ファイター攻略

【スマブラSP】フォックスの性能評価|コンボ・立ち回り・各種攻撃解説

ニンテンドースイッチ(Switch)版「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(スマブラSP)」参戦ファイター「フォックス」の性能やコンボ、立ち回りの長所・短所をまとめていきます。

「フレーム(F)」や「空N」などの専門用語や略語が出てきますので、読んでいてわかりづらいという方は以下の記事も合わせてご覧ください。

フォックスについて

初代スマブラより皆勤賞、スマブラではすっかりおなじみのファイターです。

全作共通の特徴として、ダッシュによる地上での移動速度が速く、技性能も回転が利く技が多いため、立ち回りの強さとコンボ火力の高さが光るキャラとなっています。

この特徴は今作も完全に引き継いでおり、今まで通りあるいはそれ以上の強さが期待できます。

弱・強攻撃性能

弱攻撃

攻撃 ダメージ 発生F
弱1 1.8% 2F
弱2 1% 2F
百裂 5%~

前作に引き続き強力な技。

発生2Fは地上技で見ると全キャラの中でトップクラスの速さで、かつリーチもそれなりにあります。そして、弱1が当たったら百裂の〆までほぼ確定で当たるところも素晴らしい。

今作は特にシールドの解除Fが伸びたため、シールド自体が弱くなっています。それを活かして、空中NやDA等の立ち回りでよく使う技をガードさせた後に弱を入れ込むと、相手の反撃ミスを誘いやすかったりします
(空中Nガード後は相手のガーキャン掴みよりも先に弱が出ます)

強攻撃・DA

攻撃 ダメージ 発生F
横強攻撃 6/7% 6F
上強攻撃 5-8% 3F
下強攻撃 7/8% 7F
ダッシュ攻撃(DA) 4/6% 4F

フォックスの地上技と言えば、上強とDAの2つですね。

上強について、ダメージは前作よりも下がったものの上強連はとても入りやすくなりました。今作では上強の後ろ部分に当てると前に、前部分に当てると後ろ側に飛ぶようになりました。

つまり、どの位置で当ててもフォックスの真上に戻るような飛び方をしやすく、連続で入りやすくなりました。

ダッシュ攻撃も、一回当ててからの展開がとても良いです。相手が上方向に浮くので、空上等で連携を取りに行っても良いし、空中回避やジャンプを誘って着地狩りに移行するも良し。

また、ダッシュ攻撃のカス当てから上スマが繋がるようにもなりました。大きな強化点です。これについては下記でも説明をします。

空中技

攻撃 ダメージ 発生F
空N 6/9% 4F
空前 12%(全段ヒット) 7F
空後 13% 9F
空上 15% 9F
空下 11%(全段ヒット) 5F

今作のフォックスの目玉技、空中N

今作のフォックスと言えば、空Nです。

この技がとても強いです。まずリーチは前作から引き続き比較的固めで立ち回りでも振りやすいです。

その上、着地隙が7Fと極めて短く、相手にガードされても不利になりません。更に、ヒットすれば中%ではDA、高%では上スマも確定するため、最大リターンを取るための始動技にもなります。

撃墜場面で重宝!安定の高性能、空後

空後に関しては、着地隙が若干短くなっている以外は前作とほぼ同等の性能で、使用法も大体同じになるかと思います。

前作では崖端に追い詰めて空中後ろで撃墜の読み合いをする、という場面は多かったですが、今作も引き続きその展開は多く作れそうです。

今作のフォックスは全体的に撃墜に繋がる連携や読み合いの場面は少なくなったように思います。そのため、こういった撃墜の読み合いに使える技というのが重要になってくるかと思います。

崖端に追い詰めてから回転が速く撃墜力の高い技を押し付けるというのはとても強いです。以下の記事でどのような当て方があるか、どのような対処ができるかをまとめているので、こちらもご覧ください。

掴み・投げ

攻撃 ダメージ 発生F
掴み打撃 1% 1F
前投げ 7% 10F
後ろ投げ 4% 17F
上投げ 4% 18F
下投げ 3% 26F

掴みや投げ性能には特筆すべき性能はないでしょう。

今作は低%でも投げからのコンボもなさそうで、相手を崖端に追い詰めていたら前投げ、自分が崖端に追い詰められていたら後ろ投げ、それ以外は上投げが安定になるでしょうか。

スマッシュ攻撃

攻撃 ダメージ 発生F
横スマ 11/14% 13F
上スマ 11/16% 8F
下スマ 12/14% 6F

フォックスのスマッシュ攻撃と言えば上スマッシュ。

今作のフォックスの上スマは前作までと比較してかなり判定が広く、特に上方向の相手に対しとても当てやすくなりました

一例を挙げると、戦場の左右台に乗っている相手に対して地上から上スマをヒットさせることもできます。また、DAカス当てや上強等上に飛ばす技を当てた後に、確定で上スマに繋ぐこともできます

