ファイター攻略

【スマブラSP】ジョーカーのコンボ・立ち回り解説【性能評価】

どーも!Raitoです。

スマブラSP(スイッチ)Ver.3.0の大型アップデートが訪れて、ついにダウンロードコンテンツ(DLC)の新キャラ「ジョーカー」が参戦しました!

僕もアップデートが始まった直後からガッツリ使用してみたので、早速ジョーカーの技性能やコンボ、立ち回り方を紐解いていきましょう!

ジョーカーのキャラクター性能

ジョーカーは仮の姿である通常モードと反逆ゲージを溜めることでペルソナ「アルセーヌ」を召喚した反逆モードの2つのモードで戦うファイターです。

反逆モードを他のキャラで例えると、クラウドのリミットブレイクが近いでしょうか。ただしあちらは与or被ダメージと下Bのリミットチャージでゲージを溜められるのに対して、ジョーカーの反逆ゲージは被ダメ+時間経過+反逆ガードによる追加チャージによって溜める仕様となっています。

反逆モードの時は技の威力と吹っ飛ばし力、復帰力が大幅に強化されます

非常に強力なモードチェンジですが、自らゲージを溜めることができないので、通常モード時でもしっかりと火力を稼いで相手の反撃を誘いつつ反逆ガードでゲージを溜めるヒットアンドアウェイの立ち回りが要求されるファイターです。

ジョーカーの独特な必殺技を紹介!

ジョーカーの必殺技はかなり独特な性能をしています。

通常必殺技(NB)

通常必殺技のガンはベヨネッタのバレットアーツのような、ノーリアクションの弾を弾き出す技です。

ある程度近い位置にいたり、派生のガンを当てると相手を怯ませることができます。これを利用した空中ガン+下入力のガンを復帰阻止に使えば、下から復帰するファイターにかなりの痛手を負わせることができるでしょう。

横必殺技(横B)

横必殺技のエイハは当てると低ダメージ+スリップダメージで、相手のダメージを加速させることができます。

こちらは反逆モード時に変化するエイガオンがより強力な性能となっており、超リーチかつ当てたら20%の大ダメージ+浮かす展開となるため、空中技を当てて撃墜したい反逆モード時には積極的に振っていきたい技です。

下必殺技(下B)

下必殺技の反逆ガードは相手の攻撃に連動して反逆ゲージを溜めるカウンター技。

ジョーカーは相手の技を食らわないとゲージを中々溜められないので、相手に一方的に攻撃され続けるとゲージが溜まる直前に撃墜…ということがしばしば起きてしまいます。

そこで反逆ガードを上手く使うことでゲージを即溜めてモードチェンジから展開を有利にすることが可能となるキャラコンセプトになっています。

当然相手は反逆ガードに巻き込まれないように掴みやすかしで様子見をしてくることが多くなるので、通常モードでもしっかり攻めの姿勢を見せて相手が反撃を取りやすい状況を作らなければならないでしょう。

ジョーカーの高性能な通常技を紹介!

必殺技の他に、ジョーカーが持っている通常技の中で特に使い勝手の良い技を紹介します。

立ち回りに困ったらとにかくこれらの技を使えるようにしておきましょう!

通常空中攻撃(空N)

地上からのジャンプ様子見からの択として優秀な技。序盤は空Nから掴みなどのコンボ始動のための技にもなります。

発生こそ遅いものの持続が長いので、復帰阻止に置きとして置いておくのも心強いです。

吹っ飛ばしはあまり高くないので、序盤~中盤のコンボ始動として積極的に振っていきましょう。

ダッシュ攻撃(DA)

判定が大きく持続も長めに設定されているかなりの高性能技。

発生も6Fと全ファイターの持つDAの中でも早い方で、中距離で振る技が少ないジョーカーにとって生命線ともなる技のひとつです。

単純に差し込みとしても優秀ですが、浮かせた相手の着地狩りの〆として使うのも良いでしょう。

下強攻撃(下強)

見た目や使い方はDAと似てますが、こちらは後隙が短い上に相手を上に飛ばす技となっています。

序盤は空上に繋がるのでコンボパーツとしての展開が良く、相手の崖捕まりにも当たるので崖にとりあえず置いておくのも良いでしょう。

着地狩りの展開でDAと迷った時は、ターン継続をしたい場合こちらを、崖に出して復帰阻止の展開を作りたい場合はDAを選びましょう。

空中後ろ攻撃

通常モードの時は下から切り上げる技として機能しています。発生フレームも早めで全体フレームも短いので、回転率はかなり高めです。

吹っ飛ばしは通常モードの中では高い方で、復帰阻止の時に当てるとそのまま相手を撃墜することが可能です。

反逆モード時になると下からではなく上から振り下ろす超吹っ飛ばし力の高い技になります(リーチに変化はなし)

掴み

ジョーカーは相手のガードを崩す手段が極端に少ないので、必然的に掴みを使用する回数はかなり多くなります。

幸いにも掴みは6フレーム発生と最速組で、特にダッシュ掴み中は姿勢が低くなるのでゴリゴリ振って行ける仕様になっています。

序盤から中盤にかけて掴みからコンボができるようになっているので、ガンガン掴んでコンボを決めていきましょう。

横スマッシュ

異常な程の吹っ飛ばし力を誇るジョーカーの主力撃墜技です。

通常時でも崖端の相手であれば大体80%辺りから撃墜を狙え、反逆モード時は60%辺り(被ダメ補正考慮無し)から撃墜可能となります。

この技を当てられるかどうかで勝率はグっと変わってくるので着地狩りや崖の要所のタイミングで的確に狙っていきましょう。

ジョーカーのコンボを一部紹介!

新規ファイターのジョーカーを使ってみる前に、今からでもできる簡単なお手軽コンボを一部紹介します。

実戦で使う前にまずはトレモで操作感に慣れておきましょう!

空N→下投げ→空前→DA(35.2%)

空N着地始動からのコンボ。最もシンプルかつそこそこのダメージを期待できるコンボで難易度も低め。

DAで終わらせてしまう関係で相手を浮かせられないので、序盤の展開作りとしては弱め。他のコンボをする余裕が無い時や崖を背負わせられる時はこちらを選びたいです。

空N→上投げ→空上落とし→上強→空上(36.6%)

下投げではなく上投げから派生するコンボ

上のコンボよりも若干難易度は上がるものの、相手を浮かすので展開としてはとても美味しい。

上強は〆として。キャラによっては空上落とし→上投げ→空上落とし…といった軽いループができるのでそちらを試すのも良いです。

空前1段急降下→上スマ or 空上落とし→上スマ

こちらは撃墜で便利なセットプレイ。

空前1段を下りで当てると相手が良い感じに浮くので、ダッシュ上スマを当てて撃墜のチャンスを作れます。

このセットプレイは反逆モードの時にも有効で、撃墜%がより狭くなるのでかなり信用して使えるでしょう。

上スマが確定しなくなった場合は空上落とし→上スマの派生を行えば撃墜を狙えるようになります。

おわりに

ジョーカーはまだ使用可能になってから間もないファイター。現在の評価では扱いが中々に難しく上位層の中では微妙なんじゃないか?とも言われていますが、今後の開拓次第ではキャラランク上位に登り詰める可能性も大いに残されています!

夢のある唯一無二のファイター、この機会に是非使ってみましょう!

Raito

Raito

ライト。前作スマブラforWiiUではEVO2018にてTOP8に上り詰めるなど国内外で数多くの実績を残し、日本ランキング11位、世界ランキング23位に輝く。主な使用キャラはルキナ・ダックハント・ポケモントレーナー。

RELATED関連記事

トップに戻る