お楽しみに。

気軽にコメントしてください!

どの項目にも「コメントしてくれれば拾う」という部分を含みました。

闘龍門では配信席の目の前にPCとコメント欄があるので、目の悪すぎる僕でもすぐにコメントを拾うことができます。

要望でも質問でもコメントして貰えると対応できるのは闘龍門の大きな見どころだと思うので、ぜひ気軽にコメントしてください。

僕は個人で配信ができない環境にいるので、視聴者とコミュニケーションが取れるのはすごく楽しかったですね。

闘龍門に遊びに来てください!

もちろん闘龍門にプレイヤーとして参加して欲しいという気持ちもあります!

先ほど述べた通り、闘龍門は強豪ばかり。ガチ勢の巣窟であることは間違いありません。

しかしだからこそ、上を目指すプレイヤーに来て欲しい大会となっております。

初参加は無料というありがたいお試しシステムもありますし、負けた後もある程度フリー対戦ができますから、上位勢にボコられに来てはいかがでしょうか。

こんなに自然に上位勢とフリーできる環境もなかなかないと思いますよ!

最後に

SmashlogTVと闘龍門の宣伝記事となりましたが、闘龍門の配信は比較的コンパクトな時間でいろいろな試合を観られるので、大会視聴、いわゆる動画勢入門としてぴったりなんじゃないでしょうか。

ぜひ闘龍門の配信でプレイヤーについて知っていただき、これからよりスマブラライフを楽しんで貰えればと思います。

最後まで読んでくださった方ありがとうございました!

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る