ファイター攻略

【スマブラSP】ケンのコマンドとコンボ・立ち回り解説【性能評価】

こんにちは、takeraです。

スマブラSP(スイッチ)から新規参戦したファイター『ケン』の技性能を解説していきます。

ケンは技が多く使いこなすのが難しいキャラではありますが、コマンドやコンボを習得していくことで非常に開拓しがいのある魅力的なファイターです。

ケンを使いたい方は是非この記事を参考に練習してみてください!

Ver.3.1.0アプデ版に更新しました(2019.06.19)

ケンについて

ケンはストリートファイターシリーズに登場するキャラクターです。

コマンド入力や通常技キャンセルなど原作に寄せた独自のシステムが数多く存在し、やり込みがある作りとなっています。

ケンの出し方・解放条件

  • 勝ち上がり乱闘でヨッシーを使用して8回クリア
  • 大乱闘モードの参戦ファイターのうち、57番目に出現

弱・強攻撃性能

弱1

発生が2F(フレーム)と早く、ボタン1つで出ることから密着時の暴れ技として有能。

キャンセル対応技だが派生で出せる2段目もキャンセル対応のため、あえて1段目でキャンセルする機会は少ない。

弱2

前述の通りキャンセルに対応しているため、密着での暴れから弱2まで繋げてコマンド技へ派生するパターンが多いです。

2段目を当てた時点で少し前進することができるので、密着で当てたときに恩恵の大きい技はこの技から派生すると面白い。

弱3

キャンセルこそ対応していませんが、飛ばす角度が低いため受け身展開を作れたりと面白いです。

弱2でのキャンセルが間に合わないと思ったら出し切ってしまうのもアリです。

弱(長押し・遠距離)

発生9F。足を振り上げて踵落とし。正直1番使い所わからないです。。

使い道が分からないだけならともかく近距離だと別の技に派生してしまうため、ほぼ存在すらしない技です。今後の開拓に期待してます。

弱(長押し・近距離)

発生7F。Ver.3.1.0以前は上強攻撃(長押し)と同じ技でしたが、アップデートにより吹っ飛びが差別化されました。

当ててもほぼふっ飛びは発生せずそこからコンボをつなぐ始動技となり、近距離での火力が格段にあがりました。

OP相殺(ワンパターン相殺)が傷ついてない状態で単発なんと15.1%。それが優秀なコンボパーツなのですから恐ろしい。

しかも偉いのが本来の上強攻撃の性能を引き継いで上半身無敵が残っていることなんですよね。遠距離で別の技になってしまうところさえ見切れれば優秀な対空にもなり得ます。

上強攻撃(短押し)

発生3F。通称「肘」。キャンセル対応かつ性能に長けたこの技はスマブラforWiiUでは猛威を振るっていました。

スマブラSPでは引き寄せ判定が無くなった点と相手に当てた時の硬直が少なくなってしまったため、使いづらい技にこそなってしまいましたが、それでも早い発生かつガードさせても低リスクなこの技は重宝します。

Ver.3.1.0のアップデートにより肘の吹っ飛び方向が斜め前から角度が少しだけ上がりました。今まで拾えてなかった位置に対して機能できるようになったので、使い手からすると地味に嬉しいです。

しかしおかげで肘から大外回し蹴りという崖際超強い撃墜択は若干難しくなっています。

上強攻撃(長押し)

発生7F。上半身に無敵が付いているため対空として機能します。

ダッシュから出せる点も相性がよく、着地狩りの主な択として活用しています。

弱攻撃(長押し・近距離)と違って遠距離でも別の技にならないのが優秀です。多少遠目でもしっかり拾うことができます。

横強攻撃(短押し)

発生8F。足をちょびっと出すこのキックは見た目よりもよっぽど凶悪です。

足に無敵がついていて、持続も多少存在するため置き技として機能します。リターンが高い対空択としてもありかなと思ってます。

先端をあてたときのみほぼ真上にかちあげることができるので、そこからぼったくりコンボを狙うことができます。

当てどこが難しい技でしたが、Ver.3.1.0のアップデートで真上にかちあげる判定の位置が広がったので、期待値が大幅にあがりました。

横強攻撃(長押し)

発生10F。正拳突き??発生の割に吹っ飛ばしが高くベクトルが低いことから、復帰難のキャラに対して早期撃墜を狙えます。

崖際のコンボの〆に便利です。といいつつも正直他の技で代用可能でこの技を見ると暴発をまず先に疑います。

横強攻撃(短押し・近距離)

発生3F。近距離でのみ技が変わる今作からの仕様により生まれた強技。

ふっ飛ばしは存在せずに大きな硬直だけ生まれます。ダウン連対応なのでダウンしたときにこの技を当てれると大きなダメージを稼げます(キャラによっては当たりませんが)

弱(長押し・近距離)の登場により出番が減るかと思いきや、ちょっと前進したり発生も早いのでまだまだお世話になる機会は多そうです。

下強攻撃(短押し)

発生2F。通称「小足」。キャンセル対応技。

発生、連打性能、リーチ全て優秀で差し合いから撃墜まで重宝します。ただしこの技から繋ぐ火力はあまり大きくないので、火力を稼ぎたいなら他の技から繋いだほうが高いパターンが多いです。

下強攻撃(長押し)

発生6F。通称「中足」。

序盤はあまり評価していませんでしたが、中足を絡めたコンボの開拓により以前に比べて伸び代は感じています。

基本派生するパターンが優秀な小足という技なので、中足の開拓はかなり期待が持てます。

空中技

空中ニュートラル攻撃

発生6F。リュウとは違って足を少し前に出します。

発生、持続、後隙、着地隙と優秀な点が多く差し合いで重宝します。低リスクにコンボの起点を作るのに適しています。足を伸ばしているとはいえリーチは短いので振りすぎ厳禁です。

ケン対策をするときにまずこの技が一番警戒すべき技だと思います。

この技を通していると火力もとられ撃墜も容易なのでまず苦しむ事まちがいないでしょう。逆にこの技が当たらなくなってくると一気に対策の道がひらけてくると思います。

空中上攻撃

発生5F。通称「ブサイクキック」。見た目がもう少しなんとかならなかったのかとも思いますが、判定も強く空中技キャンセルの仕様とも相性が良いためかなり良い技です。

体の大きなキャラには着地しながら当てることができたりとオシャレポイントも高い技となってます。

Ver.3.1.0のアップデートにより空中昇龍の撃墜力が弱くなってしまったため、前ほど驚異的ではなくなりました。それでも上方向に圧力をかけれるという点では優秀です。

空中前攻撃

発生8F。足をめいいっぱい伸ばして攻撃。

ダメージが高くベクトル変更をされない限りは火力も安定してとれます。しっかりベクトル変更をしているとそこまで痛い目には合わないので意識しましょう。

判定が強く相手の技に噛み合うように振るだけで一方勝ちできたりと、剣キャラのような差し合いもできる技です。

空中後攻撃

発生8F。リュウとケンは相手の方を自動で向いてしまうため、この技を振る機会は限られます。ダッシュ反転ジャンプなど初動があってようやく出せるという悲しさです。

しかしその分吹っ飛ばしやベクトルは優遇されていて、崖端で当てようもんなら100%いかずに撃墜することも珍しくないです。

アタックキャンセル(地上技をジャンプでキャンセル)というテクニックをつかえば前方斜め前に対して素早く空後を出すことができます。この辺りは動画で解説があるのでご覧ください。

