コラム

2019.06.10

【スマブラSP】Ver.3.1.0アップデートのキャラバランス調整と環境変化予想

みなさんご存知の通り、先日の5月31日にVer.3.1.0に更新されるアップデートが行われました。

このVer.3.1.0では、新キャラの追加は無かったものの、大幅なキャラクター性能のバランス調整が行われ、スマブラSPは新たな対戦環境を迎えました。

今回の記事では、アップデートによって強化されたキャラ、弱体化されたキャラに触れながら、新しい環境の予想をしていこうと思います。

弱体化を受けたファイター

これまでのアップデートによるバランス調整を鑑みると、大幅なキャラクターの弱体化は今後も無いと予想されたスマブラSPでしたが、Ver.3.1.0ではかなりキャラクター性能を変更してきています。

ピチュー

間違いなく今回のアップデートで最も弱体化を受けたキャラだと思います。

前作スマブラ4のシークを彷彿とさせるような大胆なバランス調整が施されています。

弱体化の内容は項目にして計13箇所。これだけでも痛い弱体化を受けたことが分かります。

中でも、電気技を使ったときの自傷ダメージ増加はかなり大きな弱体化で、ただでさえ体重の軽いピチューの自傷ダメージが約1.5倍~2倍に増加しました。

さらに、喰らい判定が拡大され、今までしゃがみ歩きで避けることが出来たウルフのブラスターが当たるようになってしまった等、細かい部分でこの弱体化も響いています。

また、横強の撃墜力が相当落ちたため、崖での圧力が以前よりも少なくなりました。

横強は色んな場面で使うことのできた撃墜技だったため、今回のバージョンのピチューは全体的に撃墜力が落ちたと言えます。

前バージョンまでは満場一致のSランクキャラだったピチューですが、このアップデートによってキャラランクが落ちることが予想されます。

Smashlogの方でもまたキャラランクを更新する予定なので、少しお待ちいただければと思います。

その他の弱体化したファイター

前回のSmashlogランクでSランクに認定されていたキャラで見ると、フォックス以外の5キャラが弱体化を受けています

ウルフ

ウルフの弱体化はブラスターの後隙が3F増加、上Bの攻撃判定縮小、下スマのふっ飛ばし力減少とありますが、上Bの弱体化以外はさほど手痛い弱体化ではないという印象です。

ピーチ・デイジー

ピーチは空中前と後ろ投げのふっ飛ばし力減少や、カブ引っこ抜きの後隙増加などの弱体化を受けています。

ただ、横スマッシュのゴルフクラブのふっ飛ばし力が上がった為、こちらの開拓にも今後期待です。弱体化だけでなく強化点もあると、プレイヤーとしては少し救われる気がします。

ピクミン&オリマー

オリマーは上スマや横スマなど他のキャラと同じような弱体化を受けていますが、一番痛いのは喰らい判定拡大によるガード漏れでしょう。

元々ガード漏れが起きやすいゲームではありますが、オリマーは今回のアプデによってガードが満タンに近いような状態でも技を喰らってしまうという事態になりました。

ルキナ

ルキナは横スマと空前のふっ飛ばし力減少という弱体化。

そこじゃないと突っ込みたくなるような調整内容ではありますが、しっかり弱体化を受けています。Sランクキャラの中では比較的弱体化の幅が小さいかも?

いずれのキャラ達もキャラランクが変動するほどの弱体化ではないように感じます。(それとは別に、弱体化を受けていないフォックスはキャラランクが下がりそうですが…)

強化を受けたファイター

リュウ・ケン

まずはリュウとケン。今まで不遇だった2キャラですが、ここにきて大幅な強化を受けています。

正直僕自身もどこがどう変わったか詳しく理解できていないのですが、とにかく強くなりました。

この2キャラは以前のバージョンからインファイトキャラに対しては五分近い相性を取れていたため、今回のアップデートによって上位のインファイトキャラに対して有利に近いような相性になった可能性もあります。

使い手の開拓次第でまだまだ強くなりそうなリュウとケン。環境に入ってくる可能性も大いにあります。

ディディーコング

ディディーコングも大幅な強化を受けたファイターの一人です。

上スマのふっ飛ばし力が上がり、まるでスマブラ4のような下強→上スマのコンボが実践で見られるようになりました。

DAのふっとぶ角度変更や空下の発生が早くなった影響で、DA→空下など、DAから各種空中攻撃に繋ぐ確定コンボが生まれました。

以前まではかなり弱めに設定されていた上Bによる復帰も、今回のアップデートでかなり強化され、復帰しやすくなりました。

また、復帰しやすくなったということは復帰阻止能力も上がっており、空後などによる復帰阻止が強力になりました。

ルカリオ

そして、以前からある程度強かったルカリオが何故か大幅な強化を受けました。

波動弾溜めからコンボが繋がりやすくなったり、前バージョンから強かった横スマが更に強化されたりと、ルカリオ使いからすればかなり嬉しい強化になっていると思います。

使い手の結果次第で環境キャラになる可能性も十分あり、今後の大会結果に注目です。

今後の対戦環境予想

何と言ってもピチューの弱体化が現対戦環境に大きな影響を与えることになりそうです。

“他のキャラにはある程度いけるけど、ピチューだけは本当にキツい”みたいなキャラが前バージョンでは数キャラいたため、そのキャラたちを今後大会シーンで見れるようになりそうです。

また、他の上位キャラが弱体化されたことにより、今回弱体化を受けなかったゼロスーツサムスやジョーカーが今後の環境で猛威を振るうかもしれません。

前バージョンで既にMkLeo選手が海外の大規模トーナメントを何度もジョーカーで優勝していることから、ジョーカーのポテンシャルの高さは以前から認知され始めていましたが、今回のアップデートでさらなる追い風が吹きそうです。

他にも、ワリオ、ゲッコウガ、シュルク、ピカチュウは相対的に強化されたキャラだと思います。

今回単純に強化を受けたルカリオ、キャプテン・ファルコン、リュウ、ケン、ディディーコングの今後の活躍にも期待です。

個人的にはルカリオが良い性能になっていると思っていて、これからのトーナメントシーンで活躍するだろうと予想しています。

前バージョンではケンを使うことをやめていたSmashlogメンバーのtakeraさんも現バージョンではケンを触っているようで、今後のtakeraケンにも期待が高まります。

まとめ

色々書いてきましたが、まだ今のところは弱体化/強化された内容や数字だけを見て色々言っている部分があるので、実際のこれからの大会結果次第でどんな環境にもなり得ると思います。

今まで慎重にバランス調整を行なっている印象だったため、今回の大幅バランスには少し驚きましたが、これによって大会のトーナメントがどう変わっていくのかは見ものです。

Ver3.1.0のスマブラSPも皆さんで楽しんでいきましょう!

Atelier

Atelier

あとりえ。PNG所属プロスマブラプレイヤー。関西を拠点とする強豪であり、前作ではロゼッタ&チコ使いとして「ウメブラ」31回大会優勝の実績を持つ。スマブラforWiiU最終日本ランキング第10位。スマブラSPのメインキャラはウルフ。

RELATED関連記事

トップに戻る