FIGHTER

【スマブラSP】クラウドを使い始めた人向けマニュアル!コンボ・強い行動等

twitter
line
hatena

こんにちは、まさしです。
今回はクラウドを使い始めたい人向けの記事です。

クラウドを使う上でまず何を練習すれば良いのか、どういったプレイをすれば良いのか等の強い行動を紹介していきたいと思います。

クラウドは復帰の弱さにさえ目を瞑れば、やることが分かりやすく扱いやすいキャラクターなので、クラウドに興味がある方向けの情報を解説していきたいと思います。

解説動画もYouTubeにアップしていますので、併せて観て頂ければと思います。

基本コンボ

空前→凶斬り

低い%帯で確定するコンボです。(0~30%)

40%近くのダメージを稼ぐことが可能。使う技が少ない分、難易度も低めです。

クラウド自身の被ダメージ補正や相手キャラの体重によっては0%だと確定しないこともありますが、剣の先端を当てる+相手%が10%以上だと確定しやすいです。

リミット凶斬りを使えば約50%近くのダメージを稼ぐことができます。

空後→凶斬り

確定幅は狭いですが、こちらも低い%帯で確定するコンボです。(0~10%)

こちらも40%近くのダメージを稼ぐことが可能。

練習するべき強い行動

空前・空後の先端当て

クラウドの軸となる行動パート1です。個人的には空中技に比重を置くキャラクターだと思っていて、空中技を先端で当てることが最も重要だと認識しています。

剣キャラは全員そうなのですが、剣の先端を当てることでガードされたとしてもリスクの低い読み合いを展開できるので、まずは空前と空後の先端間合いを覚えることから始めましょう。

ダッシュ凶斬り

クラウドの軸となる行動パート2です。

凶斬り自体の判定が長く、3段目まで派生があるためガードされたとしても、派生を出すかどうかの読み合いができるため、誤魔化しが効きやすい選択肢になります。

ジャンプにも引っかかる+リターンも非常に高いため、単純且つ分かりやすい性能をしています。地上から攻めたい時はとにかくこの技を振りましょう。

ガーキャン上B

絶対に覚えるべき行動。発生5F、ダメージ18.9%と非の打ちどころがない行動で、ダメージソースの半分がガーキャン上Bなんてこともあります。

今作はガーキャン掴みという行動自体あまり強くない+クラウドの掴みも9Fと遅めなので、ガーキャン上Bに頼ることが非常に多いです。

特に空中技差し込みに対して狙うと、相手の行動やガードしたことを確認しやすいため非常に有効です。

ガーキャン上Bは相手の攻撃をガード後、目押しで入力する必要はありますが、ボタンを押しっぱなしにしておくことである程度タイミングがずれても先行入力で出すことができます。

入力してるけど出せないって方は試してみても良いかもしれません!

反転空N

クラウドが立ち回りで使用する技は全体的に発生フレームの遅いものが多いです。

その影響で発生負けをしてしまうことがよくありますが、そういった場合は反転空Nを使用していきましょう。

空Nは後ろ側の発生フレームが5Fと早め設定されており、判定自体も後ろ側の方が長いため、反転で使うことが非常に多いです。

リンク、ウルフの空N等持続が長い技を置かれた時等は反転空Nで判定勝負をしていきましょう。

対戦中に意識すること

攻撃タイミングに緩急を付ける

全キャラ共通で言えることでもあるのですが、クラウドは使用頻度が極端に高い技が多めで動きが単調になりがちです。

そんな中で立ち回りにバリエーションを持たせるためには攻撃タイミングを毎回変えることが重要になってきます。

例えば、大ジャンプから差し込みを行う際、毎回急降下アリで空前を振ってもジャスガや横回避で対処されてしまい反撃を受けます。

しかし上記行動に加えて、急降下ナシ空前の選択肢を加えることで攻撃タイミングに変化を付けてジャスガや回避にちょうど引っ掛けることができる選択肢を作ることもできます。

さらにすかし行動を加える等、1つの行動+その行動を対策された時用に対となる選択肢を加えることで最初に用意していた行動を通しやすくするという意識は常に持っておくことが重要です。

これはクラウドに限らず全キャラにも当てはまる意識だと思います。

NBでOP相殺を回復させる

クラウドが主軸とする技は空前・空後・凶斬りの3種です。

これらの技は立ち回り、撃墜どちらのシーンでも使う技であり、そのためOP相殺の影響を非常に受けやすくなっています。

立ち回りのダメージソースとして凶斬りを使いすぎたため、リミット凶斬りで倒せない!なんてこともよくありますので、適度にNBを撒くことを意識していきましょう。

OP相殺はガードさせるだけで影響を受けるので、対戦中、小まめにNBを撃ち、主軸技のOP相殺を回復させながら戦うことで、スムーズな撃墜を狙うことができます。

リミットの出し惜しみをしない

相手が撃墜%で自身がステージ外へ飛ばされた時、撃墜にリミットを使いたいがために、出し惜しみして復帰を行った結果ストックを失うことがあります。

自身のストックを失ってしまうと元も子もないので、相手が復帰阻止するためステージ外へ出ようとしているのであれば、無理せず使っていきましょう。

トレーニング

姿勢が低いキャラクターに空後当て(トレーニング)

クラウドの空後は姿勢が低いキャラクターに対して当てにくい技となっています。

屈み姿勢が優秀なキャラクターは屈み姿勢で避けて差し返してくることも多いので、低い位置に空後の判定を出す練習がとても重要です。

練習方法としてはトレーニングモードでアイテム「デクの実」に空後を当てる練習がオススメです。

デクの実は凄く小さなアイテムで、攻撃を当てると爆発するので、地面スレスレで空後の判定を出せているかを確認できるため非常に有効な練習となります。

空後が当てられない悩みを持っている方には、是非試してほしい練習方法です。

上B崖奪い

崖奪いができるようになれば、撃墜の選択肢が増えることに加えて、崖上がりの読み合いが非常にやりやすくなります。

クラウドの場合は崖奪い後、崖離し→空中ジャンプ→空後を正確に入力することで確定しますので、トレーニングモードで練習することをオススメします。

詳しいやり方としては解説動画がありますので、下の動画を見て頂ければと思います。

まとめ

以上が、クラウドを使い始めたい人向けに紹介するクラウドの強い行動です。

クラウドはコンボが簡単、1発1発のダメージが高めに設定されているキャラクターなので、初心者の方でも非常に使いやすいキャラクターだと個人的に思っています。

復帰面は非常に苦しい部分もありますが、興味のある方は是非この記事を参考にして、練習してみてください。

また細かい豆知識やテクニック等を纏めた記事もありますので、併せて見て頂くと動きの幅が増えたり、撃墜力に繋がっていくと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena