【スマブラSP】ウメブラSP6優勝ファイター、ゼロスーツサムス対策!

こんにちは、あばだんごです。

今回の記事は、直近のウメブラSP6でクロ選手が使って優勝したゼロスーツサムス対策についてです。

ウメブラSP6で優勝を果たしたクロ選手

機動力が高くてリーチも長いゼロサム相手は、読み合いのポイントがわかってないと作業されて負けることも少なくありません。

また当たってはいけない技も把握しておかないと、逆転されたり大差をつけられやすくなったりします。

ちなみにShogunさんも以前ゼロサム対策を書いていますが、今回の記事では当たってはいけない技を中心に対策をしていきたいと思います。

ガードを固める

ゼロサム対策の第一歩はガードを固めることです。

なぜならゼロサムのリターンが高く当たってはいけない技は、ほとんどガードで防げるからです。

ふっ飛ばしの強い上Bに繋がるNBや下B、序盤のコンボから撃墜まで狙える空Nや空中グラップ、全てガードで防げます。

基本的にはこれらの技に当たらないようにガードです。変にダッシュや横回避、ジャンプをするよりはまずガードをしましょう。

空中攻撃に反撃確定はない、その後の動きを見る

「ガードを固めろって言ってもその後に反撃取れねーじゃん?」

その通りです。ゼロサムの空中攻撃に反撃確定はほとんどありません。ここは素直に諦めましょう。

相手のゼロサムの空中攻撃の振り方の癖が読めればジャストシールドも狙っていいですが、ディレイをかけられて空Nを食らったらひとたまりもないので基本的にはガードだけでOKです。

空中攻撃に反撃確定はないのに、空中攻撃をガードした後に毎回すぐ行動してしまうのは対ゼロサムにおいてやってはいけないポイントです。

空中攻撃をガードした後にゼロサムが何をするのかをよく見て読み合いをしましょう

ガード後の暴れを見る

空中攻撃をガードした後にすぐシールドキャンセル行動をして、弱や横強をもらってしまう人は、まずはガード後にゼロサムが何か攻撃しないか見ましょう。

ゼロサム側は基本的にド密着なら1F発生の弱、ちょっと離れてたら後隙の少ない横強を選択しやすいです。

ゼロサムの弱や横強はこちらのシールドキャンセル行動での切り返しに対して、発生の早さで勝ってくるのでこちら側がやれることはないです。

空中攻撃をガードした後にガードで暴れを待つという読み合いをしましょう

事前に弱2段や弱3段にどの技で反撃しやすいか、横強はどの技で反撃確定が取れるかを把握しておくことが大事です

ガード後のジャンプを見る

空中攻撃をガードした後の弱や横強をガードする読み合いをすると、ゼロサムとしてはもう一度空中攻撃で固めたり、距離を取って仕切り直したくなります。

空中攻撃をガードした後に更にガードをする読み合いをすることで、ようやく最速シールドキャンセル行動が活きてくるのです。

例えば空Nをガードした後に再度空Nで固めてくるところを、空N発生前にシールドキャンセル空中攻撃で攻撃するといった感じです。

ゼロサムが空中攻撃をガードさせた後に距離を取ろうとしている場合は、足が速いファイターであれば距離を詰めて読み合うことができます。

足が遅いファイターは距離を取ろうとしているゼロサムに対して何もできないので、そこが対ゼロサムに行けるかどうかの足切りになりやすいです。

ガード漏れしないようにシールドシフトする

ガードを固める上で重要なのはシールドシフトです。

シールドシフトをしないでガードを固めていてもガード漏れを狙われるだけなので格好の的です。

ガードが漏れやすいファイターだと、1回空中攻撃をガードするだけで2回目の空中攻撃のときには頭がはみ出てしまいます。

地上にいる場合は上側にシールドシフトしておきましょう

台上にいる場合は上下どちらかは狙われてしまうので、なるべく早く地上に降りましょう。

前後投げを外上変更して受け身展開にしない

ガードを固めておくとリターンが高い技はくらわなくなりますが、一方で掴みへの意識配分は減るので掴みは通されやすくなります。

しかしゼロサムの投げ単体では、コンボもないので安いものばかりです。一番リターンが高いのは、前後投げの後にダウンしてしまい、起き攻めで下スマや空Nをくらうことです。

前後投げを上にふっとびずらしし、起き攻め展開にならないようにしましょう

崖掴まり後はゆっくり様子見する

ゼロサムといえば崖狩りのリターンが高いです。

下スマ→上B、NB→上B、空N→下Bメテオなど、試合を決めてしまうような強力な技が多いです。

これらの対策は、崖を掴まった後にゆっくり様子見をすることです。

NBや空Nは崖に掴まっていれば当たりませんし、下スマは崖に当たるものの見てから攻撃上りができます。

ゼロサムが崖を掴まっている相手に見えない攻撃ができるのってせいぜい下強ぐらいなんですよね。

できるだけ崖掴まった後に様子見をして、ゼロサムが隙を晒していればそれに対応する上り方を選択しましょう。

崖を上るタイミングが一定になって、読まれてこれらの特大リターン技をくらうのだけは避けましょう。

ゼロサムのガードには距離を取ることを優先

ゼロサムの優秀な反撃技である上Bのブーストキックは、発生4Fでふっ飛ばしも強い超強力な技です。

ブーストキックは発生4Fのためどんなに最低空を意識してもほとんどの場合反撃確定担ってしまいます。

ブーストキックによる反撃をもらわないためには、ガードしているゼロサムと距離を取ることを最優先に考えましょう。

この際最低空が~とかめくりが~とかは二の次です。上Bをもらわない範囲まで距離を取りましょう。

ゼロサムは上B以外のシールドキャンセル行動がそこまで強くないので、ちょっとでも離れていればOKです。

この距離感がわかるだけでゼロサムに対して、攻めの選択肢が大分通しやすくなると思います。

まとめ

総括すると対ゼロスーツサムスで1番大事なのはガードをうまく固めて、その後の読み合いをちゃんと理解できるか、それと特大リターンとなる技をいかに回避できるかが鍵となると思います。

まあガード後の読み合いができるファイターは結構限られてるんですが…(^o^;

対ゼロサムの参考になれば幸いです!あばだんごの簡易ゼロサム対策でした。

写真提供
Darimoko/だりもこ
HP:https://darimoko.smugmug.com/UmeburaSP6/
Twitter:https://twitter.com/darimoko

Abadango

Abadango

あばだんご。忍ism所属プロスマブラプレイヤー。EVO2019では3500人中9位の成績を収めるなど、国内外で広く活躍するトッププレイヤー。PGR世界ランク40位/JPR日本ランク10位。

RELATED関連記事

トップに戻る