上達方法

【スマブラSP】ガーキャン反撃が強いキャラに対する攻撃の通し方

こんにちは、あとりえです。

今回はガーキャン(シールドキャンセル)反撃への対策になります。「ガーキャン行動」自体がわからない方は、まず先に以下の記事を読んでいただくとより理解が深まります。

前作スマブラ4ではガーキャン掴みという最強のガーキャン行動が多くのキャラに反撃行動として与えられていましたが、今作スマブラSPではガーキャン掴みの発生フレームが遅くなり、それ以外の技でのガーキャン反撃の重要性が高まりました。

具体的に言うと、相手の攻撃をガードしたあとのガーキャン掴みは掴みの発生フレームにプラス4F加算され、前作よりも反撃が取りづらくなっています。

対してガーキャン上Bやガーキャン上スマ、ガーキャン空中攻撃はガーキャン掴みのようなペナルティがないため、今作ではガーキャン反撃手段として重宝されています。

そのため、ガーキャンからの反撃が優秀なキャラとそうでないキャラの格差が広がった、差別化が進んだと言えます。

ガーキャン行動が優秀なキャラの中には、発生5Fや6Fというとんでもない早さで反撃を取ってくるキャラも存在し、そういったキャラに対しての安易な攻撃は全てそのガーキャン行動で反撃を取られてしまいます。

前置きが長くなりましたが、今回の記事では、そういったガーキャン行動での反撃が優秀なキャラに対する攻撃の通し方、当て方をご紹介させてもらおうと思います。

掴みを通す

ガーキャン反撃をするためにはガードを張る必要がある、だからそのガードに対して掴みを通す、当たり前の話です。

何故そんな当たり前の話をここで取り上げるかと言うと、試合の中でどれくらい掴みを多く振るかという配分の話をしたいから。

相手のガードは掴みで崩すということは理解出来ていても、「相手のこのキャラはガーキャン反撃が強くてガードを固めやすくなるから、普段より掴みを多めに振ろう」と考え、それを実行するのは意外と難しいと思います。

中距離からのダッシュ掴み、スカし掴み(空中攻撃を振ると見せかけて何もせずに着地したあとの掴み)、どんな掴みでも構いません。

ガーキャン反撃が強いキャラに対しては掴みが通りやすいというのは僕の経験則からも言えます。

そして、掴みを見せると相手もそれに対してその場回避や横回避、ジャンプなどの選択肢を選んでくるようになるため、新しい読み合いがスタートします。

何の技を振ってもガーキャン行動で反撃されるという事態は一先ずこれで解決するはずです。

技を先端で振る

これは相手のガーキャン反撃の技によるんですが、ゼロサムの上Bやリザードンの上スマなどの”発生は早いものの横方向へのリーチが短い技”持ちのキャラには、

ガードに対して技を先端気味に振るとガーキャンから反撃を取られません。

さらに、次の項目にも繋がる話ですが、先端気味に振って相手のガーキャン行動を釣れた場合、その後隙にこちらの技で反撃を取ることができます。

特にゼロサムの上Bなどの後隙が尻餅落下になる技を釣れたときは、スマッシュなどで大きいリターンを得ることができます。

ガーキャン反撃技を”釣る”

さっきも少し触れましたが、こっちが近づいたら技振ってくるだろうから適当にガーキャンからこの技振っておけばOKという相手の思考を崩すためにも、ガーキャン反撃技を釣る(空振りさせる)ことは重要です。

釣るって聞くと難しそうな感じがしますが、簡単に言うとフェイントのことです。

近づくと見せかけて引く、空中攻撃を振ると見せかけて何もせずに着地する等、フェイントの掛け方は何でも構いません。

一度空振りさせることに成功すると相手もその技を振りづらくなるので、それ以降は本来であれば反撃を取られるはずの甘い空中攻撃等にも反撃を取られなかったりします。

これに限ったことではありませんが、相手に安定行動を与えないというのは対戦ゲームにおいて大事なことだと思います。(そのためにこちらも選択肢を散らす。)

さいごに

今回の話は文字を読んだだけではなかなか感覚が掴みづらく、実戦で急にこれをやるというのは難しいと思います。

試合の中でガーキャンからよく反撃を取られているなと感じたときに、この記事の内容を少し思い出してもらい、ちょっと意識して立ち回ってみてもらえると試合展開も変わるかもしれません。

ややこしい内容でしたが、少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Atelier

Atelier

あとりえ。PNG所属プロスマブラプレイヤー。関西を拠点とする強豪であり、前作ではロゼッタ&チコ使いとして「ウメブラ」31回大会優勝の実績を持つ。JPR日本ランク14位。

RELATED関連記事

トップに戻る