【スマブラSP】アイクの性能評価 | コンボ・立ち回り・各種攻撃解説

みなさんこんにちは、キシルです。

今回は、ニンテンドースイッチ(Switch)版「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(スマブラSP)」参戦ファイター「アイク」の性能や立ち回りの長所・短所をまとめていきます。

アイクについて

アイクはファイアーエムブレムシリーズに登場するキャラクターです。

剣士系でかつ重量級というコンセプトで、機動力がかなり足りないですが、その分火力や破壊力、リーチに優れます。

アイクの出し方

  • 勝ち上がり乱闘でマリオを使用して、4回目のクリアで解放される。
  • 大乱闘モードの参戦ファイターのうち、14番目に追加される。

弱・強攻撃性能

弱攻撃

攻撃 ダメージ 発生F
弱1 3% 4F
弱2 3% 3F
弱3 6% 5F

アイクの中では最速の技です。

空Nをガードされた後の暴れや、相手の回避や崖上がりの後隙に反応が若干遅れてしまった際のフォローなど、発生の速さが求められる場面で重宝します。

強攻撃・DA

攻撃 ダメージ 発生F
横強攻撃 16.2% 12F
上強攻撃 14.4%/9.6% 11F
下強攻撃 9.6% 7F
ダッシュ攻撃(DA) 16.8%/13.2%/10.8% 15F

横強攻撃

横強攻撃はリーチが長く吹っ飛ばしに優れた優秀な撃墜技です。シンプルに強いのが崖攻めで、その場上がりを見てから撃墜できます。

また、ガードされてもローリスクなので、地上の差し合いでも撃墜を狙えます。

上強攻撃

上強攻撃は判定の出し方が優秀で、序盤に空Nから繋げたり、空Nをガードされた後の相手のジャンプ読みで使ったり、着地狩りで使ったりと、意外と用途が広いです。

アイクは着地狩りが強力なので、当てた後のリターンが期待できるのもポイントですね。

下強攻撃

下強攻撃はリーチとフレーム関連に優れた地上技です。低%では空中攻撃に繋ぐことでリターンも高いです。

アイクはジャンプをメインに立ち回るファイターですが、下強攻撃を混ぜることで地上での立ち回りが広がります。要所で先端を押し付けていきたいですね。

ダッシュ攻撃

ダッシュ攻撃は伸びが良く強力な撃墜技です。

対空性能も高く、中〜遠距離で空中にいる相手に対して着地狩りの形で狙いやすい技になっています。

撃墜の選択肢としても重要ですが、下強攻撃と同じく、アイクの地上の選択肢を広げるためにも重要な技の一つです。

空中技

攻撃 技名 発生F
空N 9%/7.2% 10F
空前 13.8% 11F
空後 16.8% 7F
空上 13.2% 13F
空下 18% 16F

空中ニュートラル攻撃

空中ニュートラル攻撃は、確認はしていませんがきっと技名は「アイク」です。

というのはもちろん冗談ですが、アイクを象徴する技がこの空中ニュートラル攻撃です。

当て方を工夫することで、シールドキャンセル掴みが確定しないのはもちろん、あろうことかジャストシールドされても反撃を与えないぐらい着地隙が優秀です。

ヒットした場合には空中攻撃に繋ぐことでリターンが高く、撃墜にも繋げることができます。とにかくアイクはこの技を起点に読み合いを作ることになります。

前空中攻撃

前空中攻撃は空中ニュートラル攻撃と比べると大振りな技ですが、その分前方向にリーチが長く、また単発ダメージがしっかりあるので、シールドを削りやすいという利点もあります。

毎回空中ニュートラル攻撃を振るのではなく、前空中攻撃を混ぜることでより一層対処をされづらくなるでしょう。

攻撃範囲が上下に広いので、崖攻めで押し付ける使い方も強力です。

後ろ空中攻撃

後ろ空中攻撃は発生がそこそこ早めで、吹っとばしの高い優秀な撃墜技です。

空中ニュートラル攻撃から繋げる撃墜がメインではありますが、ジャンプ読みやジャストシールドに対するタイミングずらし、シールド漏れ、崖攻めなどで単発でヒットさせて撃墜できると撃墜争いがより楽になります。

特に空中ニュートラル攻撃から撃墜技が繋がらない%まで溜めてしまった際には撃墜の要になりますね。

上空中攻撃

上空中攻撃はダメージ稼ぎと撃墜の両方で活躍する技です。

空中ニュートラル攻撃か掴みで崩し、上空中攻撃に繋ぐことで着地狩りの展開に持っていき、さらに上空中攻撃を当てにいってダメージを稼ぐ。そして空中ニュートラル攻撃からの上空中攻撃で撃墜する…アイクの基本形ですね。

攻撃範囲、判定、吹っ飛ばし全て申し分ない技になっていますが、空中ニュートラル攻撃から繋げて撃墜が狙える%は限られますので、ワンパターン(OP)補正のかかり方には注意しましょう。

