【スマブラforWiiU】リュウ、最終キャラダイヤ【解説付き】後編

先日スマ4リュウのキャラダイヤ(キャラの有利不利相性)を公開させて頂きました。

まだまだ中身について語り足りないところが多かったので、前回触れていない部分について深く解説していこうと思います。

といいつつも全てのキャラにコメントしていたら、凄まじい文量になるのでいくつかピックアップして紹介していきます。

シーク

シーク

世間的にはシーク側が苦しんでいる印象のが強い気がします。

リュウは判定でも一方的に勝てて、下り攻撃に対する対処も楽。火力もとりやすい。微有利といってもいいような要素は揃っています。

しかし差し合いなどは常に苦しく、相手の行動を先読みして判定勝ちを狙いに行く場面が多いです。シークの長所である崖攻めもしっかり刺さります。キツイとこはキツイです。

シーク戦にかけて相打ちを狙うのは有効だとは思っていますが、なにも起きないときは本当になにも起きずに負けます。壊せるから有利っていうのをしたくない私の考えをもとに最終的には微不利とさせて頂きました。

Mr.ゲーム&ウォッチ

Mr.ゲーム&ウォッチ

微不利におきました。ゲムヲがこんなに高い位置にいるダイヤはなかなか珍しいと思います。

ネタとかではなくちゃんと理由があって、ゲムヲは私個人的に全キャラ中最も着地がキツイキャラだと思っています。

リュウの空中挙動は融通がきくものではないので、ほとんどのキャラには暴れ着地やセビ着地でなんとかしてます。しかしゲムヲの技は多段かつ武器判定なものが多くあまり意味をなしません。微妙なときは空上で浮かしてリセットできるのも非常に強力です。

他にも単純に上スマの対空性能が高かったり、復帰が辛かったりしてこの位置にいます。

しかし撃墜力や差し合いの能力差でまだ立ち回れると思っているのでこの位置で収まっているといったところです。

化け物のようなプレイヤーが現れないでくれと1番祈り続けたキャラです。

ピカチュウ

ピカチュウ

苦しいポイントはいくつかありますが、あたり判定が小さい。姿勢がひくい。電光石火によるライン回復と着地狩り拒否。が特に大きく影響しています。

逆に行けるポイントとして、ピカチュウは火力を稼ぐにも撃墜をするにもリュウに触れに行かなければならないというリスクを常に背負っています。

お互いの技がかち合っても判定の差でリュウ側が一方的に勝つため、技を置いたり無理やりねじ込むのが有効です。対シークに少し近いところがあります。

一時期再不利に置いたこともありましたが、色々詰めていった上で現状は微不利と思います。

ダックハント

ダックハント

各飛び道具の対処、ラインを詰める技術、やっちゃいけない行動の多さなど最初はリュウ側に対する要求が多く感じます。

ただ煮詰ればしっかりラインを詰める展開は作れて、その状況化でダックハントはリュウと差し合うにはパーツが少ないと感じているのがここまでダイヤを引っ張り上げた大きな要因です。

そこまできてダックハント側に拒否の立ち回りができるかつ近距離もリュウをある程度いなせる。ときには強気にラインを押し返す技術が必要になります。

ライトさんと無限にやり続けたカードですが、上記であげた内容をもとに個人的には五分、強気につけるなら微有利くらいに落ちました。

フォックス

フォックス

最終的には微有利としました。

リュウの近距離の反確性能が異常に高く、フォックスの地上のほとんどの行動にリスクを付けられるのと、火力と撃墜%の差がかなり大きくダイヤに影響しています。

数年前はリュウ側がガン有利とまで言われたカードです。

しかしフォックスの強いところである着地狩りや崖攻めは、しっかりリュウにささるので、いかにそこを徹底して展開を維持し続けるかがフォックス側の大事なポイントとなります。

あと一つ、差し合いでリスクの低い行動が増えたり。リュウを復帰阻止で低%で殺せるような択ができたら一気にキツくなるような気がしてます。

クラウド

クラウド

ド真ん中の五分かなと思います。

捌くクラウドと詰めるリュウの構図が繰り返されます。一見リュウ側が全く近付けないようにも見えますが、一度引っかければ特大火力。お互いのいいところが如実に現れます。

1を引くにも、対シークほど差し合いに割り切る必要がなく、丁寧に丁寧に間合いを詰めたり少し引いたり、そういう細かいところを詰めれば詰めるほど成果はしっかり現れます。

クラウド側も一つとして甘えていい場所は無く、技1つ1つ、1つのジャンプですら確実にしっかりと選択していく必要があります。

そういうお互いのプレイヤーの詰め度がめちゃめちゃ画面に反映されるカードなので自分は大好きです。

最後に

リュウを使い始めて数年経ちますがこれだけやっていると、1つ1つの対キャラ毎に想いやプレイヤーが詰まっていて、対戦ゲームの素晴らしさを常々感じます。

新作が出たばかりの開拓しまくる期間も相当面白いですが、数年たったからこそ皆が深みのあるプレイをしていると心が熱くなります。

新作に向けて、競技シーンとしての環境やプレイヤーのレベルはかなり追い風だと思っているので、是非その最前線で自分が引っ張る側となって突っ走りたいと改めて思わされました。

スマブラ最高~。

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る