シンプルなジャンプ読みとして使ったり、横強攻撃(短押し・遠距離)の先端から繋いだりなど重宝します。少し難しいですが練習する価値はあると思います。

空中下攻撃

発生8F。斜め下に飛ぶ強烈なメテオ技。

前作ほどではないですがコンボの〆として使われる場面もチラホラ。リュウよりも着地空上の使いやすさや空Nの全体フレームが短かったりと機会は多いと思います。

地上当てをすることで軽く浮きコンボに派生することができる技です。飛び込みでぼったくる選択肢として活用してください。

掴み・投げ

前投げ

ふっつーーーーーの前投げ。崖際で掴んだときに崖の方に投げておくかくらいの存在です。

後投げ

ゴロゴロ転がって投げる分ステージを移動できるため、崖に出すのに優れています。

ダメージも高いため、コンボが繋がらない%なら後投げで良いと思います。

上投げ

真上に放り投げます。ベクトル変更がほぼきかないため、戦場の台上に乗せるなど一部展開では強い技です。

何故かあがる足の振り下ろしに当たり判定があるためロゼッタ&チコのチコを殴るときやチーム戦などで役に立ちます。

下投げ

しっかり外変更をすれば空上以外確定しないためあまり美味しい展開にはならないです。

低%で即空上でジャンプを潰しつつ対空から火力をとるのが一番いい使い道な気はしています。

スマッシュ攻撃

横スマッシュ攻撃

発生13F。高い吹っ飛ばしが魅力です。リーチも優れているので割と立ち回りで振るのも悪くないと思っています。

なにより見た目がめちゃくちゃかっこいい。

上スマッシュ攻撃

発生9F。他キャラの上スマッシュ攻撃と比べれば酷く地味ですが、比較的発生は早いためシールドキャンセルから出せると強みが現れます。

ガードからジャンプキャンセルで出せば背面に振り向いて上スマを打ってくれるというテクニックが見つかり、いままで撃墜できなかったパターンでも上スマならいけるという展開は一応増えました。難しさと使いどころがあってない気もしますが・・・

下スマッシュ攻撃

発生5F。発生とリーチがなによりの魅力です。

高いダメージのおかげでガードさせても不利フレームが少ないため、そこまで手痛い目にも合いません。

前作のリュウに比べて今作ではなんとふっ飛ばしもあがったので、崖に捕まった相手に対して撃墜を狙いに行くこともできます。

前作に比べるとリーチが少し減ってしまったのと、横強攻撃(短押し・遠距離)と振りたい間合いが被ってしまっているので少し使いどころが難しくなりました。

必殺技

通常必殺技:波動拳

発生13F。波動拳。

コマンドは右向き時、下→右斜め下→右。ステップ戦が強いこのゲームで、その邪魔をできるのはかなりポイント高いです。

ボタンの押し方次第で速度を変えることができるので、状況に合わせて振ることが大事です。

上必殺技:昇龍拳(昇竜拳)

発生5F。昇龍拳。コマンドは右向き時、右→下→右斜め下。ケンの昇龍拳は特殊で根元から最大で3段ヒットします。

Ver.3.1.0のアップデートによりふっ飛びが強化されたため、かなり撃墜手段として優秀になりました。

弱(長押し・近距離)と合わせれば以前よりかなり早くから撃墜が狙えます。

発生が早い分単純にガードからの行動としても優秀です。しかしこの技にOP相殺をかけると後々に響いてくるので難しいところではあります。

横必殺技:竜巻旋風脚

発生8F。竜巻旋風脚。

コマンドは右向き時、下→左斜め下→左。参戦動画で見たときは弱そうにしか見えなかったこの技ですが、実際のところは相当優秀な技でした。

後隙が少ないため竜巻から色々技がつながったり、無理やり崖に追い出したりするのに向いています。

弱竜巻や強竜巻で吹っ飛ばしがかわるため、状況や%で出し分けができるとより強みを活かせます。より使い込みがでるポイントとしては横Bとコマンドを使い分けてコンボが繋がるように調整できたりします。

Ver.3.1.0のアップデートによりずらし値による影響が軽減されました。いままでは上ずらしジャンプなどで安定して抜けれるキャラが存在しましたが、そのような状況はかなり限られるようになりました。

