【スマブラSP】格ゲー用語「めくり」スマブラにおける意味とメリットを解説

みなさんごきげんよう。keptです。

スマブラSPでは、ジャンプからの下りで相手を崩すことが多く、下りで相手を崩す際の選択肢となる「すかし」や「めくり」などが出来る人と出来ない人とではかなりの実力差が出てしまいます。

すかしについてはこちらの記事にまとめられています。

この記事では「めくり」について説明していこうと思います。それでは早速、いってみましょう!

めくりとは?

「めくり」という言葉を知らない人向けに簡単に説明すると、相手のガードに対して飛び込んで相手の背面に着地することです。

そもそもめくりという言葉は2D格闘ゲームで使われはじめた格ゲー用語ですが、スマブラでも近しい動きが出来るので、それをめくりと読んでいます。

めくりをするメリット

反撃を制限する

スマブラは相手の攻撃を密着でシールドした際に、相手が正面にいる場合と背面にいる場合では正面にいる場合の方が反撃が取りやすいです。

なぜならシールドキャンセルからの選択肢として優秀な掴みや上スマッシュは前向きにしか出せないためです。

例えば相手がむらびとで後ろ投げでも上スマッシュでも撃墜してしまう場面、めくりでむらびとの背面に着地することで、空Nなどで反撃をもらうことはあっても撃墜は拒否することができます。

しかし、めくりは相手のファイターを選ぶ必要があります

ウルフのような前後で発生とふっ飛ばしが変わらない技を持っていたり、リドリーのように後ろ側の方が発生が優秀な上スマッシュを持っている場合には、めくりがあまり有効ではありません。

反撃の難易度を上げる

シールドキャンセルからの優秀な反撃択として上必殺技があります。シールドキャンセルから出す上必殺技は上スマッシュや掴みと違って、前後どちら向きにも出せるので反撃択として優秀です。

例えばリュウの上必殺技である昇竜拳はリュウの正面側に判定がありますが、シールドキャンセルから前後どちらにも打ち分けることができます。

しかし、後ろ向きに昇竜拳を出すためにはスティック入力が少しシビア(真上に入力すると前向きに出てしまう)なので難易度があがります。

少しシビアと説明しましたが、上必殺技をスティックの入力で前後に打ち分けることは慣れてしまえばそこまで難しいことではありません。

反撃を正面、背面に打ち分けるうえで一番難しいのが、相手が自分の正面に来るか背面に来るかの確認です。いわゆる表裏確認というものです。

地上にいるファイターのちょうど真ん中あたりに向かって着地をする場合、前慣性をつけた状態で空中攻撃を仕掛けてきてめくるように見せかけて、着地する間際に後ろ慣性をつけてめくらない場合など、表裏確認の判断が難しい場面が多くあります。

地上でシールドを張っている相手に対してめくる着地とめくらない着地を、どちらも見せておくことで反撃の難易度を上げることができます。

もし表裏確認をミスして、掴みや上スマッシュ、上必殺技などを空振りさせたらビッグチャンスなので手痛い一撃をお見舞いしましょう。

強引にラインを回復する

自分が崖を背負っている場合や、崖上がりを通そうとしているときに強引にラインを回復する手段としてもめくりは有効です。

ラインを回復するための手段としては相手を飛び越えるか、回り込むような回避を通すのが一般的ですが、相手に対してめくるように攻撃をしかけることも手段の一つとして優秀だと考えます。

例えばパルテナが崖を捕まっていて、むらびとが崖上がりを狩ろうとしている場面。

パルテナの攻撃上がりなどはむらびとのシールドキャンセル空Nや掴みなどでまた崖外に飛ばして崖でターン継続できますね。

しかし崖離しジャンプ空Nをむらびとの崖上ガードに対してめくるように打つことで、仮に空Nの後隙を空Nなどで狩られても内側に飛ばされるので崖のターンは終了してしまいます。

このようにめくりを利用して、ラインを回復することが出来ます。

しかし、これも相手のファイターを選びます。例えば崖を捕まっているのがむらびと、崖上がりを狩ろうとしているのがパルテナである場合はどうでしょう。

同じようにめくりでラインを回復をしようとしてもパルテナの空Nは後ろ側にいるファイターを巻き込んで前に飛ばす性能があるのであまり有効とは言えません。

めくりをする際には、相手のファイターの背面への反撃性能を考慮しましょう。

派生してめくりと呼ばれている動き

冒頭でも説明しましたが、めくりとは空中からの攻撃で相手の背面をとることを指す言葉でした。ですが、スマブラではそれだけに限らず「相手の背面を取る行動」をめくりと呼んでいることが多いです。

例えばスネークやパックンフラワーのDAや、バンジョー&カズーイの下強などで相手の背面を取るような動きのこともめくりと呼んでいます。

このような空中攻撃以外のめくりについてもメリットは同じです。

まとめ

今回はめくりについて説明しました。

めくりを理解していると、めくりを利用した攻めも強力になりますし、めくりを利用して攻めてこられたときの防御や反撃の判断も良くなるはずです。

めくりの知識は強力な武器になりえるので、この記事にあるようなメリットや注意点を理解した上で活用していきましょう。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

kept

kept

ケプト。しずえ・むらびと使いとして国内外のトーナメントシーンで活躍し、EVO2019では25位、同じくS-TierトーナメントSSCにて13位に輝く。任天堂公式リーグ初代代表プレイヤー。

RELATED関連記事

トップに戻る