撃墜の場面は減ったキャラなので、こういった単発で強力な撃墜技をいかに通すことができるか、がフォックスの試合展開の中では非常に大きくなると思います。上スマがカギを握るといっても過言ではありません。

また、地味な変化ですが横スマの吹っ飛ばし力も強化されているように感じます。崖を上がろうとする相手に横スマを引っ掛けると100%未満で撃墜できることもしばしばあります。

必殺技

攻撃 ダメージ 発生F
NB(地上) 1.4/2/3% 11F
NB(空中) 1.4/2/3% 9F
横B 5/8% 25F
上B 28%(全段ヒット) 20F
下B 2% 3F

弱体化された横Bだが、まだまだ用途は広い

ダッシュで地上の相手を追い越すことができない仕様が関係してか、フォックスの横Bも地上でガードしている相手に当てても追い越すことができなくなりました。

このせいで、横Bは今までと違ってガードされたらほぼ確実に何かしらの反撃を取られる技になったように思います。

とはいえ、横Bヒットから空上のコンボは健在だし、一部強化点も存在します。前作との違いとして大きいのが地上横Bの全体Fが短いことです。

前作までは空中で横Bを出し、復帰をしたり立ち回りで使うことが多かったですが、今作では上記を活かして地上横Bを狙う状況も増えてくるかと思います。

あまり注目されない強化技、下B

今までほぼ語られることのない技でしたが、地味な強化点がいくつかあります。

まず、発生Fが前作の6Fから3Fになりました。これにより、反射技としても今までより少し使いやすくなりそうですね。

また、2-3Fで全身無敵が付いています。これを活かして、このフレームで当てることで復帰阻止にも使えるかもしれません。

スマブラDXではお馴染みのリフレクターによる復帰阻止が上記2つの強化点により、使いやすくなりそうです。

フォックスのコンボ

さて、フォックスと言えば何と言っても高火力コンボですね!!海外プレイヤーを中心に既に色々なコンボレシピが開発されているようなので、それらを紹介します。

①大J空下⇒空前降り⇒空上⇒空前落とし(ダウン)⇒弱(ダウン連)⇒空N⇒上強⇒空N⇒上強⇒空上⇒空上

文字にするととても長いですね…。

最初の大J空下は、大ジャンプからすぐに空下を入力するとできます。こうすると、地上の相手に空下の最終段が当たり、コンボの始動になりやすいです。

②DA⇒空N⇒上強⇒上強⇒空N⇒上強⇒空前落とし⇒下強⇒空上⇒空上

こちらも綺麗なコンボですね。

まず、始動技はDAです。低%で当てるとコンボの始動に繋がりやすいのは前作品と同様です。

また、上のコンボと同様に空前落としを絡めていますね。空前は降りながら振ると相手を巻き込んで落下させることができるので、ダウン状態にさせることができます。(受身は可能です)

下強がコンボに使えるというのは他の日記でも書いた通りですが、こちらのコンボでは下強を有効に使っています。

フォックスの長所・短所

フォックスの長所

  • 足が速く、足の速さを活かしたDAによる差込みが強い。
  • 全体的に技の発生F、全体F共に優秀で、技の回転も速い。そのためコンボが繋がりやすい。
  • 撃墜技の吹っ飛ばし力、リーチ、全体Fが優秀で、撃墜力が高い

フォックスの短所

  • トップクラスに軽く、すぐ撃墜されてしまう
  • ジャンプを残していない状態での着地や復帰が弱く、火力を取られ続けたり撃墜までもっていかれることが多い
  • リスクの少ない投げ等による撃墜択がなく、どんな相手でも最終的には近距離で読み合いをしないといけない

総括

いかがだったでしょうか!フォックスはよく「約束された強キャラ」等と表現されることが多いですが、今作も例に漏れずそれなりに強いキャラになっていると思います。

キャラランクとしては、上位キャラの部類には入ると思っています。全体の中でTOP10に入るかどうか…くらいの位置にいるのではないでしょうか。

足が速く、動かしていて爽快感があるのが最大の魅力です。攻めるのが好きなプレイヤーにオススメですので、興味ある方はぜひ動かしてみてください。ありがとうございました!

フォックスの関連記事

Shogun

Shogun

しょーぐん。GameWith所属プロプレイヤー。スマブラXよりシリーズを跨いで常に上位プレイヤーとして活躍し、EVO2019では17位の成績を収める。JPR日本ランク24位。

RELATED関連記事

トップに戻る