下必殺技:セービングアタック

発生1F。セービングアタック。%の上限はありますが1発だけ耐えれるという特殊な技。

空中回避が一度しか出せないこのゲームのシステム上、単発技しかもたない相手に対してはかなり有能な技です。

発生した瞬間は14%まで耐えることができ、その後徐々に耐えれる%があがっていきます。

割と慣れていない人はかなり面倒な技だと思います。自分のキャラの持ち札でこの技をどうするかは考えといたほうがいいでしょう。

鉈落とし蹴り

発生12F。ケン専用のコマンド技。

コマンドは右向き時、右→右斜め下→下。地上技でのみキャンセルができます。

手前に弱く吹っ飛ばすことができるためそこから確定のコンボが狙えたり、火力を稼ぐことができます。

Ver.3.1.0のアップデートによりずらし値による影響が軽減されました。いままでは外ずらしジャンプなどで安定して全キャラが抜けれるようになりましたが、そのような状況はかなり限られるようになりました。

今作ケンの火力を稼ぐ上でかなり重要な技となるので、この技をからめたコンボは是非練習しておきたいとこです。

大外回し蹴り

発生9F。ケン専用のコマンド技。

コマンドは右向き時、左→左斜め下→下→右斜め下→右。地上技でのみキャンセルができます。

小足から繋いだり、鉈落とし蹴りから繋いだりと撃墜や火力稼ぎで重宝します。

Ver.3.1.0以降、昇龍での撃墜をするシーンが増えたので、この技をもっと火力稼ぎに使えるようになりました。ダメージも上がったのでコンボの締めとして非常に優秀です。

稲妻かかと割り

鉈落とし蹴り、大外回し蹴りからのみ派生できる技。ベクトルが低いため復帰難のキャラに対して打つと効果的。

ガードに対しても打つ択としても優秀で、肘→弱(長押し・近距離)→大外回し蹴り→稲妻かかと割りでシールドMAXからブレイクまで持っていくことも可能です。

ケンの基本コンボ

  • 小足→小足→中足→大外回し蹴り
  • (空中の相手に)空中上攻撃(キャンセル)→昇竜龍拳
  • 空中N攻撃→弱(長押し・近距離)(キャンセル)→鉈落とし蹴り→下スマッシュ攻撃 or 大外回し蹴り or ダッシュ攻撃

ケンの長所・短所

ケンの長所

  • ステップの早さを活かした差し合いがとにかく強い。
  • 相手側を自動に向く仕様のため、回り込み回避などが狩りやすい。
  • 一度触れた時の高火力コンボも魅力的。開拓しがいのあるキャラクター。

ケンの短所

  • セービングアタックがあるとはいえ下方向の暴れ技がないため着地がきついです。復帰も単調なため小さな幅でかなりの工夫が必要。
  • ステップが活かせない飛び道具持ちのキャラに対して、不利な差し合いを強要される。
  • 単発で当てる撃墜技が少ないため、慣れるまでは撃墜できずにずるずるいく展開になりがち。

総括

この記事を見てもらったらわかると思いますが、とにかく技が多いです。その分選択肢が多いというのは大きな強みです。

ある程度動けるようになるまで時間がかかる超玄人向けのキャラだと思います。その分底知れない可能性を秘めているので、開拓が好きな人や難しいキャラが好きな人には向いていると思います。

Ver.3.1.0のアップデートで相当な数の修正が入りました。おかげさまで火力の安定感、撃墜力が向上しちゃんと触れたときに火力がとれて圧力のあるキャラクターとなりました。是非興味を持った方は使ってみてください。

takera

takera

関東で最強レベルを誇る平日オフ対戦会「闘龍門 極」の主催者であり、プレイヤーとしてはスマブラforWiiU世界最強のリュウ使いとして知られるトッププレイヤー。スマブラSPではケンをメインキャラに据える。

RELATED関連記事

トップに戻る