下空中攻撃

下空中攻撃はその判定の大きさから、崖でのメテオによる復帰阻止がメジャーな使われ方です。

相手の復帰のタイミングに合わせて崖に置くことで、噛み合ったら撃墜する恐怖を与えられます。

実は着地隙が前空中攻撃と同じで、立ち回りでも振っていける技になっています。

地上の相手にヒットさせるとメテオ当たりだと上空中攻撃に繋げて撃墜、持続当たりだと横方向に吹っ飛ばして単発撃墜を狙えます。

当てるのに工夫が必要な技ですが、当たったときのリターンは高く、こちらもアイクの選択肢を広げるのに一役買ってくれる技となっています。

掴み・投げ

攻撃 ダメージ 発生F
掴み打撃 1.92% 1F
前投げ 4.2%/4.8% 5F
後ろ投げ 3.6%+4.8% 20F
上投げ 4.2%+4.8% 18F
下投げ 3.6%+4.8% 35F

前投げは高%の相手を崖で掴んだ際に崖攻めを継続するために用います。高%以外では下投げを選択した方が良い場面が多いですね。

後ろ投げは崖端に追い詰められた状態で掴んだ際に、崖攻めを行うために用います。

上投げは前空中攻撃に繋げることができます。基本的に下投げからもコンボに繋げられるので、上投げの出番は少ないと思いますが、一部%帯では上投げからのみコンボが繋がることや、上投げの方が展開が良いことがあります。

下投げは上空中攻撃もしくは前空中攻撃に繋ぐことができる主要なコンボ始動技です。

低%では上空中攻撃に繋げて着地狩りの展開を作り、中%では上空中攻撃のワンパターン補正をかけないように前空中攻撃に繋いで崖攻めを狙うのが良いでしょう。

また、かなりパーセントを溜めると撃墜も狙うことができます。最後の撃墜手段として重宝しますね。

スマッシュ攻撃

攻撃 ダメージ 発生F
横スマ 22.8%/26.4% 31F
上スマ 20.4%/14% 25F
下スマ 19.2%/22.8%/10.8% 13F

横スマッシュはとても大振りですがその分破壊力も満点です。狙うとしたら崖攻めなどの一点読みが現実的なところでしょう。

上スマッシュは姿勢が良く、対空で狙うことができます。こちらも大振りで破壊力満点なスマッシュなので、相手の行動が読めた際に使いましょう。

下スマッシュはスマッシュの中では非常に発生が速いです。

崖攻めや確定反撃、回避を見た際など、狙えるシーンは結構多いですが、やはり空中ニュートラル攻撃を狙えばリターンが足りることが多く、意図的に使おうとしない限り出番は少なめですね。

必殺技

攻撃 ダメージ 発生F
NB 12%〜 30F
横B 7.2%〜15.6% 15F
上B 7.2%+4.8%/7.2%+2.4%+1.2%+1.2%+3.6%+7.2% 15F
下B 9F

通常必殺技(NB)

NBの噴火は復帰阻止でとても強力です。

復帰のタイミングがわかりやすいファイターもしくは状況では、崖で噴火を溜めてタイミングよく撃つだけで確定で撃墜できます。

タイミングがわかるのなら下空中でメテオすればいい場合もありますが、噴火の判定の大きさが活きる場面もあるので、上手く使い分けていきましょう。

横必殺技(横B)

居合斬りは復帰の際にメインで使う選択肢です。基本的に高く吹っ飛ばされたらそのまま溜めて崖上に行くか崖捕まりに行くか、低く飛ばされたらジャンプから溜めて同じように復帰します。

なるべく崖上に行って崖上がりの読み合いをスキップしたいところですが、欲張るのは禁物。

また、相手が横方向に強い飛び道具などの居合斬りを潰せる選択肢を持っている場合には、計画的な運用を心がける必要がありますね。

上必殺技(上B)

天空は下からの復帰の選択肢です。相手に上に位置取られるとメテオを合わされてしまうので、上手くタイミングを読まれないようにして攻撃判定を盾に復帰したいです。

また、道連れ性能が非常に高く、ストックリードした際には天空復帰阻止で道連れできると一気に勝ちに近づきます。

下必殺技(下B)

カウンターは一般的な性能に留まっています。着地や崖上がりなどの不利状況を切り返す選択肢としてたまに混ぜると良いでしょう。

アイクの長所・短所

アイクの長所

撃墜力と空中ニュートラル攻撃による押し付け性能の高さが魅力のファイターです。

飛び込みが非常に強力で、足の速いファイターであってもアイクを捌くことは難しいでしょう。

体重も重めで復帰距離も長めなので、体力差を作りやすいのも魅力ですね。

アイクの短所

飛ばずに立ち回るのは難しいので、どうしても対空性能の高い技に対して引っかかってしまいやすいファイターです。

また、復帰距離は長いものの、居合斬りと天空はどちらも技相性によっては潰されやすい技になっているので、復帰阻止を狙えるファイターに対しては苦しい展開を強いられることになります。

総括

空中ニュートラル攻撃という技の広がり方が凄まじく、脚が遅い重量級ファイターであるにもかかわらず、我慢を強いられる展開が少ないです。

そしてコンボや着地狩り、崖攻めによるリターンの高さはまさしく重量級のそれ。

一発食らったらヤバいという緊張感の中で空中ニュートラル攻撃の圧力を存分に押し付ける快感をぜひ体験してみてください。

Kishiru

Kishiru

キシル。「ウメブラ」や「闘龍門 極」などの国内大会をはじめ、海外大会の日本語実況など多くの大型大会でマイクを任されているスマブラ専門の実況解説者。プレイヤーとしてもピカチュウ全一の実力を持つ現役トッププレイヤーの一人。

RELATED関連記事

トップに戻る