TECHNIQUE

【スマブラSP】大振りな空中技を持つキャラクターの使い方

twitter
line
hatena

こんにちは、まさしです。
今回は攻撃発生が遅く、大振りな空中技を持つキャラクターの使い方について解説していきたいと思います。

主に重量級や一部剣士キャラ等の特徴ですが、空中技の発生が遅く、発生前に攻撃を受けてしまい技が出せなかったり、発生後の硬直を狙われる状況がよくあります。

僕自身使っているクラウドにも当てはまることで、そういった経験はたくさんしてきたので、今回は大振りな空中技の特徴や使い方等を紹介していきます。

大振りな技の特徴

大振りな技とはクラウドや勇者の空前のような技のこと言います。

特徴としてはリーチが長くて単発ダメージが高いため、リターンに直結している強みがありますが、逆に発生が遅く、着地硬直も大きめなので発生前や発生後を殴られやすい弱みもあります。

ただガードされても、攻撃さえ出してしまえば有利な状況を作りやすいので、発生前、発生後のリスクを意識して使用することが大切です。

スピード系のキャラクターが苦手

容易に想像できるかと思いますが、素早いキャラクターに粘着されると非常に厄介です。

フォックスやゲッコウガ、ジョーカー等、確認できない速度で差し合いをしてきたり、ステップ性能が優秀で、こちら側の差し込みを見てから避けて差し返しをしてくるキャラクターが相手だと厳しい試合内容になることが多いです。

だからこそスピード系キャラクターへの対策は重要になってきますので対策をいくつか紹介します。

大振りな技の使い方、対処されないコツ

少し距離を置いて立ち回る

空中技発生前に攻撃を受けないための対策です。

素早いキャラクターと対戦すると相手と比較して発生フレームが遅い分、相手の動きに反応してから攻撃を当てるまでタイムラグが発生します。そのため攻撃を出す直前に相手の攻撃に引っかかり、技が出せないことがあるかと思います。

そこで意識するべきは、相手との間合いです。

キャラクターによって得意な間合いは変わってくるとは思いますが、素早いキャラクターを相手する際は、気持ち遠めの距離で立ち回ることが有効です。

僕の場合、対フォックスでは特に上記意識を持っています。フォックスの差し込み技DAは発生や持続も優秀で、フォックスのダッシュを確認してからジャンプをするとDAに引っかかったり、上スマ対空を狙われやすいです。

そこで普段意識している間合いより1キャラ分遠めの間合いを意識して立ち回れば、相手がダッシュしてきたのを確認してからでも差し込みを避けて差し返すことも可能です。

攻撃の早出しを意識する

クラウドを使っているとよくあることなのですが、地上にいる相手に対して下り空前をで振る際、空対空を狙われて攻撃発生前に空前が潰されてしまうことがあります。

ウルフやマリオ、リンク等の持続が長い空Nを持つキャラクターには特に悩まされます。最悪の場合、空Nからコンボや復帰阻止の展開に持っていかれることもあり、その対策として早めに攻撃を振る意識が重要となってきます。

振り方としては上りで出すくらいの認識で問題ありません。

大振りな技は発生が遅い分、判定が大きく硬い技が多いので、攻撃さえ出してしまえば、判定で負けることは少ないです。

空中技を発生前に潰されてしまうことがあるなら早めに攻撃を振る意識をしてみてください。

大ジャンプを活用する

こちらも差し合いで発生フレーム負けしないための行動です。

小ジャンプでは地上にいる相手と近接した状態で差し合いをすることになるので、空対空をされやすい+地上からも対空を狙われやすいです。

大ジャンプを使うことで、Y軸(高度)を利用した間合いの調整ができるため、発生前に空中技を潰されることが少なくなります。

大ジャンプを使っても空対空をされてしまう場合は空中技を使う間合いがそもそも間違っている可能性があります。

相手が前進してくることを想定して、気持ち遠めの距離で大ジャンプ空中技を使ってみてください。

発生が早い技を織り交ぜて使用する

正確に言うと大振りな技と発生が早い技を使い分けることが理想です。

大振りは単発ダメージが高く当たれば有利な状況を作りやすいですが、連続で使い続けると発生前、発生後の硬直を狙われて反撃を受けてしまいます。

大振りな技を通すためにも発生が早い技を混ぜながら使うことが必要となってきます。クラウドで例えると反転空Nが当てはまります。

大振りな技を潰すための相手側の深めのダッシュだったり持続の長い置き技を発生フレームが優秀な技で対処することで、より大振りな技が通りやすくなります。

まとめ

以上が大振りな空中技を持つキャラクターの使うコツです。
僕自身非常に悩まされたことのあるテーマだったので、今回記事にさせて頂きました。

対策さえしっかり積んでいれば、素早いキャラクターを相手した時でも有利な試合展開をすることが可能です。大振りなキャラは自キャラの強みを最大限に活かして発生フレームの悩みを解決していきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena